蛍の光 作詞 稲垣千頴

2016-12-13 14:48:32 | Weblog

                          蛍の光作詞 稲垣千頴

一、
  ほたるのひかり、まどのゆき。
  書(ふみ)よむつき日(ひ)、かさねつつ。
  いつしか年(とし)も、すぎのとを、
  あけてぞ けさは わかれゆく。
二、
  とまるもゆくも、かぎりとて、
  かたみにおもう、ちよろずの、
  こころのはしを、ひとことに、
  さきくとばかり、うたうなり。
三、
  つくしのきわみ、みちのおく、
  うみやま とおく、へだつとも、
  そのまごころは、へだてなく、
  ひとつにつくせ、くにのため。
四、
  千島(ちしま)のおくも、おきなわも、
  やしまのうちの、まもりなり。
  いたらんくにに、いさを しく。
  つとめよ わがせ、つつがなく。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本人が知らない「蛍の光」... | トップ | 蛍の光  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事