(株)藤川建設のブログ

地元の山の木を使った家づくり

地鎮祭~割栗地業 川袋M邸改築工事

2017年04月12日 | 川袋M邸
長岡市川袋町にてM邸の改築工事が始まりました


4月になりましたが、春の陽気とは程遠く、冷たい雨の降る日が多く、まだまだ肌寒い今日この頃。
今年は雪がまとめて降らなかった分、寒気が残っているようです。

そんな中、川袋町にてM邸の改築工事が始まっています。
今までの古い家を解体し、新しく木造平屋建ての伝統構法の建物を建てる工事です。



解体する家屋の御祓い



既存住宅の解体作業



地盤調査



地鎮祭



地盤改良




砕石によるハイスピード工法
環境を配慮した砕石による柱状改良を行っています。
セメントを土と混ぜる従来の工法だと、腐食土とセメントの反応により、六価クロムが生成される懸念があります。
また、次の建物を建てる場合に既存の地盤改良工部分を撤去しなければなりませんが、セメント系の場合は撤去するのにコストが増大してしまいます。
砕石によって地震時の液状化も防止できる一石三鳥の地盤改良工事です。



割栗地業


捨コン打ち



まとまった晴れ間が続かず、雨の間を見ながら外仕事を進めていますが、今のところはこれといった支障がありません。
晴れて欲しい時は、丁度晴れ間が広がり、お客さんの精進の良さが覗えます。

基礎工事は4月いっぱいを予定し、来月半ばには建て方を始めたい所です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天然仕様の伝統構法の家 蓮潟T邸

2017年04月02日 | 蓮潟T2邸

1年がかりで、ようやく完成したT邸です。
新潟県産杉+伝統構法+天然仕様のこだわりぬいた家となりました。



新潟県産材をふんだんに使った無垢仕様の家。さらに天然素材を「素材工房」から導入しています。
断熱材にはウールブレス(羊毛断熱材)を採用し、壁紙には和紙クロス、布クロスを使用。床材は新潟県産杉のフロアー、建具も県産杉。
さらに木組みの伝統構法というフルスペックです。


居間上部から望む


居間の天井は吹き抜けになっています


ペレットストーブにより暖をとります


カウンターも県産杉の無垢仕様



洗面化粧台も県産杉仕様のフルオーダー


階段板も県産杉の無垢板仕様
手摺も杉製です(くりこま製材)



外観
屋根鼻をおもいっきり伸ばしたシンプルな形状です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外壁外貼り工法 窓廻りを重視する

2016年12月15日 | 日記
外壁の模様替え工事です


外壁の模様替えをする場合、二つの工法があります。


1.既存の外壁を撤去して下地からやり直す
2.既存の外壁の上に新たな外壁を貼る


2は既存外壁の解体の分だけコストダウンが図れますが、雨仕舞の改善ができません。
サッシの周りから雨水が外壁の下地内に浸透し、腐らせてしまうばかりか、最悪はシロアリの巣になります。

当社のお薦めするのは1の方法です。下地を直してサッシ周りの防水性を高め、防水紙を貼る事で耐久性が増します。更には筋違いや構造材の金物を締め直したり、断熱材を入れ替える事も可能です。

今回は、お客さんの要望で、2の方法を取りましたが、サッシ周りの雨仕舞を重点的に改善する施工を行いました。




足場を架けて、近くから見ると外壁も大分傷んでいました


傷んだ部分をコーキングにて補修し、窓廻りにアルミ見切りを取り付けます


既存外壁の上に下地を施工します
ビスで既存の外壁に下地を打ちつけるのですが、一度穴を開けて、コーキングを入れてビスを締めています。
雨水の浸入を防ぐための工夫ですが、手間が掛かります。



特にコーナー部はサイディングを貼る前に念入りに板金施工をしました


サイディングを張って行きます


サッシの周り、入隅コーナー部分の雨仕舞いを改善する為に、アルミ見切り等を用いて、新しい外壁よりも、見切りが外に出て、雨水が上手く切れるように施工します。


工事完了






見た目は、殆ど同じですが、サッシ周りの雨仕舞いは桁違いです。
内部に侵入する雨水を抑える事で、外壁下地の耐久性を増す事ができます。

こういった工夫は、これまでのリフォーム工事の経験からきています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台持ち(だいもち)継ぎ と 金輪(かなわ)継ぎ

2016年09月17日 | 蓮潟T2邸
伝統構法の横架材の「継ぎ方」の説明です


基本的に
「金輪継ぎ」・・・「桁」を継ぐ
「台持ち継ぎ」・・「梁」を継ぐ
と分けています。

力の一番かかる要の「梁」。それを繋ぐ「桁」を明確に分けておきます。


〇台持ち継ぎ

梁と梁を継ぐ方法で、柱の直上で繋ぎ、大栓を打ち込んで固定します。





丸梁を継ぐ場合の台持ち継ぎ



〇金輪継ぎ

桁と桁を継ぐ方法で、柱から30センチ程度離れた力の比較的かからない部分で用い、クサビを上から打ち込んで固定します。
柱の「根継ぎ」にも使われます。



母屋などの比較的「背」の低い材料は金輪継ぎにします


金輪を継いで、クサビを打ち込むと一体になります


8mに繋いだ長い材料をクレーンで一発で吊り上げられます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建て方開始

2016年08月29日 | 蓮潟T2邸
建て方の前の安全祈願のお神酒です
塩、米、水、お酒を土台の四方に撒いてから建て方を始めます


蓮潟の新築工事の建て方が始まりました。
伝統構法による木組みの家です。



1階居間の中心に位置する丸柱です
まるで「御柱」のようです


渡りアゴを中心とした構造です


1階部分はまとまりました


台風が気になりますが、明日には通過していって欲しいところです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加