皇太子殿下記者会見  象徴の務め「全身全霊で」…

2017-06-14 01:34:08 | Weblog

天皇陛下の譲位を実現する特例法の成立後、初めての会見だったが、「制度面の事項について言及することは控えたい」と述べ、約200年ぶりの退位で自身が即位されることになる法整備について、発言されなかった。陛下から引き継ぐ象徴天皇の務めについては「陛下のお気持ちを十分に踏まえ、全身全霊で取り組む」と決意を述べられた

雅子妃殿下は、移動や現地での日程、訪問前後の日本での行事を考慮し、同国訪問を見送られたが、日頃から皇室の国際親善のあり方について、ご夫妻で話し合われているという

水運を研究してきた皇太子殿下は同国で「海運博物館」なども見学される予定で、「隆盛の歴史に触れることを楽しみにしている

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日米の有事態勢は 米軍は空... | トップ | 中国 日本人拘束 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。