異例の“現役”復帰! 護衛艦「あさぎり」「やまぎり」は今も最前線で中国軍の動向に目を光らせる

2016-10-19 08:42:22 | Weblog

中国は西太平洋における米軍の行動の自由を制限することを目指し、接近阻止・領域拒否(A2AD)能力を強化するとともに、日本周辺での活動を活発化させている。この動向に監視の目を光らせる役割の一端を担うのが「あさぎり」であり、「やまぎり」というわけだ。 「あさぎり」型は「はつゆき」型の拡大改良艦として昭和63年から配備が開始され、計8隻が建造された。基準排水量3500トン、長さ137メートル、幅14・6メートル。対水上艦、対空、対潜誘導弾を装備し、海自SH60J哨戒ヘリ1機を搭載可能。戦闘能力を総合的に処理する当時最新鋭の本格的システム艦で、隊員からは「きりクラス」と呼ばれている。 20年3月からは、女性として初の護衛艦艦長として、大谷三穂2等海佐が「やまぎり」の指揮を執っている。大谷氏は「あさぎり」副長も務めており、カムバック組とともに船乗りとしての人生を歩んでいることになる。

  「私の後に続く女性自衛官のためにも、気負わず任務を全うしたい」

 護衛艦「やまぎり」と艦長の大谷三穂2等海佐。現役護衛艦では初めての女性艦長で、注目を集めている=6月2日、神奈川県横須賀市(寺河内美奈撮影)

護衛艦「やまぎり」と艦長の大谷三穂2等海佐。現役護衛艦では初めての女性艦長で、注目を集めている=6月2日、神奈川県横須賀市             (寺河内美奈撮影)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 護衛艦「あさぎり」「やまぎ... | トップ | 朝日新聞また捏造!!『東京... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。