竹島不法占拠

2017-02-13 13:49:11 | Weblog

この時、李氏が抱えた最大の悩みは「北朝鮮軍による海からの攻撃」ではなかったか。陸と背後の海から挟み撃ちにされれば、韓国は消滅するしかない。恐怖に震えた李氏の頭に、早期発見による帝国艦隊の「日本海海戦大勝利」が蘇ったことは、想像に難くない。

 マッカーサー元帥による仁川(インチョン)奇襲上陸作戦(50年5月)の反転攻勢に成功し、国連軍はソウルを奪還した。

 こうしたなか、日本は51年9月、サンフランシスコ講和条約で主権を回復し、竹島の領土も確認した。これに対し、韓国は52年1月8日、自国側水域に竹島を含ませた李承晩ラインを一方的に宣言した。

 53年7月に朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた。韓国が武装した「独島守備隊」を竹島に送り込んだのは、その3カ月前である。休戦協定は終戦協定ではない。第2次朝鮮戦争に備えた行動ではなかったのか。当初、頂上の砲口は北朝鮮側を向いていたが、その後、日本側に向けられた。

 

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 韓国の竹島不法占拠はなぜ続... | トップ | 「そうだ日本へ行けばいい 」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。