中国、「海上原発」開発へ新会社 南シナ海の実効支配強化 原子力空母建造へ技術支援も

2017-08-22 23:56:27 | Weblog

中国国有の原子力発電会社、中国核能電力(CNNP)は8月10日、「海上原子力施設」の開発を行う新会社を設立すると発表した。中国は2020年代に海上浮動式原発を20基建設する計画とされ、南シナ海の実効支配強化に向けて海上原発の開発を本格化させる構えだ。中国の“悲願”である原子力空母の建造にその技術が利用される可能性も高い。国際社会からはその動機や安全性に対して懸念の声も出ている

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 米駆逐艦衝突 艦内から数人... | トップ | 韓国政府、韓国系日本人に韓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。