尖閣周辺でドローン飛行 海保が初めて確認 中国公船が操縦か

2017-05-18 18:52:25 | Weblog

海上保安庁は18日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に同日侵入した中国海警局の船4隻を監視中、小型無人機「ドローン」のような物体が飛行しているのを確認したと明らかにした。尖閣周辺でドローン飛行が確認されたのは初めてで、中国側が飛ばしたとみられる

飛行理由は不明だが、海保は今後、今回の狙いについて分析するとみられる

 中国当局船による尖閣周辺の領海侵入は8日以来で、今年13日目

 

             撃沈を何故しない

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ハリス米太平洋軍司令官講演  | トップ | 米艦防護で注目の護衛艦さざなみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。