hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

御岳山の行方?

2014-09-30 10:18:06 | 日記
 再び火山性微動が大きくなっているという御岳山! これから、どうなるのでしょうか? 西ノ島の噴火でも見られるように、日本近海では地下マグマのエネルギーが増大しています。

 一度、水蒸気爆発して噴火した火山が、溶岩流の流出を伴う規模の大きな噴火に発展するケースも多いのです。 専門家と言われる連中は今のところ溶岩噴火に発展する確率は少ないと予測していますが果たして、そうでしょうか?

 あれだけの水蒸気を噴出して地下の水は相当に吹き出たはずです。 ところが思ったほど、陥没部分が見られません。 と言う事は、地下に出来た空洞部分にはマグマが上昇して来ている可能性があります。

 マグマの絶対量の問題です。 大きな火山の跡を見ると、阿蘇山のようにクレーターの跡が見られます。 多分、阿蘇山の場合は相当なマグマが噴出したのでしょう!

 御岳山の下にあるマグマの勢いが、どれくらいの大きさかは現状では誰にも見えません。 言えることは、火山性微動が再び増してきたという事実だけです。

 つまり、未だ溜ったエネルギーが蓄積されているという事でしょう! 溶岩流を伴う噴火の危険性は大いに在ると言うべきです。 原発の事故の場合も言えるように、最悪を予測して備えるべきです。

 火山性微動が完全に治まって、数年過ぎても安心は出来ません。 なのに現在は微動は増していると言うではありませんか?

 その段階で、これ以上、大きな噴火の危険性が少ないと言う予測は如何にも愚かです。 恐怖心を与え過ぎる心配と、大きな被害が出る心配! 日本では一般に、前者を憂慮してきた傾向です。

 その結果が、原発事故です。 解り易く言えば、そんな危険性を考えていては商売にならないと言うのでしょう。 慎重に考え過ぎるのは現代の社会では好まれないのが現実です。

 しかし、事実は事実として、明確に示すべきです。 西ノ島のように一層、活発化する可能性も強いのです。 地元の産業や観光事業者には残酷ですが、暫くは経済活動は控えるべきです。

 安易に期待を持たせてはいけません。 国民の安全を守るためです。 起きた時は、起きた時で考えれば良いなんて考えが原発事故を生んだのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またババを掴まされた住友商事!

2014-09-30 00:05:18 | 日記
 アメリカが言う石油に換わるシェールガスの開発である。 原発と同じで、大きなリスクを伴う新エネルギー! どこまで原油に取って換わる資源なのか?

 住友の体質か? ババを掴まされる頻度が高い企業である。 バブルの頃にも不動産投資や証券投資でも大きな損失を出していた。

 日本の大企業では、こういう失敗や企業への損失でも、役員や経営陣が、それほど大きな責任や負担を背負わされることは少ない。 精々、降格か左遷くらいである。

 世界でサブプライムの債券をファンド化して多くの金融機関や投資家がババを掴んだ時にも損失を与えた機関もソン出を出した企業も責任の追及を殆どしませんでした。

 こういう事件に直接、拘わった当事者が、それほど大きな責任を負わないのは何故だろう? 携わる担当者は殆どが単なる雇われ人で、扱う資金や資本は株主のもの。 損害を与えても直接、痛みを感じる人が居ないに等しいからだ。

 今回の住友の特別損失は1700国円とか? 数字だけは大きいが、投資に失敗した止むを得ない損失という内部処理で終始する。 1社だけの問題だから、証券市場も東証も大きく取り上げることはない。

 果たして、止むを得ないで済まされる問題だろうか? アメリカで度々、起きる似たような問題! これからも続くに違いないであろう問題である。

 金融や、資本の世界では、表面には出ないだけで、こういう問題には悪巧みが隠れていることも多い。住友は単に騙されたのか?

 アメリカは承知の上で、仕組んで来る。 金融や投資の世界では日常である。

 世界に戦争をばら撒いて潤い、世界にリスクを押し付けて、アメリカやアメリカ資本が甘い汁を吸い取るのである。 これもアメリカの言う自由な金儲け?

 巧みな搾取の手立てである。 民主主義で言う公平や平等とは程遠い、現実です。

 フェアーに競争して利益を上げる事の出来る社会が望ましいと考える私には耐え難い邪道です。 人間の苦労と努力が正当に評価され、相応しい対価が支払われる社会が理想です!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何処まで続く、アメリカの在庫整理戦争!

2014-09-29 08:26:37 | 日記
 あれこれと理由や屁理屈を並べていますが、アメリカの引き起こす揉め事は、自国の軍需産業に溜る武器や弾薬の在庫整理の一つに過ぎません。

 原子爆弾の威力を試す為に日本に原爆を投下し、中東やアジアでは科学兵器の威力を試し、イラクでは爆撃機のテンポイント攻撃の正確さを試す。 

 莫大な軍事予算が生み出す需要と供給には、労働力と製品の消費を必要とします。 それには絶えず最も大きな市場としての戦争を欠く事は出来ません。 理由や原因なんて何でも良いのです。

 時と場合によっては後で、取って付ければ良いのです。 そこから生まれる憎しみの連鎖も奴らにとっては、絶好の市場です。 挙句の果てに国の内外でテロに怯え世界に恐怖の渦を撒き散らそうと奴らには、何処吹く風です。

 世界で占めるアメリカの威力が現在のように大きい間は、続くでしょう! しかし、中国やインドのように5倍、10倍の人口で巨大な市場が生まれて来れば、いずれアメリカの比重は下がります。

 遠い将来には、アメリカの現在の愚業が省みられる時が来るに違いありません。 ヒットラーの大きな過ちに気付いてから未だ、間もないのです。

 アメリカの愚業と何処が違うのでしょう。 ユダヤ嫌いだけがヒトラーを追い詰めた訳ではありません。 アメリカの異常な国家運営のあり方に問題があります。

 戦争が無ければ成立たない大国が有ってはならないのです。 小さな国なら世界に現在のような混乱を撒き散らしません。 アメリカの自由や繁栄は、外国の犠牲の上に成立っているのです。

 民主主義が目指したものは、一国や一部のエゴではないはずです。 

 アメリカの民主主義は単に、エゴイズムに過ぎません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

逸ノ城、惜しくも負けました!

2014-09-28 00:33:32 | 日記
 逸ノ城の引きやハタキを云々するなら、白鵬には両回しを取り合って、ガップリ四つで相撲を取って欲しかった。確かに相撲の上手さで勝負するのも仕方ないでしょう!

 しかし、それなら引き技やハタキを云々しては、不公平です。 逸ノ城には上手マワシは取らせず、最後は自分が上手を取っての上手投げでした。

 明日、鶴竜に勝ってもらって、もう一度二人の闘いが見てみたいです。 白鵬に敬意を払って、変わる様な相撲は取らなかったけど、優勝決定戦になったら、変わって、はたいて勝って欲しいですね!

 フアンの興味を高揚させるなら、決定戦が最高です。 興行なんですから盛り上げて下さい! いずれかの段階で、力は逆転します。 早ければ、1,2年先ですね!

 今でも、ガップリ四つなら勝負は分かりません。 相手が上手を取らせないように色々手を打つから、逸ノ城も変化したり引いたりするのです。 これも勝負の内です。

 過去に大した成績でもなく、八百長時代の横綱だった連中がトヤカク言う事ではありません。 その内、解りますよ! 逸ノ城の本当の実力が!

 野球で言えば、大谷君です! 実績を残してしまえば人にトヤカク言わせずに通せます。 逸ノ城、頑張れ!! 目にもの見せてやれ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御岳山が噴火!

2014-09-28 00:07:43 | 日記
 噴火による災害にも程度がありますが、マグマまで噴出していない様子で、火砕流だけで終わりそうです。 稀に、激化してマグマまで噴出することも無いとは言えません。

 マグマの量も様々で、勢い次第で近辺の住宅地まで流れ出る場合もあります。 正確ではありませんが、御岳山から住宅地までは相当な距離があると、思いましたから最悪でも被害が出る可能性は薄いでしょう!

 最近の日本近辺の地下マグマの動きが活発に成っています。 西ノ島の噴火や桜島の噴火と70年間に経験したことが無い現象です。 東日本の地震も全く無関係とは言えない心境です。

 学者連中は、地震と言うと地表に近い範囲で言えば多分、繋がらないと言うでしょう。 問題は、その下です。 まさかとは思うけど、東海や南海の地震にも繋がって行くのではと危惧します。

 富士山初め、浅間山等しか話題にならなかった中部地域の噴火でしたが、御嶽山は近年、小規模な噴火があっただけで、此処までの噴火は予想していませんでした。

 最悪の事態を予想するなら、大規模な噴火に発展して色々な面に支障が出るようなケースも覚悟が必要です。 風向き次第では、愛知県や静岡県にも影響が出る可能性もあり、富士山の噴火の危険性も増しているのではないでしょうか?

 予想外の噴火で、被害に会った人達も随分、居たようですが何があるか解らないのが自然です。 温暖化が原因かは不明ですが、最近の暴風雨や竜巻も頻度を増しています。

 今後の成り行きに注目が必要です! 富士山は、どうでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再び代わり技で、横綱まで食った逸ノ城!

2014-09-27 00:31:30 | 日記
 誠に快感です! 立会いで突っ掛けて”待った”させ、立った時には体を交わしてはたき込み! 入幕したばかりの力士とは思えません。

 その前の一番で、横綱の白鵬が負けて、逸ノ城と同じ一敗となった直後の取り組みです。 プレッシャーの欠片も感じた様子はありません。

 昨日のブログで、引いて、はたいて、大いに勝ち進んで欲しいと書いた私には痛感です。 先日の大関も、今日の横綱も完全に逸ノ城に飲まれた状態です。 殆どのフアンが予想した通りの結果でしょう!

 急遽、明日の取り組みで、白鵬とぶつかる事になりました。 野次馬としては、盛り上がる取り組みですが、もし白鵬に勝ったなら優勝も有り得ます。

 新入幕での優勝は100年前と言いますから、途轍もない記録です。 余り、面白くも無かった大相撲が人気を取り返しつつあります。 そんな最中にヒーローの誕生です。

 はたき込みや引き技を云々する解説者も出て来るでしょうが、逸ノ城の足元にも及ばない実績では、偉そうな物言いは避けるべきです。 何はともあれ、勝つことが需要です。 大関や横綱で簡単に、はたかれたり、ひっくり返されて情け無いと反省すべきです。

 それくらい、レベルが違います。 ゴルフの韓国、相撲のモンゴルに完敗の日本です。 今の段階では潔く負けを認めましょう。 その上で、彼らに勝てる選手を育てることの方が重要です。

 相撲はオリンピックには無いですが、御託は十分です。 勝負の世界は、堂々と勝つしかありません。 明日、明後日の一番が待ち遠しいですね!

 後2日、勝てば誰にも口出し出来ません。 もし、負けても、いつかは優勝し、横綱になる力士です。 潔く認めましょう!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大相撲の逸ノ城って凄いですね!

2014-09-26 08:04:36 | 日記
 最近、照の富士の強さに注目していましたが、それを大きく上回る逸ノ城!

 将来は、この二人が成長し相撲界を支えるのではと思います。 確か二人ともモンゴルですね! もう日本の相撲界は、モンゴルに乗っ取られましたね!

 日本の未来を予測する様な相撲界です。 色々な意味で、アメリカ、日本の衰退が如実に感じられます。 現状は資金のばら撒きで一時的に回復したような錯覚です。 実体経済は、増税と負担増で墜落寸前の状態です。

 日本人の活躍関取の数が少なく、相撲も柔道も軒先貸して母屋を取られるという現状です。 これも時代の流れですから仕方の無いことでしょう!

 遠い将来には、日本の大企業の大半に海外の資本が入り、日本と言う国はあっても今の相撲界と同じ状態になるのではないでしょうか? 世界中が、これに似た体質の国で溢れそうです。

 世界に起きている独立の流れも、この一つでしょう。 国や人種、民族への拘りが薄くなって、いずれは枠組みさえ薄れていくのが自然の流れでしょうか?

 自然の道理として平準化という現象がありますが、人の世界も遠い未来には、この原理に流されて行きそうです。

 現在、起きている民族、宗教の間の衝突が永遠に続くはずがありません。 それとも、世界の破滅が先に来る? 数字と時は無限でも、人間とか物は有限です。

 今、生きる者としては、現実に魅力ある素材に注目して自分の人生を楽しむしか仕方ありません。 大相撲は一時、八百長や薬物問題で詰まらない興業化していましたが、逸ノ城のような大きな相撲と取る関取が出てくれば大変面白いスポーツです。

 相撲界では、引き技を罪悪のように言う人が沢山居ますが相撲の技として、はたき込みや引き落としと言ってあるのですから体力の在る力士は大いに、はたいて引いて勝って下さい。

 突いて押すしか脳の無い連中では、本当に強い力士は生まれません。 世界で活躍する選手は皆、愚かなコーチを乗り越えて頂点に立っています。

 両刀使いが通用しないと決めて掛かるプロ野球の解説者と同じで、自分の能力で測れない選手は育てられません。  頑張れ、逸ノ城、照ノ富士!! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカの軍需産業と戦争!

2014-09-26 00:05:25 | 日記
 色々と口実を着けて、戦争を繰り返すアメリカの軍需産業事情とは? 相手がゲリラであろうと、テロであろうと戦争です。

 この100年ほどの間に、アメリカが繰り返した戦争を振り返って見て下さい。 アメリカ政府には、定期的に軍需産業から圧力が掛かって来ます。 大きな予算で成立つ産業ですから流れは止めれません。

 絶えず、一定の武器や弾薬が製造され、使い道が無ければ在庫が溜るばかりです。 この流れを一度、味わうと止める事が出来なくなります。 世界中に有り得ることなのですが、巨大に成りすぎたアメリカでは、この関連で飯を食う人が沢山居る訳です。

 表面的には取って付けた理由や原因を元に戦争を正当化しますが、コジツケやゴリ押しに過ぎないのです。 知ってか知らずか、自国にも同じような事情があるからか関係国からは大きな反対の動きが出て来ません。

 今は、敵はテロだと言いますが元々、遺恨の種を撒き散らしたのは、イギリスやアメリカです。 喧嘩、両成敗と言いますが、いつも良いのはアメリカで悪者は相手国!そんな事が有り得ますか?

 原爆の威力を試す為に、広島、長崎に原爆を投下して、あれは戦争を終結させる為に止むを得ずした行為であると正当化。

 全てが、戦争で飯食う者の数と規模の大きさから来ています。 戦争が無ければ成立たない国家のシステムから起きている戦いです。 イスラエルとパレスチナ、イスラムとアメリカの戦いの背景には、こういった事情があるのです。

 そろそろ、人類は過ちに気付くべきです! 薬物が問題になっていますが、薬物も医者や薬品業者には大変、儲かる商売です。 ですから撲滅する気もないし、出来ません。 

 金が儲かれば何でもすると言う傾向が続く間は、戦争も薬物も必要悪として、この世界から無くなる事はありません!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカの民主主義って?

2014-09-25 00:24:13 | 日記
 アメリカに付いての報道では、自由だ、民主主義だと盛んに言いますが、私にはエゴイズムにしか見えません。 日本に於いても言えますが、突き詰めるところは自国の利益や満足だけ! 個人としても同様です。

 このエゴイズムを、あれこれと正当化したりゴリ押ししているに過ぎません。 その正当化を認めさせる為に、軍事力や経済力を駆使していると言うのが現実です。

 その無理強いや、強制に口出し一つ出来ない世界の国々の首脳達です。 シリア空爆に付いては、ヨーロッパは参加せず、当事国や中東の近隣国と形だけの協力体制を取っています。

 特にイラクの攻撃以来、テロを相手の戦いという口実での軍事介入に他なりません。 明らかに内政干渉ですが何故か、アメリカだけは許されます。

 アメリカや日本の言う自由って何でしょう? 自分の満足の為なら何をしても構わない。 相手の立場や事情などに配慮したりする必要は無い。 お互いにという発想が全く無いのが自由の権利と言うのでしょうか?

 民主主義には有り得ないエゴイズムではありませんか? 国民の大多数が自由や平和を享受出来てこその民主主義です。 国の一部だけが満足出来るだけの社会は民主主義とは言いません。

 国内でさえ不平等なのに増して外国に対してなど、考えにも及びません。 寧ろ、外国は自国の餌食と成って食い潰せば良いというような考えです。

 全く傍若無人の振る舞いです。 国連や数々の国際機関もアメリカの道具に様変わりした状態です。 政治や社会に対する発想が誠に貧しいアメリカ、日本です。

 人類が目指した民主主義は、何処へ行ってしまったのでしょう??

 多くの人類の命を犠牲にしても、何も学べない人類の哀れさです!!

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国民投票法のあり方?

2014-09-24 00:12:44 | 日記
 次に、スペインで独立に対する国民投票が催される。 スペインという国では、公式に認められていない投票が実施されても法的には根拠は無い。

 だからと言って無駄かと言えば、途轍もなく大きな価値の在る選挙である。 国家や権力者側には、大きな脅威となり得る民衆の意思表示としての影響が大きいからである。

 日本では目先、即座に拘束力も無い選挙をする価値が無いような印象を持っている一般の国民が多いようであるが、この傾向は権力者側が造り上げた風潮である。

 代議員制だからと言って、選んだ議員が絶えず正しい選択をするとは限らない。 議員の間違った選択に対して全く無力で何も出来ないのが最善なんて有り得ません。

 そういう時の為には、国民が異議を唱えたり申し出たりする機会は必要です。 日本では、憲法に関する問題以外には国民投票が認められていません。

 この事は、政治家が都合の良い時だけ認めるという御都合主義の表れです。日本には、似たような都合の良い解釈のネジ曲げが沢山あります。 秘密保護法案や、個人情報保護法案でも、強い立場に在る者が有利に権利が守られると言う矛盾が大きいのです。

 本来は、一定の基準を設けて、必要に応じて国民投票が可能な国のあり方が理想です。 国家予算の中身や、公益法人の実態についても、必要であれば検証可能なシステムです。

 こういう監視体制が確立されていない日本だから、年金の積立金が消えて行き、予算の使われ方も水脹れ状態になるのです。 

 国民投票法は、そういう意味では監視体制の一つと考えるべきです。 その体勢やシステムが整わない日本が民主主義として成熟した国であるはずがありません。

 国のあり方を、もう一度考えるべきですが何故か、自国のことになると、日本国民は無関心で、無能です!

 そんな状態でありながら、日本は素晴らしい民主主義国家と思い込まされて能天気にハシャイでいます。 腐敗と退廃に塗れて朽ち果てて行くのが日本の定めでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加