尖閣諸島周辺の台湾マグロ漁船を集中取り締まり

2017-04-20 13:45:38 | Weblog

水産庁が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺でマグロ漁を共同操業する台湾漁船への取り締まりを今年度から強化したことが19日、分かった。あいまいだった双方の操業時間について、はえ縄を仕掛ける時間を日本は午前7時~午後2時まで、台湾は午前1~7時までと明確にすることで日台双方が合意。日本側は、合意を守らない台湾漁船に対して指導し、漁の終了を求めることになった

  水産庁は26年から、漁が盛んになる4~7月に台湾漁船の集中取り締まりを実施している。しかし、マグロ人気の高まりから尖閣周辺で台湾漁船が増え、日本の漁業者は取り締まりの強化を求めていた

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 米原子力空母カール・ビンソ... | トップ | C-2新型輸送機の能力と可... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。