日米首脳、通商・同盟協議へ…丸2日を共に行動

2017-02-09 01:34:27 | Weblog

会談では自動車貿易などの通商政策や、日米同盟のあり方などが主要テーマとなる見通しだ。会談後、両首脳はトランプ氏の別荘で、ゴルフをする方向で調整している。首相はトランプ氏との個人的な関係を深めることで、良好な日米関係構築につなげたい考えだ、首相はワシントンに到着後、現地時間の10日午後(日本時間11日未明)にホワイトハウスで約45分間、日米首脳会談に臨む。会談後はトランプ氏と並んで共同記者会見を行い、昼食会に出席する予定だ

 その後、両首脳は大統領専用機「エアフォース・ワン」でトランプ氏の別荘があるフロリダ州パームビーチに移動し、昭恵夫人とメラニア夫人を交えて夕食を共にする方向だ。翌日は日中にゴルフを楽しみ、夜は再びトランプ氏主催の夕食会が計画されており、ほぼ丸2日間を一緒に過ごす日程となっている

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 対中国「隙のない態勢で、戦... | トップ | 在日中国人のアパホテルデモ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。