沖縄タイムス・琉球新報 

2017-12-10 22:09:36 | Weblog

日本人を救い、重体となった米海兵隊のヘクター・トルヒーヨ曹長(マリア夫人のフェイスブックから)

日本人を救い、重体となった米海兵隊のヘクター・トルヒーヨ曹長

                       (マリア夫人のフェイスブックから)

 妻のマリアさんは3日、自身のフェイスブックにこう投稿した

 「最愛の夫は28年間、私のヒーローです。夫は美しい心の持ち主で、常に助けを必要としている状況や人に直面したとき、率先して行動する人です。

 早朝、部下とともに訓練があるため、金曜日の午前5時高速道を走行中に事故を目撃した。関わりのない事故だと、見て見ぬ振りして職場への道を急ぐこともできました。

 でも主人は自分の信念を貫き、躊躇(ちゅうちょ)せず事故で横転した車内の日本人負傷者を車外に助け出し、路肩へと避難させました。そして私の夫は後ろから来た車にひかれてしまいました。

 彼のとった無我無欲で即応能力のある行動こそが真の勇敢さの表れです。私の心は今にも張り裂けそうです。主人はサンディエゴ州の海軍病院に搬送されました。みなさんにお願います。どうか私の主人のためにお祈り下さい」

 トルヒーヨさんは3人の子供の父である。マリアさんの夫への「思い」は世界中で反響を呼び、トルヒーヨさんの勇気ある行動を称えるとともに、回復を祈るメッセージが続々と寄せられている。日本国内でもネット上に沖縄県内外を問わず同様の声が巻き上がっている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 沖縄2紙が報じないニュース... | トップ | 米第三海兵遠征軍の担当官は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事