米軍特殊作戦部隊

2017-08-05 19:21:10 | Weblog

キム氏の協議内容に関し、筆者がとっさに考えたのは、平壌市内にそびえる《錦繍山太陽宮殿》に対する米軍の特殊作戦部隊や無人爆撃機による爆破作戦。錦繍山太陽宮殿には、金正恩・委員長の祖父=金日成・国家主席(1912~94年)と父=金正日・総書記(1941~2011年)の遺体が安置されている。特に金日成・国家主席は「永遠なる領袖」として推戴され、遺体が永久保存される。錦繍山太陽宮殿は金王朝の権威の象徴なのだ

錦繍山太陽宮殿の爆破は金王朝の権威の失墜を意味し、金正恩・委員長の体面も大いに傷付く。同時に、北朝鮮の軍・党幹部や人民に動揺が走り、クデターの起こりやすい環境を創り出す。しかも、いかに秘密主義の金正恩政権でも、爆破の事実を隠蔽できない。錦繍山太陽宮殿はもともと、金日成・国家主席の公務や生活をする国家主席官邸+公邸(錦繍山議事堂)で、平壌市内に所在するが故に多くの人々の目に触れる。宮殿爆破は、CIAなど米国の情報機関が選択肢の一つとして立案済みだと観測されている

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 米トランプ政権には、米海軍... | トップ | トランプ大統領指示、朝鮮半... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。