hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

日本の給与事情!

2016-12-20 14:48:10 | 日記
例えば、保育士が不足していて、保育園が運営出来ず、待機園児が増えている。
結果、どんな対策をするかと言えば、市によっては
手当てを月五万円上げると言って保育士の確保を図る。
奨学金の返済に苦悩する若い人が増えているからと、無返還の奨学金を国が計画して、大学生を援助する形の
奨学金が施されるという!
それも月額で2万、3万、4万とか?果たして、こんな金額で対応は十分か?
保育士の手当てにしても、奨学金に
しても全く、発想はお恵みです。
豊かなものが物乞いに恵んでやるという、場当たりの対策でしかありません。
民主主義国家の社会体制とは程遠い惨憺たる日本の現実!
政治も経済も社会も民主主義とは、とても言えない実情ですね!
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 口だけの辻褄合わせ!安倍! | トップ | 保育に絡む不正は、何処まで? »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL