藤子な日々

藤子な日々は、任天堂やEテレなど好きなものをネタに
くるりんがグダグダと書いているブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニンテンドーダイレクト 2012.06.22

2012年06月23日 20時49分19秒 | ゲーム
 22日に行われた、6回目の『ニンテンドーダイレクト』で気になった情報をまとめていきます。今回長い!
「ポリゴン岩田」が出オチすぎる。地味に動きや表情の種類が多くて、こだわりがうかがえます。「直接」のモーションまで再現しているのには笑わせてもらいました。鬼社長も見たかった(笑)。E3の反省点をシッカリ把握しているのはさすがですね。

 まずはハードに関する情報から。ソフトは興味のあるソフトに絞って、順を追って紹介していきます。

 ニンテンドー3DS LL
 『ニンテンドー3DS』の大画面モデルである『ニンテンドー3DS LL』が、7月28日に18,900円で発売される事が発表されました!上画面の圧迫っぷりが凄まじい事になっていて笑った。画面サイズが従来の3DSから90%のアップという事で、画面が小さいと感じていた人には嬉しい変更ですね。カラーは「レッド×ブラック」「シルバー×ブラック」「ホワイト」の3色を展開。

過去に『任天堂株式会社 経営方針説明会・中間決算説明会』(37分30秒頃)で岩田社長が説明していましたが、『ニンテンドーDSi LL』の時には画面が大きくなったのと同時に、視野角の広い液晶を採用し、周りの人も画面に何が映っているか見えやすくなった事で、1つの画面を共有できる初めての携帯機という提案もしていました。一方、今回の「3DS LL」は3Dで見られる範囲が限られる立体視の性質上、単純に画面が大きくなった一点に絞った感じですね。

その他、画面下のホームボタンなどが押しやすくなったり、大きさや重量が増えた代わりにバッテリーが長持ちになったり、付属のSDカードが4GBになったりと細かい部分も変更が加わっています。またDSのACアダプタを使うことも出来るので、ACアダプタは別売になりました。確かに私もACアダプタがあまりまくってるので、少しでも安くするためならアリだと思います。

新型は、カンファレンスなどでマスコミを招待して発表するものだと思っていたので、「ニンテンドーダイレクト」でサラッと発表してきたのには驚かされました。ただ私は、画面が大きくなっただけでは買わないかな。DSの時も、ダウンロード専用ソフトが遊べるようになった「DSi」が出るまで、初代DSを使い続けていましたし。あと、さすがにこの大きさを持ち歩くのはキツいかな。

 大乱闘スマッシュブラザーズ新作 (任天堂/3DS・WiiU)
 昨年のE3で発表された、3DSとWiiUで発売される「スマブラ」新作。まだ『新・光神話パルテナの鏡』が発売されて間もないので、まさか情報が出てくるとは思わず驚きました。桜井さん頑張るなぁ。ただ今回「バンダイナムコゲームス」と共同開発である事が発表されたんですが、失礼ながら本音を言うとテンションが下がりました。まあ桜井さんがディレクターなので大丈夫だと思いたいですけど。現在、桜井さんとバンナムの小林さんのメッセージが公開されていますが、1本も遊んだことが無いので、何がどうドリームチームなのかサッパリ分からないというね。

 零 〜眞紅の蝶〜 6月28日発売 (任天堂/Wii) 公式サイトへ(音量注意)
 発売直前に「おばけやしきモード」を体験している様子の映像が公開されました。ホラーが苦手な人のために、「ダイレクト」中には流さない配慮までする徹底ぶりはさすが。
映像を見て、本編は無理ですが、こちらは暗い部屋でやりたいと思いました。操作がAボタンのみというのは敷居が低くなって、純粋にホラーの部分に集中できそうですね。後半の人「ビビリレベル」が10まで行っていて笑った。それほど長いのか、単純にビビり過ぎなのか…。早く私もやってみたくなりました。

 星のカービィ 20周年スペシャルコレクション 7月19日発売 (任天堂/Wii) 公式サイトへ
 今年で20周年を迎えたカービィ。今作は『スーパーマリオコレクション スペシャルパック』と同じく、過去のカービィのゲームを楽しめるほか、カービィの歴史を振り返ることが出来ます。収録されているのは、ゲームボーイから『星のカービィ』、『星のカービィ2』、ファミリーコンピュータから「星のカービィ 夢の泉の物語」、スーパーファミコンから『星のカービィ スーパーデラックス』、『星のカービィ3』、ニンテンドウ64から『星のカービィ64』の全6作。

過去のカービィが楽しめるだけでなく、『星のカービィWii』にあった「チャレンジステージ」のアレンジモードを楽しむことも出来ます。「星のカービィヒストリー」では、これまで発売されたカービィの歴史が網羅された年表が見られたり、コミック(3作品が1話ずつ)やアニメ(3話分)まで収録されています。さらに開発資料などが載ったブックレットやBGMを収録したサウンドトラックも付いてきます。

もうね、豪華ってレベルじゃないぞ、これ!これで3,800円とか安すぎる。さすが岩田社長、カービィへの気合の入れようが半端ないです。過去のカービィが6タイトルも収録されているとは思わなかった。64まで入れてきた事にも驚きですが、大ボリュームの「スーパーデラックス」まで入っているのは凄まじいな。ただでさえ夏は買うソフトが多いのに、これ1本で十分遊べそうじゃないか。カービィ愛されてるなぁ。

クラブニンテンドー』に『毛糸のカービィ』、「星のカービィWii」、「20周年スペシャルコレクション」のシリアルナンバーを登録すると、「オリジナルカービィグッズ」の抽選に応募することが出来ます。最初の2本はすでに所持しているので、私は3口分応募したいと思います。

 ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2 6月23日発売 (ポケモン/DS) 公式サイトへ
 本日発売を迎えた「ブラック2・ホワイト2」ですが、私はまだ買っていません。
「ポケモンワールドトーナメント」は、歴代のジムリーダーやチャンピオンと対戦できるだけでなく、「ポケモンワールドチャンピオンシップス2012」の日本代表決定大会の上位入賞者と対戦できるトーナメントが配信されたりもするようです。こういう使い方もできるとなると、今後にも期待したくなりますね。

 カルドセプト 6月28日発売 (任天堂/3DS) 公式サイトへ
 突然カルド・セプ子に変わったのは笑った。「トゥイッター」や「直接」の動きまでやるとか不意打ち過ぎる。今回はゲームの情報ではなく、ネット周りの新たな情報を中心に紹介されました。発売日に「カルドセプト スペシャルサイト」がオープンし、「ランキング戦」の結果や追加マップ・追加カードの情報などが見られるようになります。マップ追加とか、これまた長く遊べそうです。

 ポケットサッカーリーグ カルチョビット 7月12日発売 (任天堂/3DS) 公式サイトへ
 こちらも「日刊カルチョビットweb」というサイトが用意される事が発表されました。ランキングが見られたり、全国のチームを閲覧できます。お気に入りのゴールシーンをアップできたり、ゲーム内でIDを入力するとそのチームと対戦も出来るなど、ネットとの連動を効果的に使っていますね。ほんと最近の任天堂はネットの使い方が上手い。『エキシビジョンマッチ』の最終決戦も楽しみです。

 デビルサマナー ソウルハッカーズ 8月30日発売 (アトラス/3DS) 公式サイトへ(音量注意)
 どんなゲームか知らなかったんですが、今回の岩田社長の説明で興味が出ました。300種類以上の悪魔を仲間にしていくという事で、ポケモンみたいな感じで楽しめそうですね。同じアトラスの『世界樹の迷宮4 伝承の巨神(音量注意)と同じく、いつでも難易度が変更できるなど初心者も安心。3DSに配信された映像を見ましたが、やはり3Dダンジョンと立体視の相性は抜群。悪魔の立体感もいい感じだと思いました。

 エクストルーパーズ 2012年発売 (カプコン/3DS) 公式サイトへ
 マンガ調の演出が目を引きました。簡単操作で爽快なプレイが出来るシューティングという事で、まだ分からない事も多いですが気になりました。武器を使い分けたり、ロボットを操縦するシーンがあるなど、バラエティに富んでいそうなのも面白そうだと思いました。単純にシューティングと立体視の相性がいいと感じましたし、マンガ表現の何層にも重なりあった映像は見応えがありそうだと感じました。

 プロジェクトクロスゾーン 2012年発売 (バンダイナムコゲームス/3DS) 公式サイトへ(音量注意)
 カプコン、セガ、バンダイナムコゲームスの3社のキャラが登場するSRPG。前回はアクションが多めの戦闘シーンが中心に公開されましたが、今回はSRPGらしくマスを移動して戦闘に突入する様子が見られました。カットインが燃えそうでいいな。こちらも簡単な操作で楽しめるという事で期待しています。

 ブレイブリーデフォルト 2012年発売 (スクウェア・エニックス/3DS) 公式サイトへ(音量注意)
 いい太ももだなぁ。…じゃなくて!グラフィックの雰囲気はとても好みです。チビキャラが可愛らしい。体験版の第3弾が近日配信されるという事で楽しみにしています。その感想を聞いて、ゲームの最終調整を行うそうで、面白くしようと丁寧に作られていそうなのは好印象。

 Newスーパーマリオブラザーズ2 7月28日発売 (任天堂/3DS) 公式サイトへ
 今作はステージをクリアするだけでなく、コインを集めることも目的になります。にしても、コイン出すぎだろ。マリオの頭からコインが出てくる様子はシュールすぎて吹き出したわ。ブロックをコインに変える「ゴールドマリオ」も登場。とにかく画面が賑やかですし、3DSの立体視と相性が良さそうだと思いました。コインを集めることに特化した「コインラッシュ」モード。「すれちがい通信」で記録を競えるのは面白そう。

クリア以外に「コインを100万枚集める」という目的を用意する事で、自然と繰り返し遊びたくなる動機を作ったワケか。今作は有償のダウンロードコンテンツに対応。「コインラッシュ」専用のコースが配信されます。発売後もユーザーの楽しみ方を調べながら制作していくとの事で、ユニークなコースに期待。

 東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング 7月28日発売 (任天堂/3DS)
 相変わらず長いタイトル。今回は具体的に一部のトレーニングが公開されました。「鬼計算」では1つ前の計算式の答えを書いていくというトレーニング。慣れてきたら2つ前の答えを書いていくようになるみたいですが、なかなかキツイな。というか、教授が喋った事に地味に驚いた。他にも補助的なトレーニングや脳トレの新作も収録。とことん頭を使う内容になっているようです。

 また「マリオ2」と「鬼トレ」は、パッケージの他『ニンテンドーeショップ』からのダウンロード販売にも対応。とりあえず「鬼トレ」はダウンロード版を購入する予定です。

 新絵心教室 9月13日発売 (任天堂/3DS)
 岩田社長の「ちょっとくらい絵を描けたほうが人生幸せだよね!」の言い方が可愛かった。上画面に写したモチーフを立体で見ながら描けるというのは、地味にいいなぁ。前作は結局購入しませんでしたが、私も絵には自信が無いので、これでちょっと絵の描き方の勉強をしてみようかと思いました。

 とびだせ どうぶつの森 2012年秋発売 (任天堂/3DS)
 バスから電車(汽車)に戻ったのは懐かしく感じました。最初から村長に任命されるなど、これまでと大きく変わっていますね。村全体を自分の好きなように飾ることが出来るのは、さらに村に愛着を持てそうだと思いました。線路の先に商店街があるのは、移動が面倒ではなくなっていていいですね。というか商店に「まめきち」がいますが、「たぬきち」はどうなったのか。

すれ違ったプレイヤーの部屋が住宅展示場のように、ドンドン並んでいくのはワクワクしますね。上限がどのくらいか気になります。家具もいろいろ増えているようで、また自分だけの部屋にしていくのが楽しみです。さり気無く「バランスWiiボード」があってニヤリとしました。家自体のデザインも変えられるのは、ほんと嬉しい。かゆい所に手が届いた仕様になっていそうだと思いました。

 行列ナゲループ 2012年夏配信 (任天堂/3DS)
 「ニンテンドーeショップ」で販売されるソフト。タイトルの時点で笑ったんですが、画面を見てさらに笑わせてもらいました。これは酷い(笑)。実写にするセンスもすごいですが、この馬鹿すぎる発想が逆に素晴らしいわ。まさか「パズループ」がこんな事になるとは。掴みはバッチリだったので購入予定です。

 
 以上です!今回も盛りだくさんの情報で楽しかった。この1本1本のソフトの発表で盛り上がったり、心が弾んだりという感覚が気持ちいい。E3ではそれをほとんど感じなかったからなぁ。国内向けの発表だからという事もありますが、やはり岩田社長の説明は分かりやすいですし、聞きやすいのも大きいです。

 「ニンテンドーダイレクト」素晴らしい!という方、クリックお願いします人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社長が訊く「ポケットモンスター... | トップ | 社長が訊く「世界樹の迷宮4」 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。