海保新巡視船「ともり」進水式 尖閣諸島の任務など就役へ

2017-03-07 19:10:36 | Weblog

海上保安庁の新しい巡視船「ともり」(約200トン)の進水式が3日、新潟市中央区入船町の新潟造船で行われた。来年3月に宮古島海上保安部に引き渡され、尖閣諸島周辺などで違法操業を行う外国漁船の監視や取り締まりの任務に就役する

 ともりは全長約43メートル、幅約7・8メートル。時速約46キロの航行が可能で、小回りに優れているのが特長。国が約23億円を投じ、新潟造船が建造を進めてきた。夜間や遠距離の捜索に威力をみせるカメラ「遠隔監視採証装置」や、約50メートル先まで届く遠隔操作の放水銃を備える予定という

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
« 天皇皇后両陛下の異例の弔問... | トップ | 三菱重工業が大赤字!! 大ピン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。