米イージス艦 衝突事故

2017-06-18 04:53:41 | Weblog

コンテナ船と衝突し損傷した米イージス艦「フィッツジェラルド」の右舷部分(17日午後、神奈川県横須賀市の横須賀港)

コンテナ船と衝突し損傷した米イージス艦「フィッツジェラルド」の右舷部分(17日午後、横須賀市の横須賀港)

米海軍イージス駆逐艦との衝突で破損したコンテナ船の船首部分(17日午前、東京・伊豆大島沖)=共同

米海軍イージス駆逐艦との衝突で破損したコンテナ船の船首部分(17日午前、東京・伊豆大島沖)

17日午前2時25分ごろ、静岡県下田市の南東約20キロの沖合で、フィリピン船籍のコンテナ船から「アメリカ海軍の船と衝突した」と第3管区海上保安本部(横浜)に通報があった。同本部や米海軍によると、イージス艦は右舷の艦橋付近の損傷が大きく、乗組員3人が負傷、7人が行方不明になった。

 衝突したのは米海軍横須賀基地所属のイージス艦「フィッツジェラルド」(全長154メートル、8315トン)と、日本郵船がチャーターしたコンテナ船「ACX CRYSTAL」 全長222.6メートル、2万9060トン

 

 3管は行方が分からないイージス艦の乗組員が衝突時に海に転落した可能性があるとみて、救助活動を行った。米海軍によると、イージス艦の男性艦長ら3人が負傷し、米海軍横須賀基地の海軍病院にヘリコプターで搬送された。容体は安定しているという。コンテナ船のフィリピン人乗組員は全員無事で自力で航行している

 海上保安庁は業務上過失往来危険容疑を視野に、事故当時の状況を調べる方針。海上衝突予防法では、相手の船を右に見る船舶に回避義務がある。イージス艦とコンテナ船それぞれの位置関係や針路、見張りが十分だったかなどが焦点になる

衝突時、コンテナ船は名古屋港から東京方向へ向かって航行中。インターネット上で公開されている船舶自動識別装置(AIS)の記録によると、コンテナ船は事故直前には18ノット(時速約33キロ)前後で東向きに航行していたが、午前2時ごろに減速し始め、反時計回りにUターンした。イージス艦側の針路は判明していない

衝突したフィッツジェラルドの右舷中央付近は、何かにぶつかったように内側にへこみ、構造物が大きく破損した。浸水した海水を外に出すためか、甲板にはホースが出されていた。一方、コンテナ船にも船体前部の左側に、衝突したような痕が残っていた

静岡県南伊豆町の石廊崎沖で米海軍のイージス艦とフィリピン船籍のコンテナ船が衝突した事故で、コンテナ船の乗組員が「イージス艦と同じ方向に航行していてぶつかった」と話していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。第3管区海上保安本部などは同日午後、東京・大井埠頭(東京港)に着岸したコンテナ船を立ち入り検査した

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« イスラエル女性兵士が死亡…「... | トップ | 衝突イージス艦、横須賀基地... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。