北ミサイル 米太平洋軍 「飛行特性がICBMでない」 と声明

2017-05-14 12:03:54 | Weblog

米太平洋軍の報道官は13日に発表した声明で、北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて「飛行特性が大陸間弾道ミサイル(ICBM)と一致しない」との情報分析を明らかにした

太平洋軍は米ハワイ時間午前10時半ごろに発射を探知。ミサイルは北朝鮮の亀城(クソン)から発射され日本海に着弾。北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は、ミサイル発射は北米の脅威とならなかったと結論づけた

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 北朝鮮の弾道ミサイル 迎撃難... | トップ | 在外邦人救出は憲法違反 空... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。