米空海軍、南シナ海で合同演習…中国けん制か

2017-06-10 19:35:44 | Weblog

米軍によると、精密攻撃が可能なB1戦略爆撃機2機が8日、グアムの空軍基地から出発して南シナ海などを約10時間かけて飛行した。その間、イージスシステムを搭載する米海軍のミサイル駆逐艦「スタレット」との演習が行われたという

米軍は詳細な演習内容を明らかにしていないが、演習の目的について「共同で戦術、技術を磨き、空軍と海軍の相互運用性を高める」ためと説明している

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« F 35戦闘機のパイロットが語... | トップ | 自衛隊 米空母ロナルド・レ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。