日本郵船・商船三井・川崎汽船、コンテナ船事業統合を発表

2016-10-31 11:06:04 | Weblog

 日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運大手3社は31日、コンテナ船事業を統合すると発表した。2017年7月に共同出資会社を設立し、18年4月から共同でサービスを始める。合計シェアは約7%となり世界6位となる。海運市況の低迷でコンテナ船事業は低迷しており、統合により経営を効率化して生き残りを目指す

 新会社の出資額は約3000億円で、日本郵船が38%、商船三井が31%、川崎汽船が31%を出資する。単純合算の売上高は約2兆円となる。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 三笠宮殿下薨去 大正・昭和・... | トップ | 新日鉄住金、経常益50%減 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。