FBI、クリントン氏不起訴を維持 メール問題

2016-11-07 09:02:26 | Weblog

8日投開票の米大統領選で、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(69)の私用メール問題を再捜査していた米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は6日、クリントン氏の訴追を求めないとした「7月時点の結論は変わっていない」と米議会への書簡で伝えた。最終盤でクリントン氏に追い風となる可能性がある、米メディアが一斉に報じた。コミー氏は書簡で、このほど新たに見つかったメールを「FBIの捜査班が24時間体制で点検した」と表明。「クリントン氏が国務長官在任時に受信・送信したすべての通信を精査した」としたうえで、不起訴とした前回7月の決定を維持する方針を明らかにした。

                                   日本経済新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 米国CNNが日本のリニアを... | トップ | 野口裕之の軍事情勢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。