台北市議会が日本食品の販売規制条例 福島など5県産はNO 

2017-05-03 20:30:37 | Weblog

台北市議会は3日、東日本大震災後に台湾当局が輸入を禁じている福島県など5県産の食品について、市内での販売を禁じる条例改正案を可決した。報道によると今後、法律との整合性を審査した後、早ければ9月に施行される。蔡英文政権は福島を除く4県産の食品については輸入を解禁する時期を模索しており、これに逆行する動きだ。改正条例は、5県産以外の日本食品についても、原産地の都道府県名を中国語で表示するよう義務づけた

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 米軍 B-1B 朝鮮半島上空を飛行 | トップ | 東京 VS ソウル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。