思いつき日記

同じようで同じじゃない毎日

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あらまあなんてこった

2011-05-11 17:16:37 | つらつら日記
今更じゃない、それどころじゃないほど放置でしたねごめんなさいね。
いやぁ、ようやく、よーやくこうしてネット見れる環境となりました・・・。
すげー長かったような、あっという間のような。

昨年の4月に転勤しまして、地元に戻ったはいいけれど。

今までと畑違いの、いや確かに給食だけれども、分野違いっていうんですかねぇ。
今までは、健康優良児相手だったので、「おいおめーら、好きなもんン食っとけよ!!」的な感じで、自分でも十分に楽しみながらごはんなんぞ作っていたのですが、こちらに来たら、老人ホームに配属で、もう作り方や考え方がまるっきり違うんで、もうパニックパニック。

頭真っ白な上に引っ越し最中に膝の靭帯損傷なんぞしちゃったりで、てんやわんやなうちに病院異動で、また老人ホームに異動の上病院勤務てなんだそりゃってな感じでございました。

実家に入らず、アパート暮らししようと思っていたのだけれど、膝やっちゃってまともに歩けなかったもんで、実家にいたらそのまま気が付いたら1年て。

なんだかあっという間の一年でした。

とにかく、いろんなことがたくさん、盛りだくさんな1年で。仕事だけじゃなく、実家のことも。仕事はきついことが多かったけれど、すごく勉強になった。老人ホーム、病院に今まで関わってなかったから、ひそかにコンプレックスではあったけれど、こんな感じってわかっただけでも大収穫だ。

今までは遠隔1店舗で、自分以外は皆年上のおばちゃんパートだったけど、こちらにきてから、後輩と仕事するようになった。
20歳近く下の子達だったけれど、なんだかんだ言って一緒に仕事終わりに飯食べに行ったり映画行ったり、結構楽しませてもらってる。
近所の怪しいタイ料理屋に支那そばののぼり。そんな店に3人で飛び込んで食べた支那そばのうまいことうまいこと。それから常連で、結構食べに行っている。そこのメニューの時価のカニカレーをいつか挑戦しようといっているが、時価が怖くてその日がなかなか来ないが、4月になって前の地区の上司がまた自分の上司になって、その話をしたら食べたがっていたので、今度上司を連れて行っておごってもらおうとひそかに企んでいる。いひひ。

震災があったときは、こちらは停電だけで済んだけれど、停電になっても食事は止められない。
老人ホームの仕事が終わって、病院現場に来ていた最中の車の中で地震にあったからいったい何が起こったかわからなくて、停めた車の窓からふらふら歩いている小学生と口パク会話で地震って自覚できた。車から見ている分にはエンジンの揺れが大きいの?くらいだったけど、目の前のタンクローリーがゴワンゴワンって揺れてるし、いったい何?って感じだった。そこから病院に顔だしてから老人ホームに向かったけど、全部の信号が止まってて、3車線の国道を横断しなくちゃで、それが一番怖かった。みんなかなりのスピードで走っていてもうまい具合に譲り合いをしていたよ。マジでネットでよく言われてた、クラクションも鳴らさず、事故も起こさず車は走っていたってのはまさにその通りだった。
刻々と日が沈み暗くなっていく中介護さんたちとバケツリレー、いやトレーリレーで4階あるホームのおじいちゃんおばあちゃんにご飯を届け、自分の現場が終わったあと他現場に行って、そこが終わった後後輩を車に乗せてもう一つの現場である病院に向かう最中の光景はいまだに忘れられないなぁ。
街中真っ暗、でも雪が降っててほのかに明るくて。車で走っていても行きかう車もなく、音もなく、まるで映画で見たゴーストタウンに紛れ込んだような、不気味な夜だった。実家に帰ってみると仏壇の蝋燭で明かりを灯し、コートを羽織ってラジオを聞き入る両親を見て一安心した。停電だからテレビも見れない状況だったので、携帯のワンセグを3人で顔寄せあって、初めてどんなに怖いことが起こっていたか初めて知った。
そこからが、物資確保の日々。自腹で10万近い食材確保しても2日も持たない。週末だったせいもあって週明けの食材がまとめてはいる土曜日はどこの業者も納品できず、週明けてからも食材の倉庫のセンターが仙台だったため、まともに手に入らない。でもごはんは出さなきゃならない。

今は食材もほぼ安定してきたけど、未だ復旧できない業者もある。でもうるさい現場は「まだ手に入れられないんですか?」なんて平気で言ってくる。ちぇー。

それなりに充実した日々でございます。良くも悪くも。


携帯でいろいろ見ていたけれど、正直見るのが精いっぱいで書き込むとかできなかった。携帯のカメラも壊れ(震災で工場ストップで直せない)取りたい風景も取れずに悶々だけれども。
光開通したし、ようやくまともに休みが取れたので、勢いで書いてみたけど、なんだかあれ?な勢いだけ日記だす。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

いまさらノコノコですが

2009-01-23 00:42:14 | つらつら日記
いやぁ、元旦に急激に熱が出てぶっ倒れてあまりにもしんどくて救急外来にいったらインフルエンザで39度の熱って何?な正月休みだったフジコです、お久しぶりです。

いやぁ、元旦ですよ元旦。元旦の夕方までは普通ってか多少からだがだるいくらいで、熱もなかったはずなのに。いきなり急上昇した熱はつらかった。元旦から3日は食べ物も喉を通らず、口に出来るのはポカリ系とみかんのみ。
久々に辛かったー。でも救急外来で出された薬のおかげで1日で一気に35度まで下がるっていかがなものかと。さすがに体調が戻るのにしばらくかかりましたし、物が食べられるようになったのはいいけれど、味覚が変わってしまって、塩分が受け付けられなくなってて、いやぁ仕事で作る飯はどうしようとハラハラしてましたが、なんとか味覚が元にもどって一安心していたところです。

そんな状態だったけれど、食べられなかったからといって痩せるわけでもない自分が悲しい、そんな年明け。
皆様いかがおすごしでしょうか?

結局いつもどおりダラダラに過ごしておりますこんな私ですが、今年もよろしくお願いいたしますです。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ひゅーごー

2008-12-28 01:39:33 | つらつら日記
部屋に2つも換気扇があるので寒いったら寒すぎよーと震えながらのフジコです、おばんどす。

年の瀬ってことで篤姫総集編をみつつ、すべらない話にチャンネル回しちゃったけど笑

さて、大河といえば。
私の心はすでに再来年に飛んでおります。
だって、福山が坂本竜馬ですよ?
いつぞやニュースやトピックスで見てからもうブッキーは遥か彼方です(でも見ると思う 笑)

もうキャスティングが気になって気になって。
誰がおりょうなんだろ?誰が勝海舟なんだろ?勝は堤真一がいいなぁでもガリレオになっちゃうかなぁ。

なーんて妄想しまくりです。ウヒヒ。たーのしいな♪

1月からのドラマも面白そうなのがたのがたくさんだし。

まずは3日のドリームマッチにウッチャン参戦らしいので、もうどうしましょ。

楽しみがいっぱいでたまりませーん!

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

すごい・・・

2008-12-25 01:42:32 | つらつら日記
携帯小説。

正直まあお遊び程度に読んでいた。
気軽だし無料だし、グダグダだなぁとか、ありえないーとか思いつつ、いい暇つぶしに読んでいた。

けども、度肝抜く作品に出会ってしまった。
なぜ、携帯小説で、無料で読めてしまうのだろう、そう思ってしまうほど凄かった。他に凄い方がいるのかもしれないけれど、私の狭い範囲ではあるけれど、私はその方の作品を携帯で無料で読むのが申し訳ないと思うほど、凄かった。

1つはまだ連載中の新撰組を扱ったものの 「殉情の紲」。
もう1つは、女の子が甲子園をめざす話  「蒼の瞬間」。

携帯でありがちな設定かと思っていた。
でも、違う。違うのだ。
話の流れの無理さがない。違和感なく読んでいける。
その重厚さ。(ちょっと褒めすぎ笑)

一気にその世界に引き込まれてしまった。
完結してから読んだ「蒼の瞬間」はほぼ完徹で読みきってしまった。
読むのを止められないのだ。
連載中の「殉情の紲」も同じような勢いで読んでしまって、更新するのを心待ちに読んでいる。


出来ることなら今流行の横書きの携帯小説の出版本ではなく、縦書きの本で読みたいと思う。
出版、出来るといいなぁ。

ちなみに、モバゲーの携帯小説です。
無料で会員になれるので、興味をもたれたのなら是非に。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Perfume - Dream Fighter

2008-12-09 01:43:01 | つらつら日記



なんかはまっちゃってます。

前から耳に残ってはいたけど聴きこむほどではなかったのですがー。

今回のPerfumeのDream Fighterはなんというか、最初の歌詞からガツーンとやられて、そのままそのリズムの心地よい流れにのまれてしまってます。


最高を求めて 終わりのない旅をするのは
きっと 僕らが 生きている証拠だから
oh! YEH! 現実に打ちのめされ倒れそうになっても
きっと 前を見て歩くDream Fighter


なんかさー元気もらう曲だわさー。

歌詞全文
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

またもや

2008-12-06 02:27:04 | つらつら日記
もう過ぎ去った、そう、ちょうど先週の金曜日のことでした。

出張が入りましたので、車で高速に乗って実家の手前の街に行くことになりました。
車にはETCが付いていたので、その街に一番近いインターで降りて、ETCカードを料金所へ差し出し、領収書をもらいました。いやぁもらわないと交通費もらえないんでねぇ。

さて、雨から霙になりつつある天気。それなりに寒い。
現場に行くにはインターから20分ほど走らねばなりません。
車を発進させつつ、パワーウインドウを閉めようとスイッチを押しました。

が・・・。

窓、閉まってくれません。

何度押しても、小さく「ウィン」となるだけ。マジデスカ。
夕暮れで暗い上に全開の窓から冷たい風やら雨やら霙やら・・・。


ツライ、ツライっす。

上は厚めのフード付きのもんを羽織っていたのでいいのですが、太ももが寒すぎる。何かないかと車を見渡せば、ああそういえば真面目に白衣なんぞ持ってきていたのが目に付きました。ああエライ、白衣持ってきてエライぞフジコ。
とりあえず白衣を太ももに掛けました。ああ暖かい。

そんなこんなで現場に着いたのはいいのですが、窓を直しに行かねばなりません。
取り急ぎ、実家の近所の修理工場に待ってもらうよう電話を入れ、速攻で仕事を終わらせ、また雨風霙に煽られつつ、地元にもどって車を置いてきました。


「部品なけりゃ、1週間だな。」

とおっちゃんに言われ、代車覚悟で次の日を迎え、そろそろ向こうにもどろうかと準備を始めましたら、ななんと!!車が返ってまいりました!!!

うおー!おっちゃん、ありがとなのよー。

なんつーか、この現場の店長の前の現場のオープン準備に行った時は高速で車事故って廃車にしたし、今回もまあたいしたことじゃなかったけど、またもや車の部品壊れたり。なんかあるのかしら。

と、思いつつも、よくもまあ、地元近くで。ホント助かった・・・。
これが秋田とかに向かってとかだったら、困るなんてもんじゃなかったよ。
大事にならなくて、ホントラッキーでした。

まあ、ちなみに。
この日の数日前から眉毛に吹き出物が出ていて、それがいきなり巨大化しまして、その勢いでまぶたにものもらいができてしまったように腫れあがっておりまして、まぶたで右目が半分潰れておりました。
もうまぶたが邪魔で視界が悪くてさー。
さすがに皮膚科に行って抗生剤もらいました。もうすっきりなおったよーん。

と、まあそんなプチ踏んだり蹴ったりな先週の金曜日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大ハンコ展、行ってきました

2008-12-04 23:46:23 | つらつら日記
といっても行ってからすでに2週間近く経ってしまってましたが。

ナンシー関さんの作ったゴムハンコ、全て展示しているとのことで、オープンしてすぐの土曜日に行ってきました。
オープン当日は空耳でおなじみの安齋さんが来ていたと、金曜日の夕刊にのってました。ああ生安齋も見たかった。


さて、なんといいましょうか。


圧巻でした。

様々なハンコで埋め尽くされていました。
こんなにも、こんなにもたくさん、彫られていたんですねぇ。

ナンシーさんの地元ということもあって、地元だから出してくれた妹さんや友達に送ったハンコも展示されていました。
小学校の頃の話も出ていて、年代は違うけれど、ナンシーさんと同じ小学校で同じ部活だったんだなーなんて嬉しくなってしまった。
しかも、近年、その小学校でゴム版画の講習もやってらしたみたいで、その記事ののった小学校の新聞も展示されていました。


この大ハンコ展によせていろんな方々からのビデオメッセージもありまして、そのどれもが面白く、聞いてて本当にナンシーさんの凄さが伝わってきました。

久々に読む大判に展示していたコラム。
するどい切れ味。唸ってしまいます。
ビデオメッセージの数人の方々が言ってましたが、「今のいろんな事件や話題、今ナンシーさんが生きていたらどう切り込んだんだろうか」と。私もそう思ってしまいます。

「テレビ期はナンシー関の死以前・以後で分かれている。」

そうビデオで誰かが言っていた。それほど彼女の視点はすごかったのだと、改めて思ったのです。

当時、週刊文春でナンシーさんのコラムの連載があって、ずらずらーと読んでいました。
今でも印象に残っているのが、BSの深夜に放送されていた「助け人 走る」のコラムです。細かい内容は覚えていないのだけど、深夜でビデオ録画予約しているのに放送時間に見てしまう魅力のようなことを書いていて、同じような感覚で録画予約しているのに見てしまって寝不足になっていた私は、そのコラムを読んでとても嬉しかったことを覚えています。

小さいのもから大きなものまで、じっくりみていたらもう閉店間際に。
まあ夕方から行ったので仕方がないのだけど、ああ時間が足りない。

見にいけてよかった。

偉大なるナンシー関に感謝。

ナンシー関 大ハンコ展
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ニコちゃんみました?

2008-12-04 01:29:14 | つらつら日記
おひさしぶりのフジコです、こんばんは。ってなんか毎度書いてる気がする笑

月曜日の夕方ってももう日が暮れた頃ですが、用があって外に出てふと東の空を見上げると、あらまあお空にニコちゃんが!

三日月がなんだかちょうどニッコリお口のようで、その上におめめの様に星が二つ。

あんまり可愛らしかったので、おばちゃん達を呼んで「ほらほらニコちゃんがいるよー」と教えました。

翌日、ニュースやらで取り上げられてましたねぇ。なにやら「月と金星、木星が狭い範囲に集まって見える珍しい現象」とのこと。

うわー、すんごいもん見れていたのね。嬉しいな。

ネットニュースに画像のってるよん→ニコちゃんニュース

画像で見るとうーんかもしれないけど、実際見上げてみたときはコッチまでニッコリしちゃうくらいいい笑顔だったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんか久々になっちゃいましたねぇ

2008-11-10 00:47:55 | つらつら日記
元気に仕事も頑張ってるよー。
まあ相変わらず色々あるけどさー。
出来るだけ1歩引いて客観視できるようにとは思っていても、ムムムでございます。

最近はこれ見て聞いてちょっと癒されてるんでおすそ分け。

ああカラオケいきてー。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょうど

2008-10-02 23:13:38 | つらつら日記
去年の今頃、「夢をかなえるゾウ」の本を読んでました。
この日記の中にも、その当時読んでどう感じたのかをタラタラ書いてました。

先ほど、小栗旬の「僕」と古田新太の「ガネーシャ」の「夢をかなえるゾウ」のドラマを見終わりました。

アタシ、この1年なにをしてきたんだろうなぁって思ってしまったよ。
読んだ当時はそれなりに心熱くしたのだけれど、ねぇ笑

ドラマは時間上どうしても設定やいろんなことを省かねばならないのだとは思いますが、でもとても楽しく、そして最後の課題には、なんか泣けてきた。

また、古田ガネーシャがとてもジーンと言ってくれるもんだからさー。


最後の課題   おおきにやでぇ


ありがとう  そう、感謝すること

確かに以前に比べたら運が悪いと嘆いたしなくなったと思うし、感謝するようにはなってはいたけれど、ここ最近、前から面倒見てた後輩があんまりにもあんまりなことばっかりで、周りの店長達もあきれ果ててしまっててねぇ。
何らかの電話連絡があると必ず彼女の話になる。ここ数日はそれで久々に怒り心頭な感じの日々だった。そんな自分も嫌だったし、なんとかしなくちゃ・・・そう思ってた。友達に愚痴メール送ったりもした。

なんかさー。友達にも言われたことと、今日のガネーシャの課題と重なってねぇ。

怒ってたことバカバカしくなちゃった。

自分の正義、価値観、思い込みの壁でくくってそこからはみ出してるからって怒るのってすんごい、自分勝手じゃーん。怒って悩んでって自分で自分を縛ってるじゃーん。

あは、なんかさっぱり。あーすっきり笑

自分の感情にこだわってたら、いつまでもイライラ苦しいだけ。

感情と目の前の出来事を切り離してしまえば、ただそれだけのこと。

ふう、いいタイミングでメールもらったしドラマみれたし。

アタシ、運がいい!!(ガネーシャの受け売りってかホントに思ってるけどさー笑)

えへへ。このタイミングに感謝!!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加