湧水めぐり 藤川格司研究室 (常葉大学社会環境学部)

水を調べている研究室の日々を書き込む予定です。富士山、宮古島などが調査対象です。

多良間島の調査を考えています

2017年06月20日 | 研究中
多良間島の持続的な水利用の調査を計画しています。

遠くて、学生たちの実習には向いていないと思います。しかし、淡水レンズの島で、とても面白いところだと思います。
現在は、文献調査の段階です。

名水を訪ねて(113)多良間島の地下水 吉本周平 他(2016)地下水学会誌58,2、227-240.

上記のデータから地下水の水質の分布図を作成してみました。GISソフトはMANDARAを使いました。

電気伝導度の分布図です。

水温の分布図です。地下水温度がこのように高いと、触った時、びっくりします。温泉です。

ナトリウムイオンの分布図です。

塩素イオンの分布図です。

淡水レンズで、中央が薄く、海岸付近は高濃度です。

硝酸態窒素濃度の分布図と硫酸イオンの分布図を示しています。

人間活動による影響が現れています。特に肥料による硝酸態窒素濃度が高いです。
多良間島の飲料水は、この島に降った降水です。他からもらっていません。

持続的に水を利用するにはどうすればいいのか?
みんなで考えたいと思っています。

いつ調査に行こうかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また雪をかぶった富士山 | トップ | 今日は津波ハザードマップ作成中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。