hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

サッカーW杯、次はブラジル対コロンビア!

2014-06-30 01:01:19 | 日記
 コロンビアのロドリゲス選手は素晴らしい。 本当は、決勝戦で見たかったカードです。 日本チームとの関係から、コロンビアに注目してきましたが、その中でもロドリゲスは素晴らしい。

 その上に、ゴール手前で、キーパーの逆を突くパスを通して決めるシュートが素晴らしい。 今日の相手チーム、ウルグァイなんて人口が数百万人の国家です。それでも PK戦に持ち込むところまで頑張りました。

 ブラジルはチリ相手に苦戦しました。 勢いではコロンビアですが、開催地ブラジルも威信を掛けた一戦になるでしょう! ベスト8には勿体無い試合ですが、組み合わせの関係で仕方がないですね!

 後は、何処が勝ち上がってくるのやら? フランスとドイツも勝ち上がればブツカリます。 このどちらかがブラジルとコロンビアの大戦の勝者と戦って、決勝に進みます。

 予想では、こちらの組み合わせの勝者が、最終的にはW杯を手にする気がします。

 それにしても、コロンビアのロドリゲス選手のサッカーを日本選手も見習うべきです。 そこにパスを送れるチームの力も違いです。彼にチャンスを与えるチーム力の違いです。

 それに応えるロドリゲスの技術も大したものです。 日本チームに比べたら、数段上の力です。 この状態のレベルで、淡い期待を掛ける日本のサポーターも力不足です。

 4年先が見ものです。 その前にオリンピックがありますが、とても間に合わない日本の現状です。 その後のW杯! そうした後に、東京オリンピックです。

 それくらいには間に合わせる計画で取り組めば、何とかなりそうですが、自己満足と自慰的なコメントで納得していては、日本チームは変われません!!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

金美齢の人間の品位!

2014-06-29 08:30:28 | 日記
 メディアが何故、金美齢などを使うのか? 私には理解出来ませんが、この人物、自分の女性としての魅力の無さが、大きなコンプレックスになっていて本音を隠して他の女性に異常に反応します。

 今日も、フジテレビで都議会議員の塩村さんについても、丸で根性が捻じ曲がった発言です。 出てくる言葉の裏には、女の僻みが隠れていて真に見苦しい限りです。

 如何にも、下村議員に対して野次られても当然と言いたげですが、回り回った誹謗です。 こういう人物を持ち上げる、フジテレビの体質にも問題があります。 このテレビ局は、国内では体制派の代表です。 絶えず権力側の後押しを電波を使って応援しているのです。

 日本人は、巧みに本音や本心を隠します。 彼女は元々、日本人ではないのですが、極めて日本人化した台湾人です。 個人的には、台湾に帰って欲しい人物です。

 こういう腹の黒い人物の腹の内を見抜かないといけません。 慎太郎や、自民党にも多いです。 一般庶民を見下しての上から目線が酷いです。 腹を見抜ける人から見れば、軽くて浅はかな人物です。

 都議会議員と同じレベルの人間なのです。 そういう人間ほど、足りない部分を覆い隠す為に取繕うものです。 金美齢など、劣等感の塊なのです。 その足りない女の魅力を補う為の言動です。

 自分を自覚し、きちんと認識すると可愛げが出るものです。 変に足掻くから益々、醜く映ります。 現実と事実を見失って、妄想に彷徨う姿です。

 この醜さが、理解出来ない哀れさです! 益々、醜い金美齢という現状ですね!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消費者物価の上昇!

2014-06-28 00:10:51 | 日記
 消費税増税分を除いて1.4%の上昇! ガソリン、生鮮食料品などを加えれば多分、3%以上の上昇と推測出来ます。 消費税分も含めれば年率で5%以上でしょう!

 この内、原油関係の製品や便乗による上昇も多いと思います。 色々な要素がある、とは言え年金受給者や、生活保護受給者は、支給金額の減少分が1.0%ほどありますから、実質6~7%の収入減と負担増ということです。

 今後、この収入が増える期待は出来ませんから、これ以上の物価上昇や負担増は、丸々消費者に掛かって来ます。 復興増税も続きますから、消費が増え続けるなんて有り得ません。

 この状態で10年続けば、庶民の不満は増大し続けることは間違いありません。 どこまで、能天気に仕方が無いで過ぎて行けるか?

 ギリシャ、スペイン、イタリアのような政情不安になり兼ねません。 これで、阿呆の安倍の言うように、財政問題や社会保障の問題が解決する訳ではないのです。

 改善させる為には、尚一層の負担増、支給減を続けるしかありません。 それは、景気が少々回復しても、法人税や国の収入が増える訳ではないからです。 

 年金の積立金の増加も、株式市場の好転による効果が大きいので、株式が上がり続ける必要があります。 昔のバブルよ、もう一度と期待しているのでしょうか?

 次に、世界の株式市場が下降する時期には、どうするつもりなのでしょう? 現在の市場の好転は、世界の国々や金融機構の紙幣や債権の発行による部分が大きいのです。 経済や、消費が拡大した訳ではなく、世界の政情不安は、増大しています。

 この不安が、金融不安に直結すると再び、世界の経済も縮小します。 今後においては、東アジアや中国が受け皿になってバネの役割をしてくれなければ、衝撃は途轍もなく大きいでしょう!

 アメリカや日本には、中国を追い詰めようとするような動きがありますが、アジア、中国のバブルが弾けて大きな影響が出るのは日本、アメリカにも大きいのです。

 中国の力が強くなり過ぎるのも恐怖です。 中国に破綻が来ても困ります。

 このジレンマが、アメリカ、日本を悩ませます。 道を誤れば、自国に掛かってくるのです。 何が最善かが理解出来ない、日本政府です! 一層、庶民を苦しめる結果に成ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サッカージャパンの評価!

2014-06-27 00:01:20 | 日記
 この4年間の練習試合の成績は、大きく勝ち越していたとか? ボクシングの亀田と同じで、弱い選手や、弱いチームとばかりの練習試合?

 基本的に相手チ-ムは、半分以上は自チームより強い相手を選ぶべきです。 既に、強い相手チームが居ない場合は別です。

 今回のチームでは、10人のギリシャチームにも及ばないレベルでした。 口々に成長していた。 大半の関係者も選手達も、良くやった! と口を揃えますが、本田君や、長友君は違いました。

 皆、前進した、進歩したと思いたいのは解りますが、それでは強くなれません。 こんな結果で、間違っていなかったとか良くやったと言うのは、何処までも外野です。

 当の選手や、関係者から出るべき言葉ではありません。 勝負事は、全て結果です。 本田君の言うように先ず、自分達の実力の評価が間違っていたと1から見直す必要がある。 というのが正しい検証でしょう!

 物事の価値評価は的確でなければなりません。 贔屓目に見すぎても、卑下して見ても駄目なのです。 選手の中で多くの選手が、それ程に悔しいと感じているか? と言えば、それ程ではないと言うのが現実でしょう!

 色々な面で、日本人選手だけで優勝出来るレベルまで行くのは、容易ではありません。 海外選手で日本に帰化して選手に加わってくれた前回が良い例です。

 体格面でも、体力面でも、劣る部分の多い日本人です。 それでも女子は、優勝しました。 優勝とまでは行かないまでも、もう少し増しなチームは可能でしょう!

 工夫と努力次第です!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気になる、サッカー選手や関係者の戦後のコメント?

2014-06-26 07:20:15 | 日記
 大半の選手や関係者のコメントを聞いていて、ゴルフの石川遼君が頭に浮かびました。 こう言うコメントを口にする人、即ち自分を納得させたり、自分の過去が間違っていなかったと自分を慰めるようなコメントの選手は、4年先にも変われませんし、勝てる選手にはなれません。

 本田選手や、長友選手のように悔しさで言葉に出来ないのが当然です。 次なる期待ばかりを抱かせて、4年先なんて口にする人間は結果、同じことの繰り返しです。

 つまり、今の自分から大きな飛躍を引き出せません。 本当に勝つためには何をしなければいけないのかを、もう一度考え直しますとか、その為に自分が相応しいか考えます。

 これくらい、厳しく自分を評価できる選手しか、大きな成長は期待出来ません。 遼君を御覧なさい! 過去を引き摺って、ほとんど活躍が期待できない立ち位置です。 現実の、今の自分を評価出来ていません。

 サッカー界の周囲にも似たようなコメントの人物が沢山居ます。 丸でフアンかサポーターのコメントです。 過去にも、一流の活躍が出来なかった中途半端な経験者に多いです。

 世界で一流に活躍する、マー君やダル君は、自分にとても厳しいです。 イチロー君も同じです。 スキージャンプの沙羅ちゃんも同じです。 遼君のように、自分の中だけで自分を慰めるようなコメントはありません。

 水泳の北島君を御覧なさい! 4年先にも結果を出しました。 自分を見つめ直して次も勝てる努力をしたのです。

 出来なかった、駄目だった場合の検証です。 スポーツ界だけではありません。 政治や経済、科学の社会でも同じです。 当事者は、良く頑張ったでは駄目なんです。 負けて直ぐ、4年先に期待せよ!なんて言葉が直ぐに出る、選手も関係者も成長は出来ません。

 フアン、サポーターのコメントです。 本人や、関係当事者は結果を厳しく受け止める自覚と認識が必要です。 かつて、その後に中田英寿が引退しました。 4年先まで期待してなんて言えなかったのでしょう!!

 ここにも口先だけの日本の風情が如実です。 飛躍出来るだけの素材が無いという日本の現状でしょう! 本田や長友のような選手が後5人は必要です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村社会日本の典型、都議会!

2014-06-26 00:28:43 | 日記
 場当たりの処理で有耶無耶に済ませ丸く治めて、お手打ちと言う古い村社会の体質です。 これが日本の民主主義なのです。

 この対応の不味さが将来に大きな汚点として残っていくと言うことの認識の無さが、日本の悲劇の始まりです。 見せ掛けでは問題を解決したかのようですが、古い体質を、そのままに曖昧に事勿れ主義で過ぎて行く。

 世界は、こういう日本を、どう判断するか? 一方で、サッカー観戦のゴミ処理と言う行儀の良さを見せながら、もう一方で大事な問題は有耶無耶で済ませる日本の体質?

 サッカーの試合の結果はと言えば、空元気と甘い判断で自己評価した結果、散々の結果でも、良く頑張ったと高く評価する? 世界の価値判断とは大きく掛け離れた日本です。

 日本の常識は、世界の非常識というヤツです。 都議会でも自民だけでなく、大袈裟に騒ぎたくない議員達! 全く、潔くない日本です。

 何事も、屁理屈で言い分を押し通す日本の手法です。 沖縄の基地の問題も、尖閣や竹島、北方と言った領土問題も同じ手法です。

 こういう日本だから、相撲協会の問題も、薬物の問題も表面だけの取繕いで、その場凌ぎ! 時が過ぎれば忘れる民族です。 都議会の、この体質も変わることはないでしょう!

 この体質は、議会から法曹界、医療界、教育界、全てに蔓延する日本の風潮です。

 国の隅々まで、この流れを安易に受け入れて”仕方が無い!”の一言で過ぎて行くのが日本です。 こんな日本を自ら高く評価する日本人! これでは日本の未来に光は当たりません。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

W杯、敗戦後のインタビュー?

2014-06-25 12:22:11 | 日記
 特に、本田選手へのインタビューは酷かった! 何度も、クドイほどに対戦に付いての問いかけをするインタビュアーに最後は、嫌気がさしたのか? もう勘弁願いますと言って画面から消えた本田選手です。

 痛手を負った兵隊の傷口に塩を振り掛けるような声掛けをしてのインタビュー! インタビュアーの資質の問題です。 本田選手は、日本チームの得点の2点で、ワンゴール、ワンアシストと、十分な働きでした。

 チームは実力不足で予選敗退しましたが幾度も、この試合の感想とか、4年間の反省とか聞かれても言える言葉は同じでしょう! 

 只でさえ、チームの不甲斐無さに堪えられない様子の本田選手です。 痛手を負った選手達とは言え他の選手には、無神経なコメントをしている選手も多い中、責任感の強い本田選手にクドクドと感想を言わせるのは、可哀そうでしょう!

 メディア界では、こういう常識の教育が、成っていないのが気になります。 これは日本から無くならない虐めの体質の延長です。 聞かれたくない話題もあります。 配慮して最低の範囲にすべきです。

 スポーツの世界だけでなく、事件や国会議員達のインタビューでもレベルの低いインタビューは多いです。 その上に、慎太郎や自民党の重鎮のような力の強い連中には、必要な問いかけは控えます。

 今回の都議会議員の問題でも、自民党は一人の議員だけで後は、無かった事として済ませると言う都議会全体の質の問題です。

 都民のレベルの問題でもあります。 こういう都議会議員を安易に受け入れて容認する。 掛け声や体裁だけは一人前。 都議会も都民も情けない存在です!

 世界にも、こういった情報が隅々まで伝わる時代です。 有耶無耶で、穏便に済ましてしまうのが日本の体質だろうと言われます。 都合良く幕を引きたい自民党や都議会銀です。

  情けない話ですね! インタビュアーのレベルが低いのも当然かも!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人の品性と本性!

2014-06-25 00:47:43 | 日記
 見せ掛けだけを取繕い、本性や本音を隠して辻褄合わせをする。 国民も容易に受け入れるだけと言う日本人が永年、積み上げた国家像である。

 この5年ほどの間に随分と本性を露にして来た日本です。 世界の先進国は、そういう日本人を見極めて来ましたから調子良く日本に合わせて対応してくれています。

 国民を上手く操る術には長けている日本です。 一部に見習う点もあります。 しかし、戦後の一時期程には高い評価をしていません。

 明らかに庶民を人間扱いしていない奴隷時代の延長線上にある日本です。 そんな国家の在り方を、諸手で喜ぶ国民性は異端です。 目指した民主主義の国家像とは違う歪んだ姿の日本です。

 こういう姿に、不信も矛盾も感じない国民のレベルには問題が在るのですが、当事者の日本国民には、そんな自覚も認識もありません。

 多くの人間が人間として、心身ともに豊かな生活が営める、本当の意味での民主主義国家とは大きく異なった国家像です。 日本では隅々まで、個人の思想も思考もありません。

 あるべき人間の姿が無いのです。 無い事にも気付けません。 一人一人は、考えて自分の思想を持っているつもりになっています。 特に戦後の教育は、個人に考えたり省みたりする習慣は無い方が良いという教育でした。

 お上は只管、従順で働く事だけで満足する国民の製造に熱心でした。 後は適当な施しとガス抜きで日々、明け暮れて人生を終えるのが幸せと思い込ませる教育です。

 あらゆる面に、働き蜂の員数だけを増やすのが国の政策の中心でした。 今も尚、政策の基本になっています。 これでは国民に人間としての本当の幸せはありません。

 人生を終える時に、充実感を抱けるか? 虚しさだけを残して終える人生ではないのか?

   これが一番の問題です!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慎太郎、伸晃の生い立ちと品格?

2014-06-24 17:08:47 | 日記
 伸晃が失言して初めて、石原家の本性が問われる結果になりました。 こういう人物や猪瀬のような低俗の人間を知事に担ぎ上げる東京都民の品位も疑わしいと言うのが実情です。

 裕次郎との不仲に付いて余り注目されなかったのは、裕次郎の存在が大き過ぎた所為もあるでしょう! 石原軍団に乗っかって大いに利用し続けた慎太郎。

 コネで掴んだ文学の称号で、築き上げた虚像の肩書きから、国会議員や都知事まで手にして尚、裕次郎への歪んだ感情! 見えない所に低俗な品性が潜んでいるのです。

 本性から歪んでいて、腹の黒さや悪巧みをヒタ隠して生き抜いてきたのです。 しかし、節々に見え隠れする傲慢さや強引さが、何処かで暴露される時が来るとは思っていましたが中々、化けの皮を剥がされずに来た訳です。

 ところが尖閣以来、少なくとも分不相応な言動で、己の首を絞めるような昨今でした。 そして、そういう家から育った伸晃は、慎太郎を反面教師に優等生を見せ掛けてきましたが、持って生まれた品格の無さが、ここに来て露見してしまいました。

 自民党の奢りからか、つい口に出た暴言で墓穴を掘った印象です。 この親にして、この子ありというやつです。

 世襲で2代目、3代目の多い議員という社会には、似たような人物が溢れています。こいつらは、染み付いた狡さや口先だけの嘘で彩った日常です。

 今では、世界から日本人の品性を問われる時代になっています。 何よりも金儲けを優先させ、その為なら形振り構わずゴリ押しする日本人の本性です。

 本来は、人の上に立つ者は、上に行けば行くほど謙虚になるのが人の道であり、人徳を得る道です。 金、金では徳は得られません!! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マー君、2敗目!”さくらさん”7位!

2014-06-23 13:42:14 | 日記
 コンスタントに中4、5日で登板させられるメジャーでは、ずっと勝ち続けるのは難しい。 この前のダルビッシュ君も崩れました。

 この調子で行けば、今年は20勝5敗くらいで終わるのでしょうか? 無理はしない方が良い。 最後は自分である。 後10数年、メジャーで活躍を続けるつもりなら、年間15勝くらいで投げ続けることだ!

 チーム全体が、調子が良くない時に必要以上に頑張ってみても、優勝争いしている時に頑張れなければ、勝ち星の評価は低い。 ダルビッシュ君なんかは、確実に見越して投球の集中力を変えている。

 全米女子では、あの天才少女ミッシュル・ウィーがメジャーでの初優勝! プロに成って19年以上を要した訳だ。 色々、あった彼女だが、良く辛抱出来たと思います。

 遼君も、忘れ掛けられた頃まで頑張り続けられるのだろうか? ミッシェルの場合は、ゴルフスタイルもメンタル面も大きく変わって来た。 外に向けて換わるかどうかである? 遼君の場合は一生懸命変わろうとしているが、自分の中での話である。

 一方、”さくらさん”は尚、進歩していることを証明したかのような今大会でした。

 一番はパットです。 ミッシェルもパットには苦労したようですが、寄せとパッとは飛距離より大切です。 勿論、跳ぶに越したことはありませんが、コースにもよりますがトータルで精度を上げるのが一番でしょう! 飛距離より精度です。

 今年は7位でしたが、来年の出場も決まりました。 来年までに、もう一歩進歩して挑戦する姿が見たいです。 1位に並ばれて挑んだ最終日ですが最後は、引き離しての完勝です。16番のダブルボギーの後の17番。

 このバーディが全てでした。 今年は、ミッシェル・ウィーの為にあったような全米女子オープンでした。 女子の次のメジャーは全英オープンです。 また違う醍醐味の大会です。 全米で活躍した上位選手とアマチュアに期待したいと思います!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加