採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

朝天辣椒

2013-12-17 | +その他

今年の畑は、セラーノもハラペーニョも、唐辛子類収穫皆無と以前書きましたが、ひとつだけとれたものもありました。

朝天辣椒(チョーテンラージャオ)というものです。
 

朝天辣椒

2011年11月に、近くの産直で沢山の種類の唐辛子を見かけ、これを買ってみたのでした。まるっこくて可愛い形が気に入ったので。
これを乾燥させてとっておき、2年ごしではありますが、播いてみたのです。

そうしたら、割と発芽率がよく、いくつか成長して実もつけました。
でも、シーズンはじめに1個だけ試食してみたところ、果肉が薄くて、しかも固くて、辛さもすごく強い・・・。
つまりあまり好みのタイプではなく、収穫する情熱も失せて、畑に放置状態。 

朝天辣椒

たまに、他に何も収穫するものが無いときに、赤くてきれいなので、摘むだけ摘んで帰りました。
で、干しているような放置しているような状態でカビさせてしまったり・・・。 

朝天辣椒

たまたま母がうちに来た際に、放置っぷりを見かねて、可愛いピクルスを作ってくれました。
種をくりぬいて、一部にはにんにくが詰めてあります。
こうやって可愛い製品を見ると、ほとんど収穫せずに朽ち果てさせてしまったのは勿体なかったかな、とも思います。 

朝天辣椒

シーズン最後の方で、カビさせないようにちゃんと干してみました。
料理に使うかどうかは未定ですが、種をとることは出来そうです。
(こんなにいらないけれど)

(左端の細長いのは、熟したハラペーニョを干したもの)

 
果肉が肉厚な青唐辛子(=セラーノ)、そして出来れば辛味マイルドなもの(=ハラペーニョ)が好きなのだわ、と最近自分の好みが分かってきました。
好きなものでないと、育てるのは身が入らないものです。
 

南米にはボブラノ唐辛子という大型で肉厚の青唐辛子があるようです。辛味もマイルド。
これは育ててみたいものですが、種や苗が、検索しても見あたりません。
来春、また探してみよう。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胡麻かりんとう(石巻市日和... | トップ | 蕗入りひたし豆 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

+その他」カテゴリの最新記事