hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

軽さが目立つ、ツィプラス、ポロシェンコ、オランドといった要人達!

2015-06-30 12:58:14 | 日記
 指導力もなく、統率力にも欠け、逃げ道を探すだけ?

 EUから出る条件にギリシャの首脳も国民も、その場凌ぎの対応だけを繰り返し国内の景気や苦境から抜け出すような努力を一切いない。 表面的に一生懸命の振りをする、どこかの国の用心と同じです。

 EUから見放されたら、次はロシア、その次は中国? 誰かが救いの手を差し伸ばしてくれる? 国を治める能力に欠け国民を説得も出来ず、悪いのはEU?

 これでは、子供のお遊びです。 自国が立ち直るのに何が必要か? 何が欠けているのか? 

 デフォルトしても、国民はEUから抜けるという選択をしないと見据えて、ユーロを使用出来なる事態にはならないという浅はかな思い込みです。 国民投票の結果は見えています。 EUから見れば問題は、その後です。 ギリシャの国民がEUからの厳しい条件に何処まで耐えられるか?

 公務員や年金受給者がEUに留まりたければ、国民生活は困窮するのです。 誰かが助けてくれるという時代では、ありません。 EUに留まりたい。 豊かな生活は続けたいでは通りません。

 国民投票で、この窮地を乗り切れるなんて考えるとしたら、ツィプラスは幼稚過ぎます。 EUの側も、ここで弱みを見せれば、EUの衰退、崩壊に繋がるのです。 

 ギリシャという小国だけの範囲の破綻で治め、それ以外の加盟国に警鐘を鳴らすチャンスとすることです。

 後は、ギリシャが、これに懲りて自ら襟を正し、経済的にも政治的にも変わる以外にありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギリシャ国民選挙の結果は見えている?

2015-06-29 23:58:41 | 日記
ギリシャ国民がEUに留まる事を望んでいるのだから結果は必然です。

では何故、国民選挙を実施するのか?
ギリシャ政府の幼稚な時間稼ぎと、救済の継続しかありません。

EUに留まるという選択をするだけで、EUが要求する緊縮策を、どう受け入れるかというような具体的な案がある訳でも無く、緊縮策の負担の皺寄せを国民が背負うという覚悟も無い。

結局、EUにとってもギリシャにとっても何も改善が見られない一時凌ぎに過ぎません。

この際、EUの体質を改善し、ギリシャのような状態でズルズルとEUに頼るだけで、何の努力もしない国が許されないと示すべきです。

EUの首脳たちが、ギリシャの国民投票での結果に逃げ道を求めるような選択をすれば、いずれEUは崩壊するに違いありません。
EUの存在意義と目的を見失うことなく、保身に走らなければ、厳しい対応をするはずです。

ギリシャの首脳も国民もEUの差し出す条件を受け入れると何が待っていて、どれだけの苦難を強いられるかを知るべきです。

ただ、EUに留まれれば、何とかなる。 自分達は最低の努力で誰かが救ってくれるなんて甘ったれた考えを捨てることがギリシャ人に出来るでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々、孤独になる私!

2015-06-29 14:47:22 | 日記
 孤独が好きな私には快い日々である。 人は、そんな私を変わり者と言うらしい。 私にとっては、どうでも良い。

 人は皆、死ぬ時は独りである。 稀に、人を道ずれに死のうとする愚かな人間が存在するが、だからと言って死後の道が同じであるなんて独り善がりに過ぎません。 単に、モガキ、苦しみ煩悩の中で彷徨っているに過ぎないのです。

 人間にとって本当の自由は、全ての束縛からの解放です。 生きるという事にさえ拘らなければ、こんな幸せはありません。 ただ単に生きて、この世の様を楽しみ、自然を愛しんで心豊かに生きている。

 こんな素晴らしい生はありません! 欲も無く、人に対する思いも自然の儘が良い。 己からも解放されるのです。

 全てが、人が勝手に作り上げた煩悩です。 この煩悩から解き放たれる時、人は自分を悟るのです。 その時、人間の存在の意義と価値が理解出来ます。

 存在、そのものを支配するのは、自分であるという悟りです。 人間は、他の何者にも支配される為に在るのではないと知ります。

 存在の中心は自分であり、宇宙さえも支配していると知るのです。 支配される存在には、本当の自由はありません。

 孤独こそ、その原点です。 何を恐れることもなく、何に縛られることもない。 それこそ、自由であり、孤独です。

 そんな私には、死なんて無に等しい価値です。 大いに自由を楽しみましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギリシャを切る、EUの決断!

2015-06-29 00:12:07 | 日記
ギリシャの、引き延ばし作戦を拒否し、切り捨てるという決断。

これ以上、引き延ばしに応じたりすれば、ズルズルと繰り返し、挙げ句に債権放棄を強いられそう!

ここで、厳しく対応しなければ、他の加盟国にも示しが付かない。
ある意味、イタリアやスペインへの見せ締めとしても譲れないという処か?

人口1100万人ほどの小国であるギリシャなら、EUから脱退しても、大きな影響は無く、EU内の動揺も少ない。

仮に、デフォルトを選択するならギリシャは旧通貨に戻るしかないでしょう! 苦難を強いられるのは限られたギリシャ国民だけ。

外部への波及さえ無ければ、世界にも影響は少なく、EU内の規律や戒めにもなる。

後は、ギリシャが、どう出るか?
政府も国民も試練の時を迎えます。
果たして、何処まで体制を建て直せるか?
甘えと横着を悔い改めるまで試練は続くことでしょうね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワールドカップサッカー女子!

2015-06-28 23:43:56 | 日記
ゾーンに恵まれた日本が何とか勝ち残ったが、果たして実力は、どれ程か?
得点力も低く、パス回しでボールを確保して後は、守り一辺倒!

この次はイングランドが相手です。
これまでの戦法で通用するか疑問ですが、もし勝ち上がっても決勝戦はドイツかアメリカ?

結局、この戦い方は変わらないから、守り守って一点差で勝ち切ろうという戦いでしょう。
前回は、それが通用したけど繰り返し、この戦法で行けるのか?

フランスやドイツ、アメリカが相手では、実力的には敵わない。
派手な勝ち方の出来ない日本ですから、止むを得ないでしょう!

何と言っても後、2戦です。 折角、恵まれたメンバーですから、頑張るしかないですね!

それにしても、日本女子チームには美女が少ないですね!
ゴルフや他のスポーツには、美形が増えているのに何故でしょう!

オランダやドイツ、アメリカにも美人は多いです。 サッカー女子にも、その内、集まることと期待します。

先ずは、イングランド戦! 強いと感じられる試合が見たいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

70年、首相談話!

2015-06-28 02:58:06 | 日記
果たして、どんな談話になろのか?大いに興味深く見ていますが、如何に馬鹿な安倍でも、こんな時期に強気なままでの談話は発信出来ないだろう!

強きが過ぎれば、アメリカからも批判されそうだし、安保法制を国会で審議している最中だから、強きばかりでは、全てが上手く行くはずがないと考えるのが普通である。

ただ、国内の右寄り連中からは、相当な批判を買いそうである。
お調子者の安倍が、どう乗り切るかが見ものだ。

靖国にも参拝出来ない。談話にも強きが許されない。これでは、過去の日本のままに流れるしかない。
出来ない言い訳をどうするか?極めて興味が注がれる。

私の予想だが、虚勢を張る安倍が面子を保つには、最後は、安保法制案を強行採決しての退陣!こんなところだろう。

この辺りが、足りない知恵の限界では!

果たして、私の予想が当たるか外れるか?お楽しみ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懲りないギリシャ!

2015-06-28 01:00:46 | 日記
変われないギリシャは、丸で駄々っ子のようである。駄々を捏ねていれば、EUが何とかしてくれる。
EUはギリシャを切り捨てたり出来ないと高を括っている印象です。

今回を乗り切れれば、ギリシャの経済情勢が好転するというならEUも我慢出来ますが更に、次なる救済が待っていて、これではEU内に示しが付かない状況です。

ただ、次なる救済のままに、繋ぎの融資を選択するしかないでしょう!

いつか、ギリシャを切り捨てた時の受け皿が出来上がるまでの辛抱です。
已む無く、軟着陸の道を見出だすには、ギリシャとの間に妥協点を見つけたい。
それには、ギリシャがEU側を納得させる素振りが必要です。

ギリシャの国内での、国民選挙や一時的な時間稼ぎでは、EUは納得させられません。
ギリシャ国民が変われない以上、最終的な決着はないと言う事だけは知っておくべきです。

AIIBが設立され、逃げ道になってくれない限り、EUにも妥協の道はないでしょう!
その後は、ギリシャやイタリア、スペインと言ったババを掴む、ババの掴み合いになります。

全ては、それぞれの国が懲りない限り、この繰り返しですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有頂天、自民、政府の奢り!

2015-06-27 00:09:23 | 日記
安保法制も、沖縄辺野古移設でも、政府は強行採決を最初から決め込んでいます。

国会の審議も沖縄県民に対しても、形だけの対応で聞く耳など、端から有りません。

多数と言う数の論理で押し通すのも民主主義と考える。 極端な一面だけを都合良く解釈する御都合主義という奴です。

奢れる者、久しからず!と言う先人の教えから何も学べていない日本人!
日本ばかりでは、ありません。 ギリシャに手をやくヨーロッパも似たような指導者ばかりです。

懲りない日本人! 懲りないアメリカ! 懲りないEU!

結局、ギリシャの債務は、いつか放棄させられるでしょう!
この慣習が通用してしまえば、正直者が馬鹿をみるという機関が確立されます。

日本における数の論理で全てが決まってしまうなら、何処までも政治が変わることはありません。
日本国民が、この社会を選択したのです。
果たして、自民の思い通りに事が進むのか?

周囲を見る限り、この流れが変わる気配はありません。
日米安保があったから日米が、ここまで発展した?
果たして、そうでしょうか? 安保が無かったら、日本はどうなっていたと言うのか?

アメリカが、居てくれなかったら中国が日本を占領していた?
本当ですか?
こんな時代に、島国日本を占領する!
中国が、そこまで愚かとは思えません。

イギリスが連邦国家として、世界を股に掛けて支配する姿から、日本人や中国人が何を学ぶか?

現状では、何も学べていない日本人と、大いに学習する中国があります。
ゴリ押しや、横暴からは何の成果も得られないと知るべきです。
目先の楽を求める選択では、国民の心は掴めないと思い知る時が来るでしょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の経営者、外国人労働者=安い労働という感覚!

2015-06-25 21:43:37 | 日記
表面的には、外国人研修生とかの名目で、派遣社員や期間労働者として安く使うことしか頭に無かった日本人の経営者達!
ブラジルやインドネシアの外国人労働者は既に、日本に見切りをつけて多くの人達は帰国した。

今では、東南アジアのベトナムやカンボジアの研修生に取って代わった実情だ。
安く使われただけの使い捨て状態と認識すれば、外国人達も日本企業に留まる魅力は無い。

日本人の経営者には、日本人労働者でさえも牛、馬と同じ扱いである。
増して、外国人労働者を人間として扱うはずがないのだ。

経営者の自由の範囲だから、誰も悪いとは言わないし言えません。
こう言った外国人労働者、表面切って日本の悪口は言わない。

だが、本音を聞いてみると、これが資本主義社会とは言え、エゲツない日本の経営者達と感じて帰国している。

民主主義国家となった今でさえ、このエゲツ無さである。満州国や大陸で韓国人やアジア諸国の人達を、どんな扱いで使いこなして来たことか!
容易に推測出来ます!
少なくとも日本のように、労働者を大切に考えない国は無いでしょう!

こうして、日本の未来には絶望視する現場の外国人研修生達!
彼らも、表面的には、日本を必要以上に批難したりはしません。

自分が関わった組織や団体です。 気持ちとして、悪く言うのは気が引けるものです。
それが通常の人間心理と言うものでしょう!

世界の人達の心から日々、遠ざかっていく日本です。 エゲツないだけで、親しみをもって信頼される日本にはなっていないのが実情ですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の中心は、ヨーロッパ、アメリカからBRICsの時代へ!

2015-06-25 11:26:13 | 日記
 政治や軍事より先ず、経済という時代になって約100年が過ぎました。アメリカが、いくら足掻いてみても、この流れを変えることは出来ないでしょう! イギリスが今も尚、世界に影響力を残しているのは、キリスト教や王室の威厳という虚構を巧みに利用し、人心を捉えている結果です。 

 それではアメリカに、そのような技量が備わっているかと言えば、答えはノーです。 軍事力を背景に、経済でも力任せに自国の都合をゴリ押しする。 これでは人の心は掴めません。 即ち、経済、軍事の力を落とせば当然、権威も影響力も減退するのです。

 昔とは違うんです! 今では、大戦時のフランスが化学兵器の提供で如何に、アクドく振る舞ったか? 表面のドイツナチスの残虐さよりも大きく報道される時代です。 アメリカや欧州連合が如何に、ロシアを悪者にして甘い汁を吸おうとしているかも一目瞭然の時代です。

 中国やロシアが窮地に陥っているかに見せ掛けるのも一時的で浅はかな悪足掻きでしかありません。 EUのギリシャ問題も、その場凌ぎで、乗り切ろうと必死ですが、このままではギリシャの横着は益々増長します。 EU側は、いつかギリシャの多額な債権の放棄を強いられるでしょう!

 そして、この債権放棄はイタリアやスペインにも波及します。 借りたけど返せません! 無いものは払えませんが国際間で通用する時代になってしまいます。 ギリシャが益々、増える債務を自力で返済出来る時が来るとは思えないからです。

 かつて、窮地に陥って債務免除で乗り切った国もありましたが、そこには特殊な事情がありました。 ところがギリシャは違います。 何の努力らしい努力もせず、自分達の生活だけを守る為に駄々を捏ねる子供の状態です。

 世界は、このEUの行方と米中の関係の推移で大きく動こうとしています。 

 言えることは、経済が最も大きな影響を及ぼす時代になることは間違いありません。 日本が先を見誤ることがないように望むのですが、自民や安倍では覚束無いと感じます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加