日本の“海軍力”はアジア最強 海外メディアが評価する海自の実力とは

2017-06-09 15:16:08 | Weblog

昨今の日本の“海軍力”の強化が海外メディアの注目を集めている

 その象徴の一つが事実上の空母との呼び声が高い

  ヘリコプター搭載型護衛艦いずも

最新鋭空母4隻を保有

 英国国際戦略研究所(IISS)のアレクサンダー・ニール氏の分析を紹介。同氏は、6月2日から開催されるアジア太平洋地域の防衛問題を話し合う国際会議、「IISSアジア安全保障会議(シャングリラ会合)」に参加予定の有力な研究員だ。「いずも」は、5月15日に同じシンガポールで開催された国際観艦式に参加しており、その姿を目にしたニール氏は、「日本が第二次大戦後に建造した軍艦で最も大きく、(護衛艦というよりは)むしろ空母に見える」と表現する

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 次期戦闘機”F 3”の開発構想が... | トップ | 豊洲市場 施設竣工映像(青... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。