NOBUSANのブログ!

写真付きで日記や趣味を書く。

猫に会いにマルタ共和国へ ① 出発からスリーマ

2016-09-19 13:44:39 | 旅行

今回の旅行は、南イタリヤ方面にしようと検討し始めました。

年と共に長時間のフライトがしんどくなり、ビジネスクラスで50万円以下で行けるツアーを探したのですが、ピタッとしたものがなかなかなく、目についたマルタ旅行に変更しました。

私はどちらかというと後進国や砂漠の田舎風景大好き人間なのですが、連れが喜びそうなところを念頭に行く先を毎回検討しています。マルタなら猫好きの連れもきっと賛成してくれると、案の定、今回はマルタ旅行に決定しました。

成田から添乗員なしで乗り継ぎがあり、夕食がつかない日程は、英語の話せない私たちにとってうまくいくのか心配で、いろいろ皆様の旅行記やブログを拝見し、予習をして出かけました。無事、乗継も出来き、マルタに着くことができました。

さあ、猫たちに会うぞーー。

 

以下が詳細日程です。(時差:ドバイ5時間。マルタ7時間)

 

[その①]  出発からスリーマ 

 1日目(8月31日)

21:20 成田(NRT)よりエミレーツ航空EK319(B777-300ER)にて空路、ドバイ(DXB)へ
        21:05にゲートを離れ、21:30に離陸しました。

 

2日目(9月1日)

[ドバイ時間]

02:50 ドバイ国際空港着陸
  
03:15 Cコンコースに着いたようだ。
       事前に調べた「乗継の仕方」に従い、無事にマルタへの搭乗ゲートに到着。
      「CONNECTIONS」「All Departure Gate」の表示に従い、Flight-Informationでマルタ行のゲートを確認し、
          ゲート標識に従い搭乗ゲートに向かうだけで簡単でした。(Cコンコースに着いて、B8の出発ゲートだった。)
  
     ドバイ空港では、買うものもないのでブラブラしてからラウンジへ。
     「数独」をしながら時間をつぶす。

 

[事前に調べた「乗継の仕方」]

    ドバイ空港は忙しい空港で常に飛行機がいっぱいで、機材が沖止めになることが頻繁にあります。そうすると、飛行機からターミナルに着くまでバス移動ですが、これが大袈裟でなく20分かかります。それに、着陸できるまでにドバイ上空を30分ほど旋回することもままあります。

  ドバイ国際空港に到着(Bコンコースに到着の場合)

     飛行機から降りると、直接空港建物に接続される場合と、バスで空港建物まで行く場合があります。バス移動が必要な場合は、係員の指示に従いバスに乗車します。最初の停車場所がトランジット(Transfer)用で、次の停車場所が入国用(Arrival)。直接空港建物の場合は2階、バス移動をした場合は1階に到着(TransferとArrivalの入口があるので注意)します。

搭乗ゲートは20分前に閉じてしまう。

 
建物に到着すると、「CONNECTIONS」と書かれた看板が目に入ります。その看板に書かれた矢印の方向へ進む。

セキュリティがありますので受けます。

  
セキュリティを通過したら、「All Departure Gate」と書かれた看板があるので、その矢印に沿ってエスカレーターに乗り、3階出発フロアへ行きます。

 
モニターで次のゲートをチェック
    第三ターミナルにはAとB、二つのゲート、第一ターミナルにはCゲートがあります。B・Cゲートはそのまま歩いて移動し、出発ゲートがAゲートの場合は「Train to Gate A1-A25」の看板の矢印に沿ってシャトル電車で移動します。シャトル電車を降りると大きなエレベーターホールが、このエレベーターに乗りDeparture階に向かいます。
  (最初にAゲートに到着した場合は、次の搭乗ゲートがB・Cの場合はトレイン出発階まで大きなエレベーターで降りて移動する。エレベーターは「到着ホーム用」「出発ホーム用」別なので注意。)

出発ゲートに到着

出発ゲート到着後、モニターで次の飛行機の便名、搭乗ゲートを再確認します。変更があるので必ず確認してください。

次の便に搭乗
   搭乗口へ移動し、搭乗券の確認が行われ待合室に入る。

  ※ドバイ国際空港は広いです。ターミナルの端から端までは徒歩15~20分ありますので、乗り遅れないよう気をつけましょう。

[以上が事前に調べた「乗継の仕方」]

 

07:25 エミレーツ航空EK749(B777-300)マルタ島へ
     07:38 ゲートを離れ、08:03離陸。
     08:50 朝食
     11:20 昼食

   

 [マルタ時間]
11:35 経由地チュニジアのカルタゴ国際空港(TUN)着(機内待機)
        清掃が入ったがトイレは利用でき安心だった。
  
14:12 カルタゴ発
14:55 マルタ島到着
15:20 マルタ国際空港出発。
 
15:40 ホテル「ル・メリディアン・セントジュリアンズ」着。
             「ホテル予約確認書」と「パスポート」を提示し、無事チェックイン完了。

              マルタ環境税2016.6.1より導入(1人1泊 50セント)が徴収されることを事前に知っていたので、
              この支払いも英語が良くわからなくてもすんなり。
 ル・メリディアン・セントジュリアンズ

16:30頃
    一息つき、フェリーでヴァレッタに行ってみることに。
    まず、バスに乗り(2時間利用できるチケット2€)スリーマに向かう。
 バスカード

  バスチケットについては複数の人で12回利用できる回数券「12 Single Day Journeys」を空港で買うつもりで調べて行ったのだが、迎えの英語ドライバーがバスの中で購入できると言って空港では買うことができず、しかし、やはりバスの中では購入できないことが判明。スリーマのチケット売り場で購入しました。(英語力のなさ?)

[事前に調べたバスの乗り方・バスルート]

◆マルタのバスの乗り方

  バス前方のドアから乗ります。運転手に運賃2.0€を払って、バスチケットをもらいます。降りる時は、ブザーがあるので、降車するバス停が呼ばれるもしくは電光掲示板の表示を見て近づいたらブザーを押す。降りるドアは、前方もしくは真ん中のドアから。

○12 Single day Journeys カード:15€(12回の回数券。みんなで使える。2度タッチ)
    使い方はパスモと同じ。乗る時にかざす(ピー音)だけ。
        販売所は、空港のticket offices(Public Transport社)、Bus stations in Valletta、
        kiosk at Sliema Ferries(ZARAの反対車線のバス停の横)

◆ホテル近くのバスルート(Baiiuta駅)
   Route 13  VallettaCaghaq
      
Valletta B1→(この間10駅)→Bouverie→Ferries 5→Sliema→Chalet→Ghadir→Torri→Exiles→
      Antik→Balluta→Olivier→Spinola→Ross→San Giljan→・・・・・・

   Route 13  CaghaqValletta
      
・・・・→San Giljan→Ross→Spinola→Olivier→Balluta→Antik→Exiles→Torri→Ghadir→Chalet→
      Hallet→Locker→Xerri→Ferries 4→Bouverie→ (この間13駅)→Valletta 18→Valletta B1

   Route 14  VallettaPembroke P+R
      
Valletta B2→(この間10駅)→Bouverie→Ferries 5→Sliema→Chalet→
      Ghadir→Torri→Exiles→Antik→Balluta→Olivier→Spinola→Ross→San Giljan→・・・・・

   Route 14  Pembroke P+R Valletta
      
・・・・→Qaliet→Ross→Spinola→Olivier→Balluta→Antik→Exiles→Torri→Ghadir→Chalet→Hallet→
      Locker→Xerri→Ferries 4→Bouverie→(この間13駅)→Valletta 18→Valletta B2

  Route 16  VallettaSwieqi
      
Valletta B2→(この間10駅)→Bouverie→Ferries5→Sliema→Chalet→Ghadir→
      Torri→Exiles→Antik→Balluta→Olivier→Spinola→Ross→San Giljan→・・・・

   Route 16  Swieqi Valletta
      
・・・・→San Giljan→Ross→Spinola→Olivier→Balluta→Antik→Exiles→Torri→Ghadir→Chalet→
      Hallet→Locker→Xerri→Ferries 4→Bouverie→ (この間13駅)→Valletta 18→Valletta B2 

   Route 202  Sliema Rabat
      
Ferries 1→Ferries 5→Sliema→Chalet→Ghadir→Torri→Exiles→Antik→Balluta
      Olivier→Spinola→Ross→San Giljan→・・・・

   Route 202  Rabat Sliema 
      
・・・・→San Giljan→Ross→Spinola→Olivier→Balluta→Antik→Exiles→Torri→
      Ghadir→Chalet→Hallet→Locker→Xerri→Ferries 1

   その他:Route 212  Sliema ←→Bugibba
             Route 222  Sliema ←→Cirkewwa
             Route 225  Sliema ←→Ghajn Tuffieha
             Route 233  Mater Dei←→Swieqi
            ナイトルート13  Valletta←→San Giljan

 [以上が事前に調べたバスの乗り方・バスルート]

 

16:55 スリーマからフェリーでヴァレッタへ(往復:2.8€)
  
 フェリー降り場で第一猫、発見。
        
  ウエスト通り     オールド・ミント通り  オールド・ベーカリー通り
 事前に調べたスリーマ近辺地図
 ヴァレッタの観光はツアーの行程に入っているので今日はオールド・ベーカリー通りまで歩いてスリーマにフェリーで戻ることに。

       
 古い猫バス(土産物屋)   ジュース・スタンド
      
  スリーマブリッジから絶景、黄金に輝くヴァレッタ 

19:00頃
  スリーマのPortopalo Restaurantで夕食。事前に調べておいた店に行くつもりだったが目についたこの店で夕食をとることに。
  ここで英語力のなさで失敗。スープとスパゲッティ2種を注文したつもりが、1品出てこない。もういらないと告げたはずが、作ってくるので待てと。作ってきたが、飛行機の中でも食べ続けだったし、もうお腹はいっぱい。残すのも悪いし、胃が小さいのでもう無理と告げたら、Take Outして持って行けと袋に入れてくれた。親切なんだろうが、「ごめんなさい」翌日、処分しました。
   カボチャのスープ 6.5€  ロブスターのラビュール 18€ マグロのペンネ  14€  ビール 1.95€ 水 1.8€

20:30頃
  早速、バスカードを利用してホテルに戻りました。

 [その①] おわり(その②に続く)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドライブ:修善寺、旭滝 | トップ | 猫に会いにマルタ共和国へ ②... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。