トランプ氏、関税上げ・輸入割り当て検討 鉄鋼問題で

2017-07-14 10:41:44 | Weblog

トランプ米大統領は政権内で検討する鉄鋼の輸入制限を巡り、関税引き上げと輸入割り当てを同時に課す考えを明らかにした。フランスに向かう12日の大統領専用機内で記者団に「中国だけでなく各国が不当廉売している」と述べ、対抗措置を取ると強調した。輸入制限を発動すれば世界貿易機関(WTO)ルールに抵触する可能性もあり、通商摩擦の懸念が強まる

複数の米メディアが報じた。トランプ政権は米通商拡大法232条に基づき、安全保障を理由に鉄鋼の輸入制限を検討している。早ければ来週にも発動の可否を最終判断する見込みだ。同法を適用すれば、WTOルールに基づく反ダンピング(不当廉売)課税に比べ、日本も含めた幅広い相手国の製品に輸入制限をかけられる

7月初旬にドイツで開いた20カ国・地域(G20)首脳会議では、鉄鋼の過剰生産の解消へ協調することで一致した。首脳宣言では「保護主義と闘う」と盛り込んだ一方で、不公正貿易には「正当な対抗措置」を取ることも認め、米国の主張にも配慮

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 不審な人物乗った県外ナンバ... | トップ | 中国の人工島「領土でない」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。