hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

逮捕された3少年!

2015-02-28 01:30:17 | 日記
何処まで全貌が明かされるか?
三人共に否認しているとか?

段々と人間が図太くなっていますね。
国会でも、安倍の答弁や対応を見ているとツクヅク人間の質の悪さが目に付きます。

メディアやテレビの所為もあるでしょうが、弁護士の質が堕ちている所為もあります。

多分、この少年達の弁護士も犯行を認めてはいけないと言うアドバイスをするでしょうし、親も、認めるようすは見せません。

昔も悪は沢山居ましたが、潔い連中も多かったです。この事件で抵抗して見ても多分、通用するとは思えません。

潔く罪を認めて情状酌量を得る事を考えた方が得策でしょう。
否認を続けても、ほとんどブラスにはならないはずです。

三人以外の少年が、どう関係してたかにも関心が集まっています。

こんな少年さえ救えない日本です。
国の為とか国民を守るとか、偉そうに言える資格など誰にもありませんね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イスラム国の文化遺産破壊!

2015-02-28 00:30:29 | 日記
他の宗教や文化を全面否定するという考え方には賛成しかねますが、偶像破壊したくなるイスラム国の気分も解る気がします。

歴史や文化にも嘘や欺きが沢山あるし、捏造した神話や慣習を利用して悪巧みする支配者が多く存在するのは、私としても許し難い現状です。

ただ、真実、事実に基づいた貴重な遺産も沢山あるのも事実です。

客観的に冷静に、判断するなら、歴史として肯定されている部分の半分は必ずしも真実とは言い難く多少は、手が加えられてネジ曲げられて存在しています。

例えば進化論なんかは、全面的に正しいとは言えない矛盾が多く含まれています。

文化や宗教の中にも、疑問を感じる部分は多いです。 例えば、多重人格とか、性同一症候群とか、完全に網羅されているかと言えば疑問です。

原発などの安全性についても、知らされている情報には表面に出ていない危険な面も沢山あるように思います。

裁判の判決や役所の決め事にも矛盾やコジツケが多いです。

イスラム国で言えば、現代社会に対して感じる矛盾や不満に対して真剣に向かいあうなら、彼らの現在の対応しか選択肢が無いようにも思います。

寧ろ、アメリカや欧州の横暴やゴリ押しに対して不満を強く感じます。

地球上に残された歴史や文化が、皆さんの言われるほどに価値があるかどうかは疑問です。間違いや偽りの歴史も多いでしょう!

絶滅が止むを得ないものも多くあります。。自然淘汰されて然るべきものもあります。
何でも存在するから価値があるのか?

絶滅するのが人間となる時期が来るかも知れません。自然の摂理なら、それも致し方無いでしょう!

世界遺産とかを過大視させるのは、ユネスコの策略ではないですか?
国家単位で考えていけば良いことで、ユネスコが余計な、お節介をしていませんか?

何を大切に思うかは、国によっても人によっても価値は違うはずです。

イスラム国の場合でも、価値観の違いとも言えます。 ただ、自分達の価値観以外を全面的に否定すれば、当然として争いが起きます。

互いに違いを認め合う事が大切でしょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捏造された歴史もある!

2015-02-27 08:08:09 | 日記
数ある歴史的な遺物の中には果たして、どれだけの価値があるのかと疑問を感じるものも多いと思いいます。

全てが真実であるのか検証され、実証された事実なのか? 残された遺物や書物が尊重されるのも否定はしませんが現実には、その裏に悪意が潜んでいるようなケースも多いと感じます。

そこには、宗教的なものや、各国にある神話のようなものにさえ悪意を感じることも多いです。

こういう意見に否定的な人も多いですが、否定的な人に限って、十分な検証や学習をしていません。 単に受け入れて肯定する方が苦労も無く、努力も必要ないからです。

宗教で、象徴的な存在や偶像を神仏化して崇拝するケースも、この典型です。逆に、この傾向を嫌う方向の宗教も存在するように、何が本当なのかを極めることは大変に難しいことです。
長い歴史を通じて、こう言った紛らわしい事象を悪用し、自らの保身に利用された事も沢山ありました。
科学と同じで絶えず、歴史も検証や実証が必要です。 国を治める為には、色々な策略が必要な時もあるでしょうが嘘は、いずれ明かされるものです。

日本のように何でも貴重で大切にという妄想が、拡がり過ぎている国も沢山あります。
真に大切なものが何なのか? 真摯に向かい合うには大変な努力が必要です。

先ず、そういう努力を惜しまず、努力する覚悟があるかが重要ですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万引きを強いられるより、死を選んだ上村君!

2015-02-26 13:24:36 | 日記
 こういう少年を何故、救えなかったのか? 間違いを犯さないという教えも大切ですが、殺されない道も教えて上げないといけませんね! 昔から、こういう犯罪の仲間は沢山、居ました。

 警察も、この存在を承知していたに違いありません。 少なくなったとは言え、まだまだ根深く潜んでいる虐めやリンチを目論む連中です。 殺されるかも知れないと解っていて抜けることも、避けることも出来なかった上村君は、さぞ残念だったことでしょう!

 本当は、こういう少年が大切なのです。 こういう少年を救えない日本で、イスラムの人質になった国民を救うなんて烏滸がましいであよう! 母親だけでは限界があります。 学校も民生委員も居たでしょう!

 全力を尽くしても無理でしたなんて口では何とでも言えます。 この事件の全容も果たして、どこまで明かされるでしょうか? こういう悪い連中の親ほど、子を庇うものです。 過去の事件でも、少年であることを理由にして、闇に埋もれた事件が沢山ありました。

 報道では、8人と言われるグループですが公に知らされることはないでしょう! テロの相手よりも酷い連中です。 イスラム国には、間違っていても彼らには、大義がありますが、テロを許すとは言いません。 

 私は、こいつ等を許すことは出来ません。 昔にも悪は居ました。 昔の悪なら、ここまで耐えた弱小者を讃えるのがグループの頭だったケースが多かった。 ところが一部にイスラム国を真似たとも言われる残虐なリンチしか頭に無かった愚か者達でしょう! 

 世間もメディアも、こいつ等を許してはいけません。 完全な解明を期待したいが、日本の警察に出来るでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

70年談話は、どんな内容になるか?

2015-02-26 08:00:36 | 日記
戦後、幾度も繰り返された戦争の事実の捏造!
そこには戦犯遺族とか、右翼思想とか様々な思惑が含まれています。

靖国の合祀にも、内閣の要人達の参拝にも、そう言った思いが重なっている事は皆、承知の上での空事です。

果たして安倍の談話が、どんな表現になるのか?有識者と持ち上げられた愚か者達が、何を選択するのでしょう!

基本的には、村山談話を引き継ぐと言うが、安倍の本心は、右よりです。 ところが、能天気で阿呆な日本国民は騙せても、世界が、あの戦争に蓋をすることはありません。

私、個人で言えば決して偏った見方はしません。過ちを改めたむるに臆することなかれ!
過ちは過ちです。真面目に正面から受け止めて、心から詫びると言うことが出来ていないから、近隣から色々と言われるのです。

愚かな有識者が再び、戦争を正当化したり、美化するようなことの無いように注目します。

いつの時代にも愚かな勢力は存在します。
真実、事実は認めるしかありません。
責任があると言いながら、責任の取り方を知らない御仁が多い現在です。
結果、世界からの日本の評価を落とす形にならないような談話が何なのか?
有識者と言われる力量を見せて欲しいものです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何故、日本人がここまで堕ちたのか?

2015-02-25 11:05:51 | 日記
 人間だからと言って何を恐れるのか? 死、病気、それとも貧困? 

 そういう恐れを抱かせて人心を脅やかし支配する体制を築き上げるのが権力者や支配者の思惑であろう!
その策に翻弄され、右往左往する国民達! 何が幸せかも自覚できず、ひたすら縋り付く庶民達!

 人間とは、そういう弱い者! 哀れな者と言い聞かされ、鵜呑みにして踊らされ、振り回される愚かな集団に過ぎないのでしょうか?

 何の事はありません。 そう思い込み、自分を慰め、納得させるのが、最も楽な道だからである。 その選択が優れていると思い込ませて下々を操る権力者達! それが自由だ、民主主義だと言い聞かせる。

 国民も、そうだそうだと納得する。 そうして虚しい人生を終えて行く。 それで、まあ幸せな人生だったと自己満足?

 偽り、欺きの繰り返しに陶酔して自己満足出来る人は幸せな方? 疑問を感じ、自分に目覚めた者は逆に、悲惨な死を遂げて行く。 イスラム国に向かう人は正に、それではないでしょうか?

 欧米の民主主義など、偽善者の最たるものに見えます。 人間が人間として真摯に人の道を考えたら、とても彼らの様には振舞えません。 あなたは、如何ですか? 今の世界は昔より素晴らしいですか? 

 まして、真摯に自分に向かい合えてもいないのではありませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

己の支配力こそ重要!

2015-02-25 07:54:28 | 日記
人は皆、物、金、己の欲に自分を見失います。
愚かであれば、ある程に自分を支配する力を失います。

人の上に立つ者は、出来得る限り自分を支配する力を失ってはいけないのです。

自分を見失うなとは、自分の欲を抑える事ではありません。
自分の進むべき道を見誤らず、自分を支配する能力を失わない事が重要です。
往々にして、自分の欲を押し通す事を自分の意思を貫く事と勘違いしてしまいそうですが、この違いは、結果として大きな差異をもたらすものです。

愚かであればある程、自分を見失うものです。 如何に大人になっても見極めの付かない人間は多いのです。
政治の世界には平均的に、この勘違いが大きいです。
逆に言えば、私利私欲に対する拘りが強いから、権力や地位にも執着出来るのでしょう!

本来は、支配される者や弱い立場にある者ほど、この見極めが大切なのですが世の中、うまく行きません。
物や金、私利私欲に執着する者の方が高い地位に就いてしまいます。

欲の無い者には地位も不要ですから当然かも知れませんが、世界にとっては不幸です。

議員と言う立場が仕事として高い報酬の職業化したのも、その辺りから来たのでしょう!

本来は、昔のように名誉職として、充分に務まるものです。
昔に戻るようなことは難しいし、権益に拘る者達には捨てられない既得権でしょう!

志しある者が、立ち上がるしかありませんが、今の日本人では極めて難しいですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変わらない世界、日本、人間?

2015-02-24 10:51:43 | 日記
 中学1年生殺人! 悪の仲間のリンチ殺人であろう! 頻度は違うけど昔から良くある事件である。
苛め、差別、暴力と、ほとんど変わらない世界である。 変わらないのは結局、人間ということだろうか?

 民主主義だ、人権だ、自由だ、平等だと言うことは素晴らしくても全体の流れとしては変わっていないというのが現状であろう!
ある意味、それが人間だからといって、安易に受け入れてしまう人間に問題があるのではないだろうか?

 私から見ればアメリカなんて世界の暴力団である! 真に民主主義を目指すなら、アメリカの横暴を許すはずがない。 暴力団がイスラムをテロという名に置き換えて世界を誘導するなら日本で山口組が愚連隊を非難しているのと同じであろう!

 今では、愚連隊という名の集団は影を潜めたが暴走族や他の組織に名を変えて埋もれている。 そういう生き残りが中学生や高校生を組織の裏に埋もれさせてる。 この事件の裏に、根の深さを感じます。

 日本人、外国の現状を上から目線で、日本は周辺の国とは違うと唱えていますが実情は似たり寄ったりでしょう! 政治も、経済も似たり寄ったりです。 ずる賢く人心を欺いて巧みに儲ける経済人が勝ち! 血が着いていようと、糞塗れでも金は金という奴です。

 イスラムで起きることも、アジアで起きていることも全て、人間の愚かさから生じています。 世界に繰り広げられる悲惨で残虐な争いは決して無くなることなないのでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紙幣の印刷に麻痺する世界の指導者達!

2015-02-24 06:45:19 | 日記
新しい連合体を構築しては、新たに紙幣を印刷し、その場を凌ぐと言う対応を景気対策と妄想する世界の首脳達!

このまます進めば最後は、世界のバブルが崩壊するまで続くしか、ありません。
金融麻薬という大変、危険な病状ですが、最悪の症状が出るまでに相当な時間が係ります。

数字そのものは、無限ですから、この妄想を安全と思い込んでいる間は大丈夫です。しかし、何処までも信用の問題です。
世界の一部でバブルが起きても世界全体が壊れる訳では無いから今までは、波乱も一時的な出来事として解決されて来ました。

この事は、世界で蔓延するゼロ金利政策と大きく関連しています。
ゼロ金利が永遠に続くとは思えないし、世界の信頼関係も全てが順調に続くとも思えません。

この2つの不安がある限り、いつかは崩壊するのがバブルです。
私が心配するのが、このどちらかの破綻による世界的な混乱の時です。

起きると認識し、起きた時の対策まで準備していれば何とか、乗り切れるでしょう!
しかし、自分達の麻薬状態に世界の指導者達が自覚出来ているとは思えません。

そこで最も弱い人達が巻き込まれて苦難を強いられるのが私の憂いです!
私は承知していますから驚きませんが、少なくとも皆さんも覚悟をしておいた方が宜しいですよ!

2つの不安とは、信頼関係の崩壊とゼロ金利政策の終焉です!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウクライナの政変の裏にある欧米の恐怖!

2015-02-22 20:52:30 | 日記
あのクーデターは、欧米の思惑で引き起こされた政変劇だったのです。

その背景に何があったのか? アメリカと欧州連合が中国とロシア、インドの結束に脅威を感じ始めウクライナを初め、アジアや日韓を巻き込んでロシア、中国包囲網を構築するという作戦を仕組んだ為のクーデターだったのです。
アメリカは、いつも裏から手を回して悪巧みします。後から問題が表面化すると必ず、問題をすり替えたり責任を転化させて正当化し、軍事力で脅迫して抑え込むのです。
能無しの西欧諸国の首脳達は抵抗も口出しさえ出来ずアメリカに従うばかりです。

現在では如何にも、悪いのはポロシェンコを潰そうとするロシアであるような風土を造り上げていますが、全くのアメリカの陰謀です。

西欧やアメリカが繰り返して来た悪業の結果が、イラクであり、イスラム国なのです。

人間を欺き、惑わせ、混乱や戦争を引き起こして、エコを剥き出しにし、世界に君臨しようとする悪巧みに翻弄されているのが世界の現実です。

人間の性と言って、それだけで済まされては、余りにも愚かではありませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加