湧水めぐり 藤川格司研究室 (常葉大学社会環境学部)

水を調べている研究室の日々を書き込む予定です。富士山、宮古島などが調査対象です。

ベトナム・ダナンの休日 夕食編2017/3/10~15

2017年03月21日 | グルメ
ベトナム・ダナンで優雅に休暇をとりました。たぶん。
夕食は、ホテル近くの大好きな「NUM TRANG」という店で食べました。ダナンは海鮮料理が名物で、たらいなどに入れた魚介類を選んで料理してもらうものです。しかし、われわれには言葉や、料理方法などわからないものが多く、敷居が高いので困っていました。いつも行く店で、できることがわかり、たっぷり食べました。カフェのように道に面した席でのんびりと優雅に、ベトナム料理を楽しみました。本当にうまいです。


ミークアン、煎餅を割り入れて、青唐辛子をかじりながら食べるのが地元流ですが、辛くて無理です。汁は少なく、からめるように食べました。30000ドン(150円)。メニューも。


バイン・セオ、パリパリ感がたまらないベトナム風お好み焼きです。左のライスペーパーに野菜と一緒に巻いて、たれをつけて食べる。うまいです。しかし、野菜がその辺にある野草ではと疑うほど色々乗っていました。40000ドン(200円)


ホイアン名物揚げワンタンです。これは、ホイアンのランタンフェスティバルに行って食べました。85000ドン(425円)下のワンタンには具が少し入っていて、揚げたワンタンです。ホワイトローズも食べたのですが、写真を撮るのを忘れました。


ベトナム風チキンライス、コムガーです。ケチャプ味を想像していたのですが、これです。左上のたれをかけろというので、チキンもほぐしてかき混ぜて食べました。うまかったです。55000ドン(275円)。


ミークアンの2回目、1回目は煎餅がついていましたが、野菜はなかった。2回目は煎餅なしで、野菜がついてくる。値段は同じ30000ドンです。このゆるさがたまりません。


シュリンプのグリル焼き100000ドン(500円)。これです、海鮮料理。うまかったです。殻もそのままバリバリと食べました。香ばしかったです。地元ではどうやって食べているのかわかりませんでした。


ホテルの朝食です。フォーを頼んでいます。これはチキンのフォーです。朝からおなかに優しい米粉です。


ご飯と牛肉鍋(White Rice with Meat Stock)55000ドン(275円)、牛肉のスープをご飯にかけると絶品です。なぜかレタスとかついてくるのですが、どのようにして食べるのかは今もわかりません。


アサリ蒸し50000ドン(250円)。これはたくさんのアサリが入っていて、スープもうまいです。スープでビールが飲めました。本当に。


チキンともやしのスープ35000ドン(175円)。あっさりしてうまかったです。少し春雨のようなものも入っていました。

ベトナムは物価も安く、食べ物も私にぴったりで、しばらくは通いそうです。
もちろん、海岸でビールが飲めるからです。ビールは地元の「LARUE」10000ドン(50円)です。何本飲んだかわかりません。しかし、ホテルのビーチでは48000ドンもするのです。「ダナンの休日」ですから、もちろん頼みます。宿泊しているホテルはHoliday Beach Danang Hotel & Resortです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮古島の湧水めぐり2017 ベ... | トップ | 沖縄、宮古そばを食べるぞ!2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。