採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

スクッグ2016

2016-10-19 | +ジャム・保存食

 

スクッグ

日照不足ではありますが、こういうトウガラシがボツボツとれています。
辛さはほどほど。

久々にスクッグを作ることにしました。
中近東の薬味で、青唐辛子、コリアンダーリーフ、クミン、塩を混ぜて作るものです。
トマト味の煮込みと、相性が抜群ですし、おでんに添えるのもすごくおすすめ!
 

スクッグ

種をとった青唐辛子を粉砕。
はじめはこのカップにぎっしり詰めた状態でしたが、ピュレにするとこの程度になります。
(泡立っているので白っぽいです) 

スクッグ

更に香菜(スーパーの一把分)、スパイス、塩を入れて出来上がり。

スクッグ

小瓶に詰めて、表面に少量のオリーブオイルを垂らしました。 

スクッグ

小瓶5つできました。


これまで何回か作っています。
使うトウガラシも年により。
セラーノ、ハラペーニョ、そして今年の牛角椒。
(ここ数年、セラーノ栽培は失敗続きです)

スクッグに関しては、セラーノが合うような気がします。
今年の牛角椒は、辛さがちょっと物足りず、ほろ苦さが少しあります。
ハラペーニョも、すり潰してしまうと水分が多くて辛さのパンチが弱め。ハラペーニョは、微塵切りにして塩と胡麻油で和える薬味が、カリカリした食感も生かせて一番合う気がします。
 



■■スクッグ
■材料
青唐辛子(セラーノ、ハラペーニョ) ヘタと種、スジ(胎座)をとる
香菜  唐辛子の1.5倍くらいのカサ
ニンニク 2カケくらい
クミンシード
カルダモンパウダー

黒コショウ
塩レモン ごく少々


======
■参考情報
2011年作成のスクッグ 
この年は、晩秋、霜が降りてぷよぷよになりかけのセラーノ唐辛子を使って作りました。
香菜は産直で購入。香りが強かったため、驚くほどカメムシ臭いスクッグになりました。

2012年作成のスクッグ
ハラペーニョ多めで作ったところ、ややパンチの弱い仕上がりに・・。
香菜も、真夏に入手するのは難しく、また香りも弱めでした。

クックパッド Zhoug

Google画像検索 Zhoug

スクッグの使い道
 ・中近東風煮込み料理に添える(それほど辛くない煮込みに、辛い薬味を添えてパンチを効かせる)
 ・サモサのような揚げ物に添える
 ・お肉や魚のローストに添える
 ・おでんに添えてもグー(特に豆腐にあう)
  ・生の魚介のレモンマリネ(セビーチェ)に混ぜてもよさそう 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤツガシラチップ | トップ | ちちぶまゆ(メープルシロッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL