長野、“健康県”1位 厚労省27年調査

2017-06-14 18:36:23 | Weblog

各都道府県で年齢構成を調整して比較した死亡率が平成27年に最も低かったのは、男女とも長野県で、最高は青森県だったことが、14日公表された厚生労働省の調査で明らかになった。年齢調整死亡率は5年ごとに出され、トップの長野は男性が2年以降6回連続、女性は2回連続だった

年齢調整死亡率は、年齢の要素を排除して、都道府県の人口10万人当たりの死亡数で算出した。昭和35年から始まり今回で12回目

 国民の健康水準の指標とされる

全体的な死亡率は、男性486、女性255で、前回(22年)と比較すると、男性は58・3ポイント、女性は20ポイント低下し、状況は改善されている

死因別ではがん、心疾患、脳血管疾患の三大要因による死亡率は、いずれも前回より低下した。脳血管疾患では、東日本が西日本より高い傾向にある

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 岩瀬忠震  日米修好通商条約 | トップ | 豊洲市場 移転決定へ 小池知... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。