hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

頭が足りない”みの”

2010-08-31 05:41:47 | 日記
 小学生並みの頭で納得出来ないと叫ぶ”みの”。 政治が機能しない今の民主政治を機能させるには、綺麗、汚いなんて問題ではありません。 違法な部分は司法に任せて、国の体制を創り変える事を優先させるべき時であるのです。
 自民時代や、”みの”自身にも、汚い部分は一杯あって、日本には抜け穴だらけの法律、規則を決めて、都合良く築き上げたシステムがあるのです。 綺麗な政治を語るなら、この社会システムの矛盾を説明してからにして下さい。小泉さんが”公約を守らないなんて大した事ではない”と言った時には何も問題にしなかった”みの”さんが、何故今になって、熱心なんですか?
 ”みの”さんの頭ではとても無理でしょう。 結局、野次馬大将でしかないんだから、こういう輩に頼っているメディア界や、報道社会も問題なんです。
 一般国民が納得する政治なんてロクなものではありません。 増して駄々っ子の子供レベルの頭の”みの”辺りの言う事を聞いていたら、政治は務まりません。
 ところが、報道が、一部の”田原”や、”タカジン”、”タケシ”辺りに国民の世論をかき回す日本の現状が大いに問題であるという事に気付いて、流れを変えて行かなければ、経済も景気も立ち直れませんし、日本が本当の民主主義国家にはなれないんです。
 円高に対しても、景気対策も、未だに金融や日銀の資金に頼った対策で、経済が拡大したり、デフレ傾向が是正されますか? 何度も言いますが、日本の金融システムでは、幾ら市場に資金供給しても、健全にお金が流通しない仕組なんです。 
 政治やメディアも国を愛し、国の未来を考えて、時には後退りも必要ですし、大企業、富裕層に下す英断も必要です。 利益と富の偏りがここまで大きくなっては、どんな対策を練っても機能しません。 こんな幼稚な理屈も理解できないレベルの輩が偉そうに、画像を使って民意誘導を図って、喚いているのがメディア界の現実です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人の世間体

2010-08-30 13:38:25 | 日記
 周りの様子を見回しながら、風見鶏のごとくふら付いている国会議員。 選挙の票が気になるからなら良い方で、自分で決断出来ない、それだけの思想も信念も無い、情け無い烏合の衆ばかり。
 国民が選挙で選んだ議員とは言え、互いに不幸である。 国会議員でさえこの状態では、国民がメディアの思いのままに、手懐けられるのも無理はない。
 円高による景気対策で、またまた金融政策だって! お金の流れが偏る機構のままで、いくら市場にお金が溢れても、必要な箇所には行きません。 
 銀行がユーザーを探して、直接、積極的に融資をしなければ経営が成立たない状況を作らない限り、必要な所にお金は回りません。 貸し渋れば渋るほど儲かる時代に、リスクを負って無理に融資をする銀行は皆無です。
 中身はどうでも良くて、見た目の体裁だけを考えた政策です。景気は良くならないし、消費も増えることはありません。 結局、またお恵み政策を昂じて、一生懸命の振りですか?
 家庭の中は、ハチャ目茶で表に出れば、PTAだ、町内会だ、ボランティアだと世間体ばかりを気にする、奥さん連中と同じレベルの政治ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家内の還暦

2010-08-29 23:11:53 | 日記
 昨日は、子供が家内の還暦を祝って、食事会を催してくれました。 私の時も、祝ってくれた子供に大変感謝です。 今時、古いお祝いなど、どちらでも良いのですが、気持ちが嬉しいですね。 だんだんと年老いて、孫にして上げる事も十分でなくなっていくけど、勘弁して貰わないと年金暮らしでは大変です。
 2人の男の子を、何とか一人前にして、それだけで精一杯でしたが、2人とも正規の採用で人並み程度の給料が頂けている様子なので、これで良かったのでしょうか?
 ただ、このまま日本が維持されていけばの話で、現状では大いに不安です。 2人共に、親には心配掛けないように、頑張ってくれていますが、体には注意して、少し幸せを感じていける人生を送っていってくれれば、申し分在りません。
 人間、何もかも、ほど程が良いのです。 豊かになり過ぎて強欲が優先してしまうより、健康で人並みの努力で、人並みの生活が維持出来る事を幸せと感じて生きてくれれば、何も言うことはありません。
 世間の皆さんも、1人でも多く、それなりに幸せを感じて人生を送って頂くことが、私の望みです。 残り少ない人生を、何か役に立って死んで行きたいと願う、この頃です。
  どうぞ皆さん、お幸せに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菅総理の財界詣で

2010-08-29 12:06:09 | 日記
 資金力の無い菅総理が、着任前に財界に取り入ろうとして、消費税と法人税について、財界、官僚から窘められた結果の行動が総理就任後の動きでした。
 ところが、器の無さが露出した、軽率な言動で墓穴を掘って、選挙を終え代表選挙を向かえて、小沢さんとの戦いではまず、勝てないでしょう。
 財界も、安易に菅総理に着いて行けば得になると判断したのでしょう。 政財界全てが軽薄で、愚かな選択ばかりです。
 政治家の事情では、菅さんにはついて行ってもメリットは少ないのです。 菅さんが就任前に財界に擦り寄った事情も理解できますが、それだけでなく総理としての器では無いというのが明確になっているのです。
 本音は世論など問題ではないのです。 野次馬メディアや議員も同類の輩も多いのですが、世論を上手く利用しようという思惑で動きを決める時代ではなくなっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腐った名古屋市議団

2010-08-29 11:40:08 | 日記
 メディアのお陰で、世論は翻弄され、自ら考える力の無い市民は支離滅裂です。
 国の政治以上に、腐っている地方議会。 全てにエゴを優先させて、正当化しようと必死な形相です。 こんな日本で綺麗にとは言いませんが、容易に将来のためにならないと解っていて、愚かな選択をしているのでしょうか?
 名古屋市議など、その象徴で、強引過ぎる市長と激突状態です。 既得権と特権的恩恵を守る為に必死な市議団と、全くの市民志向で自分の主張を押し通そうとする市長。
 滑稽極まりない状況でも、一般市民はメディアや報道から得られる情報でしか判断できないから、当然振り回されます。 それでも、それも市民の選択ですから致し方ないでしょう。 社会の規律や秩序より、自由だ平等だと権利を尊重してきたツケです。
 国政でさえ、同様の状態ですから、地方は尚更です。 議員でさえ、一般以下の判断しか出来ない政治では、結果は目に見えています。 国民目線だ、国民の意向だというのは、疑似民主主義の偽装です。 指導的な立場に在る者は、自らの思想、志向、判断を優先すべきです。 民衆や大衆は多くの場合に判断を誤るものです。 
 自らの信念、志向に自身が持てない人は、議員を勤めるべきではありません。 従って、世論調査やメディアに翻弄される人やエゴでしか判断出来ない人は議員を辞めるべきです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰砕けか?警視庁。

2010-08-29 02:36:51 | 日記
 相撲界の野球賭博事件の騒ぎも、全てが終わったかのような静かさです。 世間の風潮は、如何にも秋場所は開催されるが当然の様相です。 
 何処まで行っても、掛け声だけは立派で、シッポ切りの村社会は続くのでしょうか?
 国家として、政治も経済も民主主義の本質を失うことなく、成長を遂げて行かなければならない大事な時期にこれでは、国民にも海外にも日本と言う国を信頼しろと言うほうが無理ですね。
 過去の汚い部分を断ち切って、新しく生まれ変わるのが、組織や機構の再生の道なのです。汚い部分を何処まで一掃出来るかに懸っています。 
 警察関係もずっと、癒着が問題視されてきましたが、これでは、警察の組織が相撲協会と同様の体質の儘だという事を、世に晒しただけの茶番と言われても、反論出来ませんね。
 国家の世相が乱れに乱れて、自浄作用も働かず、自ら考え、判断するという力さえ欠如したままでは、成長するはずはありません。
 この状況で誰一人、英断を下す勇気も覚悟も持てない状態なら、政治と金の問題で、多少のすねに傷のある小沢さんにでも期待するしか無いではありませんか? 
 少なくとも、スポーツの世界や若い世代に素晴らしい要素が芽生えようとしています。ところが、この目を摘もうとしているのが今の日本なのです。 過去においても、この村社会日本に絶望して、海外で活躍した貴重な人材が沢山居ます。 
 政治の責任として、もう少しで良いから若者に希望と期待が持てる国の姿を真剣に考えて欲しいのです。 口先で考えています、皆必死です、なんて詭弁はもう要らないのです。
 戦後の高度の教育の中で、この自己擁護の手法や己の惰性の正当化の術ばかりに長けてしまって、自己満足を繰返して来た日本人達よ!
  何処まで日本を駄目にすれば気が済むのか? 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝ナマの野次馬ども

2010-08-28 04:24:46 | 日記
 自分達が、世論を煽っておいて日米同盟賛成概念造り。 アメリカが今、朝鮮半島で何をしようとしているのか? 原爆を落とされるまで気付けない日本だから致し方ない。
 ベトナム、湾岸、イラク、アフガンと戦争が必要な国、アメリカである事に、異論はないでしょう。 日本が必要だから、アメリカにとって都合の良い国だからお付き合いしてくれているだけで、必要なくなれば戦争でも、テロにでも巻き込んで捨てられる日本です。
 朝鮮半島に戦争を仕掛ける、状況作りは十分に出来ています。 損得を考えれば、特にならないから戦争に成っていないだけです。
 ヤクザ側の論で言えば、散々世話になっておきながら、都合が悪くなったら、ヤクザは悪だから切って捨てると言っている、相撲協会と同じ流れです。
 どっちもどっちで、いずれ破綻する、お付き合いでしかないのです。 日本的に言えば、正規に入籍した夫婦ではなく、あくまでもオメカケさんと成金の関係でしかなかったという事です。 民主主義の対等なパートナーとして、お互いの立場を尊重し合う関係を構築出来なかった不幸が、そこにあります。
 大戦の戦勝国と敗戦国の異常な関係から生み出された選択ですが、もっと早い時期に関係を修復しなければいけませんでした。 悲しい事にそう言った政治判断が出来る政治家が皆無であったという事です。
 精々、朝なまの様な世論誘導で、目先を眩ます手法軽度しか、策が無いのが日本です。いつか、お恵み下さいと中国詣でをする時代になっても、それも悪くないじゃないかと、慰めあう日本の姿が浮かびます。 それも日本人の選択です。
 折角、素晴らしい資質を有している日本人の意欲と努力を削いできた、政財界の罪は大きいですね。 正直者が馬鹿を見る、哀れな国家ではいつまでも、栄えるはずがありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

別居の扶養家族の健保

2010-08-27 21:44:50 | 日記
 健保の規定で、同居である場合と別居である場合に異なる条件で、扶養として加入を認めていますが、これがまた、曖昧で、抜け道が一杯あって杜撰です。
 同居である場合も収入には、色々含まれますから130万円(60歳以上は180万円)というのも自己申告ですし、保険者(事業者)側が提出したものを、殆ど素通しです。
 別居の場合は、被扶養者の収入が被保険者の収入の2分の1以下である事と、一定の仕送りを扶養者が受けていなければなりません。 要するに、生計を補助してもらっていなければならない規定ですが、担当の部署によっては、被扶養者の収入以上の仕送りというところが多いようです。 しかし、確認してみると、被扶養者として認めるかどうかを決定する時に限って、仕送りの証明となるものの提示を求めるだけで、以後確認をする事はしないそうです。
 要するに、当初のみ振込み用紙か何かを添付すれば認めてくれると言う事です。
 仕送り額以上の収入があると、生計の主たる構成が扶養に依らないとして、認めないと言うのが窓口の言い分です。主として扶養に頼って生きている形さえ整えば認めるという考えを、社会保障の基準とするのは、明らかに変です。
 その上に、例えば年金を月に10万円受けている人が3万円の仕送りでは、扶養者として認めないというなら、その人は自分で加入しなければならない事になります。 すると、生活保護で生計を立てている人の方が、免除等で優位な生活を営むことになってしまいます。
 扶養の対象を考える基準として、窓口で2分の1を根拠にする事が矛盾な訳です。
 この対応は、抜け穴だらけで、尚且つ、勝手な基準を作り上げて、安易に対処できる慣習を植え付けているに過ぎないのです。 たとえ僅かでも、援助をされていれば扶養されているんです。勝手な基準作りに過ぎません。
 少なくとも、税や保険料を差引いて、生活保護者以下の収入になるような人まで、被扶養者として認めないのは行き過ぎです。 年金も保険も対応が杜撰すぎます。
 結局、上手く立ち回って、形式だけの書面を揃えて保険料逃れをしなさいと言っているようなものです。担当部署の横着が国民の質を悪くしてるんです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メディア規制、報道規制

2010-08-27 12:39:23 | 日記
 テレビ報道の酷さは世界に類を見ないものである。 何かと言えば、自分勝手な自由を謳い文句に騒ぎ立てて、メディアに流す。 
 民主主義には、権利の前に釈迦に対する責任と義務が優先します。 無限の自由や権利は、僅かな個人の範囲に限られます。 勝手な屁理屈で民主主義の概念を穿き違えて、未熟な民主主義の恩恵ばかりを求める、この国の強欲亡者達。
 特に酷いのがメディア界、政界、財界である。 ”みのもんた”のTBSなど、反小沢情報を悪意で流して、世論を誘導する。 その画像から、民意を捏造して報道する。
 何事も程度問題である。 旧自民系の日本テレビ、フジテレビと、民主党にとっては敵が多いから大変である。
 政治を目指す人は、そんな圧力に挫けてはいけません。 司法と行政は別問題です。 政治と金の問題は、司法の中で結論を出して貰えば良い事です。
 法的に悪い事は悪い事です。 国民にとって良い政治であれば、それとは別の問題で良いのです。 民主党には、本当に覚悟を決めて、政権を担って貰いましょう! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小沢の勝ち。民主は割れません。

2010-08-27 07:43:32 | 日記
 ”メディアの野次馬”や、”もんた”には見えない部分があります。 殆ど予想通りの展開で来ました政局でしたが、一つだけ菅さんの思考力の無さと、統率力の無さは予想外でした。
 政治家でいるには、今もお金が要るんです。 菅さんでは、支え切れません。 一時的に、世論に押されて総理になれる事はあっても、小泉さんは特殊な例です。 後の、安倍、福田、麻生も力はありませんでした。
 小沢、菅を比較すれば、資質も資金も小沢の勝ち。 では、結果、党が割れるかと言えば、ほとんど割れません。 それだけの統率力がある議員が居ないのと、資金力も無いのが実情です。 もし、割っても、その側は持ち堪えるのは困難です。
 国政の為に、火の粉を被る覚悟での代表戦出馬です。 それくらいの決断と覚悟があって然るべきです。 ”ハマコー”や”もんた”を担いで、野次馬してるメディアとは違うんです。 世論は結局、素人です。 マスコミに操られる人形です。 世論もマスコミもそれだけの知識や思考能力ですから仕方ありません。 それはそれで良いんです。 
 ただ、政策は中途半端で終わっては、国の為になりません。 総理が誰より、こっちの方が大切です。 財界も、メディア界も、マスコミも都合良く世論を嗾けて誘導してないで、本当に国を想う心を持ちなさいと言いたいのです。
 マスコミ、メデイア界は全員社会的な責任を感じて、薬物の毛髪検査を義務付けて、潔白を証明してから、言いたい事を言って下さい。 怪しくなければ、堂々と実践してください。 私は、個人的に、タケシ、もんた、慎太郎、渡辺恒雄ハマコーあたりは怪しいと想っています。 信念と覚悟があれば、政治家も実践すべきです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加