新護衛艦「あさひ」進水 燃費と探知力を向上、長崎

2016-10-19 12:16:43 | Weblog

 三菱重工業長崎造船所で進水した海上自衛隊の護衛艦「あさひ」=19日午前、長崎市

   三菱重工業長崎造船所で進水した海上自衛隊の護衛艦「あさひ」=19日午前、

                                             長崎市                                                                     

 長崎市の三菱重工業長崎造船所で19日、建造が進められていた海上自衛隊の護衛艦の進水式が行われ、「あさひ」と命名された。燃費向上のため、海自の艦船としては初めて、ガスタービンエンジンに電気推進システムを組み合わせた。潜水艦探知力も高めた、海自によると、基準排水量は約5100トンで、全長151メートル、最大幅18・3メートル。新型の水中音波探知機(ソナー)システムを備えているという。建造費は約760億円。平成30年3月に就役予定だが、配備先は未定。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 靖国に明治維新の「賊軍」合... | トップ | 中国軍の反政府デモが と ん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。