採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

鳥取マンションリフォーム(1):Before

2017-01-23 | ■木工・DIYなど

ここのところ、頭はリフォームのことでいっぱい。

・・・といっても、自宅ではありません。

結婚前、ダンナサマは鳥取県T市に住んでいたのです。
その頃、鳥取で初めての高層マンションの計画が。
で、家賃を払うくらいならローンを払った方がいいだろう、とそこを買ってしまったのです。
引っ越す時に売れば、それなりの値段になるはず、と。
数年は住んだみたいです。

さて、引っ越すというタイミングは、日本の景気は下向き急カーブ。
そもそも(数年前時点ですが)鳥取県のGDPは日本で下から2番目(ワーストは沖縄)。本州では最下位。不動産市場に活気がある訳がない。
しかも、その後他にも高層マンションがいくつも建ってしまって、単なる古マンションに。

仕方がないので賃貸に出して、早××年。
今年度になって仲介業者が変わり、9月に店子さんが出た際に、畳の表替えや、襖の貼り替えなどを勧められました。

畳か・・・。
それにお金を使うくらいなら、 もっと根本的に変えたい・・・。
という訳で、リフォームプロジェクトが始まりました。

アメリカ在住の女性で、一軒家をまるまる1軒と、更に7割ほど(2軒目はまだ途中とのこと)、自分で修理してしまった方のブログ(「とにかく自分でつくるんです」)を見て、「私もやる~」と、一度のぼせ上がりましたが、如何せん距離が。
自宅、もしくは、週末に車で通えるくらいの場所ならば、自分も(出来るところだけでも)作業、ということができますが、飛行機でないと行けないし、自分の車もない鳥取なので、やはり誰かに頼むしかないです。

業者さんを捜すのも一苦労。
リフォームもやっている家具屋さんに声をかけて、一度打ち合わせしたものの「うちの手には余るので・・」と断られてしまい、その方の紹介でようやく引き受けて下さる工務店にたどり着きました。
(ブログやHPで情報発信している業者さんは非常に少ないです。検索の仕方が悪いのかもしれないけど・・)


まずは工事前の様子をご紹介します。

鳥取マンション

こちらが間取り。
4LDKになるのでしょうか。 
部屋が細かく分かれています。

バルコニーは東向き。 

鳥取マンションbefore

玄関入ったところ。
げた箱の色は、明るい茶色に見えますが、濃い色です。 
廊下を進み、窓までずーっと進んで・・・ 

鳥取マンションbefore

窓から振り返るようにDKを見るとこんな感じ。

この写真だと、そう悪くないように見えるかもしれませんが、狭いです。 

鳥取マンションbefore

人間を入れて撮るとこんな感じ。
DKの巾は、約2.6m。
(実際には違いますが)真ん中に立つと、両方の壁に手が届きそうな圧迫感。

鳥取マンションbefore

キッチンは、独立型。
対面式ではなく壁付けなのは、私の好みです。
間口はかなり狭いです。 

天井は、全部コンクリートに壁紙直貼りでした。
(天井を抜いて高くして、コンクリートを見せちゃう、というリフォーム方式でもいいなー、と思ってたけど、それはなくなりました・・・。)
電線は天井のコンクリート穴から直接壁におりてきているようです。  

鳥取マンションbefore

これは和室の入り口。
2枚引き分け戸になっていて、両側に袖壁があります。

鳥取マンションbefore

和室の押入の向こう側がキッチンになります。
ベランダ(東向き)から入る光は、キッチンには届きません。 

間取り図には6畳とありますが、この1畳は0.9×1.8mより小さいサイズのようです。 

鳥取マンションbefore

押入は一間半ありますが、右奥には何やら謎の出っ張りが・・・?

鳥取マンションbefore

畳をどけてみたら、コンクリートの躯体が出てきました。

鳥取マンションbefore

こちらは洋室2つの入り口。
建築直後からの絨毯敷きです。

鳥取マンションbefore

間取り図にある洋室2。真ん中の洋室です。
部屋の大きさは、3.1m×2.3m。
シングルベッドが辛うじてひとつ置ける大きさ。

小さなクロゼットが部屋の2箇所にありますが、奥行きはたったの56cm。

鳥取マンションbefore

こちらは角部屋の洋室。
ここもさっきの洋室と同じ3.1m×2.3m。
シングルベッドが2つ置けて、周囲を楽に回れるようなスペースは、この家にはない、ということになります。

一間立派なクロゼットがありますが、奥行き56cmでは、扉を閉めたらスーツが型くずれしてしまいそうです。


何もかもが小作りな印象で(1間半もある押入以外)、リリパット国に迷い込んだガリバーのような気分。

これでも借りてくれる人はいるかもしれませんが、こんな家では、所有していて気分が盛り上がりません。
(畳や襖にもお金をかけたくない) 

いっそ思い切って、広くしよう!!!


賃貸のターゲットは、会社のお金で借りてくれる転勤族です。
現状はファミリー向けの間取りですが、夫婦二人、もしくは子供ひとりだけ、という転勤族もいるはずなので、そのあたりをターゲットにすることにして、大幅に間取りを変えてしまおうかと思います。

みなさんならば、どんな間取りのお家に住みたいですか?
新年会で叔母や従兄弟、弟の奥さんに聞いたら、議論百出。全員希望が違いました。

大抵のことについて、世間の少数派に属する(=へそまがり)私なので、私のリフォームプランは裏目に出るかも。
現状復帰で畳の表替えだけしておいた方がよかった、ということにならないとも限りませんが、 やってみてダメならまた変えればいいし、最終的には家賃を下げるという手もあるし・・・。
自分が住みたいような家に、(何年かかけて)変えていこうかな、と思います。 


(その後、着々と事態は進行しています。次の更新をお楽しみに)
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローストビーフ2016 | トップ | 鳥取マンションリフォーム(2)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL