とうさんのつれつれ日記

日ごろの生活の中で気が付いたことを日記風に書き残します。

アメリカとイギリス

2017-07-23 12:47:47 | つれつれ日記

最近、藤原正彦の「若き数学者のアメリカ」と「遥かなるケンブリッジ」を読みました。 

お茶の水女子大学の名誉教授で数学者の藤原氏が20歳代の若いころ研究員としてミシガン大学とコロラド大学に
派遣された
時のアメリカ体験記と10数年後に3児の父親となってからケンブリッジ大学に助教授として赴任した時
のイギリス体験記です。

この2冊を読んでアメリカとイギリスの違い、それぞれの特徴がよくわかりました。

多国籍人種が混在して自由気ままに活気あふれる活躍をしているアメリカに比べイギリスは逆に長い伝統とよき
文化を
誇りとして他を寄せ付けないような落ち着いた雰囲気が漂っているようです。それゆえに時として
人種的偏見が現れる
のもムベなるかなと思われます。

アメリカで、「Can I ask you somethinng ?」と聞くと「Yes you can」といい握手をしてくれるが、
イギリスでは「No.you can’t」と言われてなかなか握手もしてくれないそうです。
しかしそれは冷たいのではなく内気のせいなのだそうです。

アメリカでは英語が通じず、「ここはアメリカだ」と言われて米語に慣れていたら、イギリスでは英語(実は米語に
なっていた)が通じず、往生したこと。数限りない失敗談が描かれています。

アメリカのジョーク、イギリスのユーモアの違いも面白いです。イギリスではユーモアこそ最上の社交術であり
教養の
バロメーターです。

日本人とイギリス人とは、心底に無常感を抱いているという点で、本質的のよく似ていいる。日本とアメリカは
緊密な
交流を保ちながらも、なかなか真の相互理解に達しえないでいる。それに比べ日英が、深い部分で心を
通わせるのは、
はるかに容易と思われる。終戦とともに生まれ変わり、いま壮年期に入った日本が、アメリカ
の若さに惹かれるばかり
なく、イギリスの、懐の深い熟年の美学に惹かれるのは、そう遠い先のことではない
ような気がする。
(これは「遥かなるケンブリッジ」のP261より抜粋)

因みに、藤原正彦氏は作家新田次郎と藤原せいの次男です。藤原せいの「流れる星は生きている」によると彼が
3歳の時終戦を迎え満州より日本に帰るまでの苦難を経験しています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校野球 | トップ | ハイビスカス »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
体験に基づいて (サッチー)
2017-07-23 14:22:01
アメリカとイギリスでの体験が本になっているのですね。グローバルな見方と大国の違いをこの本が良く示しているのですね。
読んでいても、きっと心豊かになって深い教養が身に着きそうです。
とうさんの教養の深さも感じられました。
サッチーさんへ (とうさん)
2017-07-23 22:12:25
この2冊でアメリカとイギリスの違いが分かったような気がします。自由闊達で人懐こいアメリカと長い伝統と文化に培われた思慮深いイギリスはグローバル化の現代においてそれぞれの長所を発揮して世の中に貢献していると言えましょう。
ノブレス・オブリージュこそイギリスのイギリスたる所以です。
お国柄 (徳さん)
2017-07-24 06:54:37
よく「お国柄」といわれますが二つの「お国柄」がよくあらわされているようですね。果たして日本の「お国柄」は?
徳さんへ (とうさん)
2017-07-24 22:17:44
そうですね。それぞれの国にはそれぞれの伝統と文化があってそれぞれの特徴があるものです。どれがいいとか悪いとかの問題ではありません。
日本は長い歴史から培われた伝統と文化がありどちらかというとイギリスに近いのではないでしょうか。
Unknown (めぐんです)
2017-07-30 14:17:52
2年前ミシガン大学の研究室にいた姪の所へ
遊びに行った事を思い出しました。
アメリカとイギリスの違いは解りませんが
アメリカ人は確かに自由でゆったりとして
人懐っこい人達だと感じました。
国土の広さが心の大きさにも
比例しているように思いました。


めぐんちゃんへ (とうさん)
2017-07-30 22:34:31
姪御さんがミシガン大学にいたのですね。
藤原氏はミシガン大学ではだいぶ苦労したようです。
英語が通じないし寒い冬の空のもと友達もできないで苦労しましたがコロラド大学では温かい明るい海辺で青春をおうがしガールフレンドもできて楽しいひと時を過ごされました。
アメリカとイギリスの違いは国土の大きさもあるでしょうね。コンチネンタルとアイランドの違いでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL