米国内でミサイル防衛網での迎撃求める声

2017-08-10 19:09:11 | Weblog

米国では北朝鮮がグアム周辺海域に向けて中距離弾道ミサイルを発射した場合、米軍がミサイル防衛網で迎撃することを検討するよう求める声が出始めた

だが失敗すれば、抑止力が傷つくリスクを伴う

 トランプ政権は弾道ミサイルを撃たせないための外交努力を優先する方針だ

実際に迎撃を決断した場合、米側はまず北朝鮮に近い海域で、イージス艦の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)で迎撃を試みるとみられる。撃ち漏らせば、グアムのアンダーセン空軍基地に配備している最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」などで対応する構えだ

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 北朝鮮 「グアムに4発」、... | トップ | 8月10日のアクセス数 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。