hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

世界で危機を煽る軍需産業たち!

2017-05-16 11:14:23 | 日記
 緊張感も必要ではあろうが、私には武器産業が生み出した捏造としか思えません。 地球を幾つも滅亡出来るほどの核兵器を有する国々が、北朝鮮が補油するからと騒ぎ立てる。 何故、これほどに騒ぐかと言えば、騒ぐ側に必要であるからに過ぎないでしょう!

 すでに世界には、想像を絶する原水爆が存在する。 既に保有している国は、自分たちは保有しても心配ないが、新たに保有する国は危ないという論理でしょうか? とても理に適わないと思う思考回路ですが、世界の国々からの反論がありません。

 この2000年、随分と人間社会は便利になりました。 その反面、世界から安全や安心は増したかと言えば世界は益々、不安定になっています。 それは便利になった分だけ、不安と危険が増えています。 

 これは軍需産業だけに限ったことではありません。 世界の車産業や医療、教育と言った分野でも、過激な競争を煽り、必要以上の負担を強いているのが現状でしょう!

 時速500kを超える速度の鉄道や、空を飛ぶ自動車の製造とエスカレートして行きます。 人間社会にとって本当に必要で、幸せに結び付くものでしょうか? それも早い者が勝ちとばかりに競争しています。

 300kの鉄道が増えれば、一度の事故の被害も大きくなります。 死ぬのは自分じゃない? 被害が出ても自分は損をしない! 原発と同じで、事故や事件は起きた時に当事者が考えれば良い。 取り敢えず製造段階で金儲けになることが需要で、後の問題は他人事という訳です。

 いずれユーラシア大陸をリニアモーターカーが横断する時代が来るでしょう! 空を自動車が舞う時代が来るかも?

 しかし、コンピュウターが犯罪に利用されて問題になるように、発展の先には必ず副作用が出ます。 

 そんなに急ぐ必要があるんでしょうか? もう少し、ゆったりと、のんびりと歩んだ方が心にユトリが出るものを!

 かつて公害と騒がれた原因は、すべて消えた訳ではないのです。 見えない処に潜んだ公害と新たに産み出される公害。 全体としては増えるばかりでしょうね!
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ、ベストプレイヤー選手権... | トップ | 秋篠家眞子さんの婚約に想う... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL