(株)藤川建設のブログ

地元の山の木を使った家づくり

柱落し込み足固め工法~川袋町M邸

2017年06月19日 | 川袋M邸
建物の四隅の柱は他の柱よりもワンサイズ大きめとし、
足固めに土台を横から差して、その土台を基礎に固定しています。


隅の部分には耐力壁が配置され、横からの荷重を受けると、ここに大きな引き抜き力がかかります。
通常は、ここにホールダウン金物を用いますが、金物をなるべく省略する工夫としては、「足固め」工法を採用しています。

土台を隅柱に通して、土台の断面を使って、金物と同等以上の力を実現します。
富山の島崎棟梁の元で、4トン以上の引き抜き力が出たという結果を踏まえ、構造計算でも応力を確かめた上で施工をしているものです。

更に土台だけでなく、中間の梁や桁も隅柱にからめているので、計算以上の力に耐えると思われます。


隅柱の土台の仕口


長ホゾ差込み栓打ちとします。
隅柱の場合は両側から入るので、段差を付けて2ヶ所の仕口となります。


隅柱にかかる横架材


土台と同じく長ホゾ差しですが鼻栓止めとなります。
下が梁。上が桁。、と構造を明確に分けると墨付けも加工も惑う事はありません。



基礎の形状


基礎も柱の落ちる部分は欠いてあります。
土台敷きの時も、柱と差さる土台の部分が未完のままです。
間違ったかと思われるかも知れませんが、ここが一番の要の場所です。



横架材を差し込んで栓で止める


梁と桁が差し込まれ、鼻栓で固定されます。


土台を柱に差しこんで固定


柱に土台が差さり、土台を基礎にアンカーで固定します。
アンカーは全部で4本ですから力は分散されます。
1本で全ての力を担うホールダウン金物だと、1ヶ所に力が集中し、地震時にコンクリートが割れてしまった被災現場があったと聞きます。
特に開口部を多く設計した場合、壁倍率を最大限の5まで高めてしまうと、基礎に負担がかかってしまう。
木材とコンクリートの強度を最大限に活かすために、力を分散させる伝統構法の「総持ち(そうもち)」の概念が役立ちます。



伝統構法の木組みを応用すれば、木材の潜在能力を最大限に高めて、金物による建物の寿命(30年程度)の呪縛から解放されます。
ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基礎工事~上棟式 川袋町M邸 | トップ | 「しりばさみ」12m材を吊... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。