hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

イスラム国を生み出したのは誰なのか?

2015-01-31 02:49:13 | 日記
今、朝ナマで野次馬どもが、色々と好きな事を言っていますが、長い歴史を振り返って検証もしないでイスラム国だけが悪いなんて幼稚過ぎませんか?

イギリスを初め、フランス、スペイン、最近ではアメリカがアジア、中東、アフリカ、中南米で何をしてきたのか?

中東の国々の中に過去の統治体制に対して反感を抱き、自国の確立を目指して何が悪いのか?

方法論や、やり方には問題はあるが、昨今の中東の実情を見れば、イスラム国くらい強行でなければ不可能です。

少なくともアメリカの横暴に口も出せない国々の首脳達に、イスラムをトヤカク言う資格はありません。

ナチスドイツの暴走の時にも賢明な指導者が居れば、あそこまでの惨状は起きなかったはずです。

過去にはユダヤ人を虐げ、今はイスラムを悪者扱いして追い詰めているに過ぎないでしょう!

目先だけを見て、誰が悪いと非難するだけでは本当の平和は来ないですよ! 過去の全てを省みる必要があるのです。

日本のように、過去を偽って正当化していては、信頼は得られません。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日本人の混同!馬鹿正直は正直か?

2015-01-31 00:17:48 | 日記
日本には、馬鹿正直とか糞真面目、狡賢いというような紛らわしい言葉が沢山あります。

皆さんは、馬鹿正直って正直?糞真面目は真面目?狡賢いは賢い?

どう思いますか?
こういう微妙な表現に惑わされていませんか?

狡賢いも賢いの内だから大して悪い事ではないような印象を持っていませんか?
増して馬鹿正直なんて、とても素晴らしい事のように考えている人も多いのです。

日本には、過ぎ足るは及ばざるが如し!という言い伝えも有りますよね!

正に、その通りです。
正直が過ぎているのが馬鹿正直であり、真面目が過ぎているのが糞真面目です。

狡賢いは賢いのではなく狡いんですよ!
最近はグレーとかファジーとか洋語まで使って曖昧さを増しています。

人を丸め込み、安易に操る為の言語の乱用です。

他人だけでなく、自分さえ惑わしている御仁も沢山居るようです。

もう少し、自分を厳しく客観視出来るようになりたいものですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遥かに日本の上を行く、イスラム国!

2015-01-30 23:28:24 | 日記
全力を尽くすと言いながら、何も出来ない、何もする気の無い日本と違って巧みなイスラム国ですね!

イスラム国の現在の試みは、今回は挫折するかも知れませんが、アメリカの言うように一旦、壊滅出来ても何度もイスラム国は産まれ変わるでしょう!

世界の統治機構が大きく変わる時が来ているのです。イスラムは長い間、虐げられ、大きな犠牲わ強いられて来た欧米支配からの脱却を目指してのイスラム国です。

現状から脱却しようとすれば、これくらい乱暴でなければ出来ません。

世界に散らばったイスラム教徒たちは、戦後の日本人と同じで、自分達の身の安全の為に、イスラム国に対して批判的になっていますが、敵と戦う勇気と覚悟を無くしたに過ぎません。

イスラム国が、日本に対してアメリカに原爆を投下されてアメリカの言いなりにしか成れなくなった骨無しと言っていますが、その通りなのです。

ナチスドイツが暴走した時も、暴走を止める勇気が無かった為に世界は莫大な犠牲を払ったのです。

今でこそ、イスラム国はナチスを凌ぐ悪者のように言われますが、世界の統治機構を変える、絶好のチャンスです。

ところが世界は、あの時のように、反対の方向を向いています。その中心に居るのがアメリカ、フランス、イギリスです。
今までの統治体制の中心で味占めた連中です。

当然のように、既得の権益を守ろうとしています!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人類の新しい門出が来る時?

2015-01-30 11:11:09 | 日記
地球上で過去に起きた様々な混乱!戦争、略奪、殺戮。

この根底に有るものは、人間の欲である。 欲望を満たす為の手段としての侵略や戦争であったことは明白でしょう。

奴隷の時代から現代に至るまで、何処がどう変わったというのか?
形は変わっても支配する者とされる者。 搾取する者とされる者。

如何に誤魔化し方が巧みになっても基本的には同じ図式です。

はっきり言って、世界で何千年と弱い者の労力と犠牲の上に君臨し下々を丸めこんで好き勝手に振る舞って来たのは、少数の特権階級です。

それも主に、白人中心と言えるでしょう。アジアや中東に作り上げた植民地支配は、その典型でした。

しかし、こういった過去の柵から転換する時期が来ています。少なくとも、その兆しが見えて来たのです。

今直ぐ、実現するかどうかは不明ですが、現代人が賢明であるかどうかに懸かっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨルダンの思惑とイスラム国のズレ!

2015-01-29 23:54:08 | 日記
ヨルダンの立場は理解出来なくはないが、このズレには誰もが無理があると気になります。

後藤氏より前にパイロットを殺すと言われて取敢えず、死刑囚を釈放する用意があると言わざるを得なかった。という場当たりの対応をしただけだ。

という事は、イスラム国の言う、時間稼ぎをしたに過ぎないから、イスラム国には人質を殺す名聞は立つ事になる。
完全に主導権をイスラム国に握られた印象です。

日本政府も交渉下手だけどヨルダン政府やヨルダン国王も、外交面、内政面共に優れているとは言えませんね!

日本国内でも口だけで全力をと言いながら実際には、他力本願で何もしていません。アメリカにも気を使い、人質家族にも口先の気配りだけ!

拉致問題の対応と全く同じで仮に、人質が殺されれば、悪いのはイスラム国で片付けるつもりでしょう。

全力で努力なんて経験したことが無いから解らないんです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皆さん、死って怖いですか?

2015-01-29 19:46:08 | 日記
テレビでも平然と死の恐怖とか言っていますが、私は理解に苦しみます。

だいたい死を知っていますか? 知りもしないで怖いというのは、愚かでしかありませんよ!

特に宗教心の薄い日本人には強い傾向です。上から下まで恐怖を植え付けて、自分達の都合良く使い分けていませんか?

だから日本では冠婚葬祭に必要以上に金を掛けたり、医者に脅されで過剰治療や薬依存が増えるのです。

その上にメディアが視聴率稼ぎに話題にするから知識の無い人達は一層、迷走するばかりです。

今回の名大生の妄想殺人からの犯罪でも、過去の犯罪からの連鎖です。

昔は、悪零がつくとか狐に憑かれるとか、本当か嘘か解らないことを信じた人多かったと思います。

信じるかどうかは、それぞれですが私は、悪零の存在もあり得ると思っています。
宇宙人と同じで、答えが出ていない事は、完全否定は出来ません。

ただ、自分に籠りがちな人は、妄想に嵌まりやすく、死な対する好奇心や不安から知らず知らずに自己誘導してしまうケースが多いようにも思います。

異常に過剰な意識を持ち過ぎないことです。
中には、そういう選択をする人間も存在するということです。

何を選択するかは自由です。巻き込まれる人は、運が悪いか、愚かのどちらかです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欧米の過去の中東、アジア支配がもたらしたもの!

2015-01-29 08:09:43 | 日記
憎しみの連鎖の結末がイスラム国の誕生では、ありませんか?

賢明な人間なら気付くはずですし気付かなければなりません。

アメリカも過去の戦争を詫びる時が来ています。
戦争が無ければ繁栄が保てない国から脱却する時が来ています。

欧米は、中東。アジア、アフリカ、中南米と世界で繰り広げた権力争いや侵略行為で、長年に渡って多くの国々や国民を苦しめて来たのです。

イスラムに対しても、イスラエルに対しても真摯に反省すべきです。
過去の過ちは、過ちとして正すべき時が来ているのです。
日本も同じです。
いつまでも過去の悪事を正当化する為に四苦八苦していては、過ちを繰り返すばかりです。

過ちを正すに臆すること無かれ!
これこそ最大の勇気です。日本も心から過去を詫び世界から認められる国家になるように努力すると宣言し実行する時が来ていると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イスラム国とヨルダンの差!

2015-01-29 01:18:26 | 日記
巧妙なイスラム国の戦略に振り回されるヨルダン。後藤氏を殺す前にヨルダンを殺すと言われ已む無く、死刑囚を釈放する用意があると言わされた。

イスラム国が何故、ヨルダンの事情を考えて、後藤氏と死刑囚の交換を言い出したのか?理解していないのだろうか?

ヨルダンが自国のパイロットの釈放を優先させなくてはならないという立場を利用して追い詰める作戦だ。

ヨルダンも日本もアメリカの意向も無視出来ない事情もある。イスラム国とヨルダンとの間にズレがある対応なのは、そのあたりの事情なのだ。

最終的には多分、イスラム国の作戦勝ちという事になりそうです。

果たして、この状態で後藤氏の救出は出来るのか? どちらにしても、大きな代償を払うことになりそうです。安倍の言う、テロには屈せずなんて詭弁という結末です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今度は、名大生!

2015-01-27 23:19:54 | 日記
またまた、怪奇殺人です! 前にも女子高校生が母親と祖母を殺害した事件がありましたが、少し動機は違うようです。

前の女子高校は、虐待に近い祖母や母親の厳しさからの犯罪でしたが今回は、殺して見たかったという動機らしい。

ところが、動機については犯罪を犯した本人でさえ自分で十分に自覚出来てないことも多い。

ただ、こういう犯罪の犯人が極めて優秀である場合が多いという。何故、学業が優秀な人が、こういう心理状態に陥るのか?

ここが怪奇の所以である!

昔は、零に取り付かれるとか、悪魔が取り付いたと言うような見方がされた事も多くありましたが、最近では殆ど言われません。

しかし、私は今でも悪零の存在もあり得ると感じています。
自分に籠りがちな十代の若者が陥る自己陶酔です。

極めて優秀な人達です。目覚めたなら立ち直る機会は与えるべきと考えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ、イギリスのISIS表示への拘り!

2015-01-27 23:01:36 | 日記
イスラム国への異常な反応の現れである。

そんな表現をしてもしなくても人間は、それほど馬鹿ではない。

自分達の過剰な意識反応だと解らないのだろうか?
弱い者ほど良く吠えるという部類の足掻きでしかありません。

もっと堂々と渡り合えないのか? テロには屈しないと言えば言うほどテロに振り回され、怯えているとしか見えません。

リビアでもイスラム国のテロ事件が発生しました。仮にイスラム国を壊滅させてもイスラムの怒りがおさまる事はないでしょう!

イスラムに立ち向かう愚かな欧米の国々! 全て、自業自得です。

1千年以上に渡って、苦しめて来た、必然の報いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加