採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

2007ウィーン:バクラバ礼賛

2007-06-19 | ■アラブ菓子・中近東食材

(こんな暑い日に暑苦しい大甘のお菓子の記事ですみません~。連日のびわ疲れで頭がまっしろに)

バクラバ(バクラヴァ BAKLAVA)といいうのは小麦粉で出来た薄い(または細い)生地(フィロ生地と呼ばれているものに近いみたい)とナッツを使ったお菓子の総称のようです。それぞれの形によって違う名前がついているみたいです。
子供の頃食べて以来大好物です。特にピスタチオを使ったものが大好き。
シロップがたっぷり染みこませてある場合が多く、日本人の味覚には甘すぎるものが多いらしいのですが、メーカーによってはそれほどではないようです。

ウィーンのナッシュマルクトで買ったのはこのセット。買おうかどうしようか迷ったのですが買って正解でした。思ったよりぜんぜん甘くないし油っぽくもないです。パリパリしてとてもおいしい!


バクラバ盛り合わせ(シリア産)

ふたをとって写真をとるべきでしたね・・・。このセットの中のもの、そして他で買ったアラブ菓子をいくつか紹介しますね。
 

●鳥の巣
昨年ダンナサマが買ってきてくれたものに比べとても小さい、一口タイプです。外側の糸状の生地がパリパリしてとてもおいしいのです。母の一番のお気に入りはこれ。

●白いもの
おそらく上下の白い部分は「鳥の巣」と同じ生地。それを焼き色を付けないように焼いてシロップを染みこませてあります。
ピスタチオの層が厚くておいしいです。ピスタチオはお菓子などに使われる緑が濃いタイプではありませんがコクがあっておいしい。

●パイ風
いわゆるバクラバというのはこんな形でしょうか。
上下は層状の生地でパイのようです。
●これも
上のものに似ていますね。こちらの方がパイ部分が多くてナッツが少ないです。
●ブルーマ
これはセットにはいっていなかったもの。
外側は糸状の生地、中はピスタチオ。のり巻きのように上手に円柱形に仕立てるのは職人技が必要だとか。
大抵斜めに切って売っています。
●こちらもブルーマ
これもセット外です。上とは別のお店のものです。
こちらの方がシロップが多くてパリパリというよりじゅわっという感じでした。
●消防ホース
トルコではこう呼ばれるとか。チュロスというお菓子に似たしっかりした揚げ生地にシロップがたっぷり染みこませてあります。サヴァランを頑丈にした感じ。とても甘いですがやみつきになりそう。
●のし梅?
薄べったくて表面にはココナツ、ところどころにピスタチオがちりばめられています。正体は・・・にんじんを煮詰めたものかな、と思ったら甘酸っぱいのです。あんずが入っているのかしら。材料不明ですがおいしかったです。
●これもバクラバ
トルコ食材店で買ったもの。
両端は薄い生地にしわを寄せるようにしてそれをころころ巻いてあります。そして右端のは巻いたものを輪状にかたちづくってあります。どれもシロップたっぷりめでした。ナッツもあまり挟まってないし、上のセットのほうが好みだったかな。
シロップ少なめが好きな場合は、持ってみて軽い感じのものを選ぶとよいと思います。

トルコ食材店で買った方はシロップたっぷりで、日本人にはどうかな~、という大甘でしたが(疲れていた私はベンチに座って何個も食べてしまいましたが)、この丸い容器の方は甘さも丁度良くナッツもたっぷりで本当においしいものでした。

円筒形のブルーマが好きでそればかり買ったのだけれど、こんなにおいしいのだったらこのセットを何個も買うのだったわ。賞味期限は何ヶ月も先だったし。・・・でも日本の湿度ではそれほど日持ちしないかな( 冷蔵庫に入れると結露してしまって味が落ちるのでおすすめできません)。
日本にも直送してくれるお店もあるみたいなので、冬になったら買ってしまおうかなー。


850g入り。GRESAMというのは輸入商社の名前ではないかしら?
エジプト産の豆にもこのロゴがついてました。

●2007ウィーン旅程へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« びわびわびわ | トップ | 2007ウィーン:とても広いシ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中東のお菓子 (miriyun)
2007-08-09 00:35:03
こんにちは、先日は当方にコメントいただきありがとうございました。
 こちらは食材と手作りの食品がたくさん飛び出してきて驚きました。中東のお菓子の愛好者がおられて嬉しいです。おいしくてくせになりますよね。シリアからレバノン・トルコと西に進むほど蜜が濃くなり、トルコはこれでもかというくらいに蜜がかけてあるように思います。
 実は私もシリア型のさらっと軽いのが好きです。
国によって違ったとは (●miriyumさま~Fujika)
2007-08-09 13:37:45
こんにちは!見に来て下さいましてありがとうございます。
シリアレバノントルコの順に蜜が濃くなる、という話は初めて知りました。重要な情報ですね。私も蜜少なめが好きなので買うならやっぱりシリア産がいいでしょうか。教えて頂くまではレバノンのお店にしようかな、と考えていたのでした(実際買うかどうかはともかく)。
中東のお菓子情報がありましたらぜひまたアップして下さいね。今後ともよろしくお願いします。
Unknown (オカモ)
2008-09-29 21:09:35
はじめまして。
横浜に住んでいるオカモと申します。
ヨルダンに出かけていた姉から、もらったお菓子を検索していて、こちらにたどり着きました。詳しく書かれていて、よくわかりました。ありがとうございました。
ヨルダン (●オカモさま~Fujika)
2008-09-30 13:27:10
初めまして!コメント残して下さいましてありがとうございます。
ヨルダンのお菓子はどうでしたか?
このシリアのものとほとんど同じでしょうか。
レバノンのもの(よかったらこちらを見て下さいねhttp://blog.goo.ne.jp/fujika_0000/e/5a8e4167f7ed25012302b12e35b3556f)は、シリアとはまた違って面白いな、と思いました。
アラブ菓子は、日本ではまず買えないので残念です。
もしかしたらシリアかも? (オカモ)
2008-10-01 23:11:42
姉はヨルダンで買ったと言っていましたが....Fujikaさんの写真のお菓子と瓜二つです。シリアのものかもしれませんね。今度、なにげに追求してみます^_^;
レバノンのお菓子、拝見しました。とってもかわいいです。お取り寄せできるなんて、実にすばらしいです!私、お料理下手なんですけれど、ジャム作りに憧れていて、またお邪魔しますね。今後ともよろしくお願いします。
アラブ菓子恋し (●オカモさま~Fujika)
2008-10-02 16:47:05
いまオカモさんのブログ拝見してきました!
ほんとにそっくりですね。
ヨルダンとシリアは似たタイプなのかもしれませんね。ナッツのコクが、癖になりますよね~。
記事を見直して、また食べたくなってきました。

こちらは田舎なのでなかなか外食の機会がありません。オカモさんのブログ、東京に出るときの参考にさせて頂きますね。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿

■アラブ菓子・中近東食材」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL