とうさんのつれつれ日記

日ごろの生活の中で気が付いたことを日記風に書き残します。

感動再び

2016-09-18 11:38:20 | つれつれ日記

2~3年前に読んだ本をまた読みなおしました。「影法師」(百田尚樹)です。最初読んだ時もこれはいいと思っていて、
古本をBOOK OFFに売り払った時もこれは保存しておきました。

そして今回また読み直してみましたら感動、また感動でした。

今まで、どんな本も2度目は最初ほど感動しないのが普通ですが、これは違いました。
百田尚樹の本はどれも魅力的で、あの「永遠の0」「海賊と呼ばれた男」も感動を受けながら読んだものですが、
この「影法師」はそれらをしのぐ傑作で2度目のほうが深い感動を受けました。

筋としては「永遠の0」に似ていますが、最初から最後まで息もつかせないほどの書き方です。
下級武士のせがれ(勘一)がひょんなことから(このひょんなことが大きな伏線になっていますが)中士ではあるが
次男のため
部屋住まいの友(彦四郎)と親しくなり艱難辛苦を味わいながら筆頭国家老にまで出征してゆく過程を
克明に描写しています。

勘一が世に出てゆく節目節目の困難な場面では彦四郎の人には知れない支えと助力があったのですが、勘一が
それに気づくのは
彦四郎が出奔して労咳のためあばら家でさみしく息を引き取った後でした。それを知った
勘一の胸に去来するものは・・・

2度目に読んだ本でこれほどの感動受けたのは今までにはありませんでした。
これは「永遠のゼロ」以上でした。

リビングからサンルーム越しにハイビスカスが見えます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創立15周年記念 | トップ | ゴルフ道具 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読書の秋! (徳さん)
2016-09-19 08:17:54
回を重ねるほど感動する本はなかなかないですね。
秋の夜長!読書の秋ですね。
9月はあちこちで「敬老会」です。なかなか本を読む暇がありません。

Unknown (神崎和幸)
2016-09-19 16:47:00
こんにちは。

自分も「影法師」読みましたよ。
いい作品ですよね。
自由のない時代に自分らしさを失わず生き抜いた二人の生きざまに感動しました。

「永遠の0」と「海賊と呼ばれた男」も読みましたよ。
この2作品も素晴らしかったです。
徳さんへ (とうさん)
2016-09-19 22:07:56
秋の夜長といっても夜はテレビばっかりです。
午前中はほとんど毎日出かけますが午後は暇ですので本を読みます。
徳さん程忙しくありませんので暇つぶしです。
神崎和幸さんへ (とうさん)
2016-09-19 22:27:24
80を超えた爺さんのたわごとを読んでいただき有難うございました。百田尚樹の本は大体読みましたがこの3冊は出色ですね。東野圭吾は最近「夢幻花」を読みました。若いころは歴史小説の長編物が好きでしたが年を取ってからはミステリー、推理小説が多くなりました。
湊かなえも読んでいます。
探偵事務所にお勤めだったとか、小説も書いておられるのですね。素晴らしいです。
読書の秋 (サッチー)
2016-09-20 09:15:09
百田尚樹氏の本は私も好きです。
「海賊と呼ばれた男」を教えていただいたのをきっかけです。
今回の「影法師」も是非読みましょう。

感動した本は手元に置いて何度でも読みたいですね。

素晴らしい感動を得て読書の秋にふさわしい一歩でしたね。
次はどんな本を読まれるのかな?
サッチーさんへ (とうさん)
2016-09-20 22:02:06
先日、段ボール箱14個の書籍類をBook offに処分しましたがそのとき処分しないで取っておいた本が10~20冊ありますがその中の一冊です。
どうしてももう一度読んでみたかったのです。
永遠のゼロよりいいですね。
さて次はサッチーさんの好きな宮尾登美子を読もうかなと思っていますがその前に手つかずの本が一冊ありますのでそのあとになるかなと思っています。

コメントを投稿

つれつれ日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL