採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

ウィーン2017:箱入りバクラバ

2017-06-14 | ■アラブ菓子・中近東食材

ウィーンでは、ベーカリーでの量り売りだけでなく、箱入りのバクラバもみつけて買ってきました。
 

バクラバ

3種類も!
し、しあわせ・・・。

バクラバ

この3つとも、ブルンネンマルクト周辺で購入。
箱入りの方二つは、ブルンネンガッセ中ほどの東側の店の奥の方でみつけました。
バクラバのほかにも中近東のお菓子がいろいろ☆


それぞれ詳しく紹介します。 

ヨルダン産バクラバ

丸い缶入りのもの。これはブルンネンマルクトの露店の、東側列のどこかでみつけました。
①外周はシガレット状のもの
②その内側はいわゆるバクラバ(ピスタチオとカシューナッツ)
③さらに内側はブルーマというクナーファで巻くタイプ
④中心に、フィロ生地でナッツを巻いて、Dの字型に抜いたもの。
⑤鳥の巣が1個。
これは何だかピスタチオの比率が高く見えます。

ヨルダン産バクラバ

Anabtawi Sweetsという会社。

ヨルダン産バクラバ

ヨルダンのアンマンにある会社で、お店の方によると、製法等はシリア風とのことでした。
シリアが政情不安で、シリアのお菓子技術があちこちに流出しているのでしょうね。

これは実家にプレゼントしたので、味などは不明です。


次は8角形の箱のもの。これはシリア産。

シリア産バクラバ

プラスチック製の仕切りで、8列に分かれています。

シリア産バクラバ

外見はこんな感じ。
Abou Arab Haider というメーカーです。

シリア産バクラバ

シリアのダマスカス、そしてヨルダンのアンマンに事務所があるようです。

シリア産バクラバ

内容量は700gと、次に紹介する四角い箱のものより少ないのに、箱の大きさは一番。
よく見たら上げ底されていました・・・。

シリア産バクラバ

アップ写真も。
右から、
①カシューナッツ入りで、半円の型で抜いたもの。
②ピスタチオの鳥の巣。
③フィロ生地でサンドしたカシューナッツのバクラバ。

シリア産バクラバ

(右から)
④わずかに見えているのがブルーマ。
⑤シガレット状のもの。
⑥クナーファで挟んだもの。
⑦ナッツを巻いたやや太目のロールを台形になるようにカットしたもの。

シリア産バクラバ

⑧一番左が、ピスタチオ入り。



これはさすがのシリア産で美味しいのですが、箱が無駄に大きいのがやや不満(輸送中の破損等の心配は少ないですが)。
(丸い缶のものは、持ち帰ったら少し並びが崩れていました)

あと、①、⑦、⑧はやや色が薄いのですが、これらが、もう少し香ばしいといいのになあ、という印象でした。
もしかしたら輸送や店頭で時間が経って、少し湿気ていたのかな?


私的にベストだと思ったのは次のもの。
 

3ギリシャ産バクラバ

この四角い箱入り。
内容量900gがコンパクトな箱にぎっしり詰まっているところが好ましい☆

3ギリシャ産バクラバ

アラビア語の外箱。

3ギリシャ産バクラバ

裏返すと、なんと、ギリシャ語表記が筆頭に。
ギリシャ産!?
Mesogeiakes geuseisのサイトを見てみると、シリアのダマスカスから来たベーカリーで、2007年にアテネに設立された会社だそうです。(HPはギリシャ語のみ。グーグル翻訳万歳!)
やはりシリアから国外に・・。

3ギリシャ産バクラバ

ホームページでも製品が見られますが、アップで写真を撮ってみました。
右から
①(わずかに写っている)バクラバ
②ブルーマを短めの輪切りにしたもの
③フィロ生地の四隅を折り上げるタイプ
④粗挽きのセモリナを蜜で固めた上にナッツを敷き詰めたもの

3ギリシャ産バクラバ

この④の断面。下がみっちりねちねちなのが分かるでしょうか。
これだけは、甘すぎていまひとつ・・。ばら売りで買うなら、これは買わないと思います。

3ギリシャ産バクラバ

⑤シガレットタイプ
⑥四隅を折り上げるタイプで中がピスタチオ。
⑦クナーファの鳥の巣
⑧半円形の型で抜いたもの

3ギリシャ産バクラバ

一番右の①バクラバの断面図。
フィロ生地一層一層がふわっと浮き上がって、サクサクに焼かれています。
色は白いのですが、とてもサクサクで香ばしくて美味しい・・・。
四隅を折りあげたタイプもパリパリ感が際立つ美味しさでした。



ギリシャからウィーンという輸送ルートは比較的安定しているからか、もしくはたまたま入荷したてなのか、この製品はとても新鮮(出来立て)のように感じました。



鳥の巣比較

鳥の巣といってもいろいろあります。
左は丸い缶入りのもの。
右はナッシュマルクトでばら売りで買ったもの。
左の方がサイズは小さいですが、クナーファは、右の方が細いです。
クナーファが細いと、食感はパリパリというよりはショリショリ、という感じになります。

どちらも美味しいですが、一口サイズというのは繊細で食べやすくて、嬉しくなります。


シリア風バクラバが世界のあちこちに広まっているというのは、ある意味嬉しいことです。
でも、本家シリアでも、心置きなくお菓子作り三昧ができる日が、早く来るといいのに、と思います。
内輪もめはやめて、一致団結してお菓子で世界征服してもらいたいなあ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニンニク2017:収穫終盤 ~... | トップ | ウィーン2017:ベーカリー、... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どれも美味しそう! (はっち)
2017-06-15 22:00:03
 うわー。色んな種類があるのですね。
本当にどれも美味しそう。
(ちょっと太りそうですが・・・)
日本でもバクラバが買えるといいのになあ。
珍しいお菓子 (dogdali)
2017-06-16 07:31:49
珍しいお菓子を紹介してくださって有難う。
どれもおいしそう。
はじめまして。 (うさこ)
2017-06-17 14:40:15
はじめまして、こんにちは。
数年前にうちのパートナーから、台湾やウィーンに旅行されたり、アラブ菓子好きでいらしたり、大胆に自宅をDIYされたり、なんだか君にそっくりな方のブログがあるよ〜、と教えてもらって以来いつも楽しく拝見させて頂いております。
9月のウィーン行きを決めた直後に、採集生活様も最近ウィーンに行かれたと知り、並々ならぬご縁を(勝手に)感じてます。

ところでお伺いしたいのですが、この箱入りのバクラヴァはどちらで買われたのでしょうか?
私はいつもブルンネンマルクト周辺にあるトルコパン屋などでバラ売りの物を買い、持参のタッパーにきっちり詰めて持ち帰っているのですが、数日たつとどうしても油分が酸化するようで風味が落ちてしまうのです。
それで激甘のものをいそいで食べきることに・・。
こういう日持ちを考慮したパッケージ商品だとそういう心配はないのかなぁ、と思いまして。
パン屋の作りたてのものと比べてお味や食感はどうでしょうか?
もしよろしければ買われたお店を教えていただけますか?
どこかの商社が買い付けてくれたら・・ (●はっちさま~Fujika)
2017-06-20 17:37:25
これら箱入りは、サクサクで甘さも控えめで、たべ易いですよ~。
何か所か、バクラバが買えるネットショップがあります。(トルコ系、シリア系など)
シリア系のお店がシリア以外の各地に移転しているようなので、(シリアからよりも)手に入りやすくならないかな、と期待しています。認知度があまりないと、商社は買い付けてくれないかな・・・。
甘さひかえめ (●dogdaliさま~Fujika)
2017-06-20 17:39:12
はじめまして、でしょうか。コメントありがとうございます。
これらの箱入りバクラバは、サクサクして甘さも程々で、日本人にも食べやすいと思います。
そのうち日本でも普通に手に入るようになるかも、と期待しています。
はじめまして☆ (●うさこさま~Fujika)
2017-06-20 17:50:24
はじめまして☆
四角い箱入りバクラバは、ブルンネンマルクトの中ほどの東側のお店(露店ではなく固定のお店)で買いました。一番奥の列でした。
缶入りのは、東側の列の露店でみつけました。
(正確な位置が分からなくてごめんなさい)
私もベーカリーのものもよく買いますが、冷凍しちゃってます。
どのベーカリーがおすすめ、などありましたら教えて下さい。今回はLale Hanで並んでいるものを買ってきました。
http://blog.goo.ne.jp/fujika_0000/e/f283840679be8f7e203fb7cc2d55efc7
箱入り・缶入りのものは、ベーカリーのものより乾いてサクサクの感じで、日持ちもいいような気がします(油の酸化とか鈍感な方なので自信ありませんが・・)。
味は、ベーカリーのは大振り・しっとり系なので、全然別タイプと思った方がいいかもしれません。

うさこさんは、ブログなどはされていないのですよね。大胆自宅DIY、うさこさんはどんなことをされたのでしょう??すごく興味あります☆
またコメント欄ででも教えて頂けると嬉しいです。
情報ありがとうございます。 (うさこ)
2017-06-22 14:52:49
ブルンネンマルクトの情報、ありがとうございます。
秋に行ってみます!
私は大抵「Trabzon Ekmek Firini」で買ってます。
https://www.yelp.co.uk/biz/trabzon-ekmek-firini-b%C3%A4ckerei-wien
たしかFujikaさんが特注の注文をしたお店です。
英語が全く通じないのですが、薪窯でパンを焼いているお店ということで、なんだかいいイメージがあります。(笑)

私はブログなどはやってないのです。 いつ楽しくも見させて頂いてばっかりで・・。
自宅のDIYは最近暑くてサボり気味です。
一昨年、築50年のお家をDIYする前提で買ったので、ペンキを塗ったり、壁や襖にウィリアム・モリスの壁紙を貼ったりしてます。
破壊系では(^_^)、押入れの中板を外してクローゼット化したのと、和室の畳を外して無垢のフローリングにしたことぐらいでしょうか。
洗面台の鏡部分のユニットをひっぺがして、その鏡だけ再利用して自作の木製枠にはめ込んで使ったりもしてます。 廃材も再利用しないとゴミの処分が大変なので・・。
ユニットにボンドと強力ガムテープでくっつけてある鏡を割れないようにはがすのが大変でした。(汗)
Unknown (実家)
2017-06-28 17:02:57
缶入りをいただいて半分くらい食べたところで缶をセロテープで封をし一か月後くらいにまた開封。保存は冷蔵庫に。昨日最後の一個がなくなりました。
軽い甘さで最後までさくさくも変わらず、2か月位とても楽しみました。ありがとう。
デーツもいろいろあるよ~ (ふたマニア)
2017-06-30 11:40:07
なつかしいなあ~!Anabtawi sweetsはヨルダンのあちこちにある大手菓子企業ですね。ギリシャカダイフピスタチオとデーツロイヤルが私のお気に入りでした。なんたってヨルダンは人口の7割以上が難民でして、いろんな意味で常識を覆されましたが、男どもがダラダラ過ごしているのに比べ、女性はとても働き者でした。
築50年! (●うさこさま~Fujika)
2017-07-05 09:47:42
「Trabzon Ekmek Firini」、北の端に近いあそこですね、きっと。ここのバクラバは、お店で作っているのではなくて仕入れているのかな、と今回思いましたが、どうなんでしょう。通じない言葉で何とか注文しようとしたら、店員さんがどこかに電話して、ダメと言われました。
築50年のおうち!コツコツカスタマイズしていくの、楽しそうですね~。いいなあ。
自分に破壊傾向(!?)があると気づいたのは、ごく最近で、家を買うときにはセルフリフォームなんて考えてもみませんでした。
折角なのでブログなどで記録に残されると、後あといい記念になると思いますよ~☆
サクサク (●お母さんへ~Fujika)
2017-07-05 09:59:23
1個だけあったはずの鳥の巣は渡したときにはなかったでしょ。ダンナサマがぱくっと食べちゃって、失礼しました。
冷蔵庫に入れておくとサクサク感がずっともちますよね。
ヨルダン (●ふたマニアさま~Fujika)
2017-07-05 10:41:52
なんと、ふたマニアさんはヨルダンに行かれた(住んでらした?)ことがあるのですね!わーお!
カダイフピスタチオというのはこれ
http://www.anabtawisweets.com/index.php?route=product/product&path=24&product_id=52
デーツロイヤルというのはマームールの仲間のこれ
http://www.anabtawisweets.com/index.php?route=product/product&path=24&product_id=63
でしょうか。
カダイフピスタチオは、見るからにサクサクで美味しそうです。アイスの「ピノ」くらいのサイズでしょうか。鳥の巣より整形も簡単そうで作ってみたいけれど、型が必要だなあ・・。
デーツ通 (ふたマニア)
2017-07-06 10:06:36
わおっ! よく見つけましたね。あたりですね。味が変わっているかも知れませんが、ヨルダンでは安定した味を出す老舗でした。味は実に個人的な好き好きですので、機会があればお試しくださいな。仕事そっちのけで当時は食べ物特にデーツやピスタチオにはまり、果物屋さんに毎日行ってピンからキリまで食べてみました。デーツは日本では「おたふくソース」の表示に出るくらいの知名度でしたが、砂漠(正確には土漠)のオアシスに生える伝統的な深い味を飽きるほど楽しめました。朝食はいつもフムス(ホンムスなど読み方はいろいろ)でフェタチーズやピタパンなんてのを日本国内にないころもそもそ食べてました。いまじゃダイエットブームでおしゃれな食事とか。ヒヨコとはいえ豆なので食べ過ぎるとケッコーおなかが張るのです。
好きなデーツの品種は? (●ふたマニアさま~Fujika)
2017-07-12 11:11:22
デーツについて以前少し調べてみましたが、
http://blog.goo.ne.jp/fujika_0000/e/9d4e13abbd00de634c329bdc0e961cbb
品種も無数にあるし、ものすごく奥が深いですよね!ふたマニアさんは好みの品種などありましたか?
所有者のいないデーツの木はない、とその時読んで、大切にされているんだ~と思いました。鈴なりの柿が放置されている日本とはだいぶ違います。

ヨルダンでは平たいパンは何と呼びますか?
私が呼びなれているのは「ホブス」なのですが、国によって違いますよね。

ウィーンでは今や普通のスーパーでもフムス系のディップがお惣菜コーナーにありました。移民の影響かなと想像しています(お寿司もある)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL