hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

若狭当たりを担いで何を考えるか、小池?

2017-09-20 00:14:42 | 日記
あの政権交代の失敗から何も学べていない日本の政治!

政権を取っても、官僚や財界、行着く処は自衛隊まで掌握出来る力が必要なのだ。

権力を握り、国を統治出来る力とは、そういうものである。 その上に日本では、選挙に勝つ為に、金が必要です。

財界を掌握する必要とは、その資金を確保する為です。増して、最近のように素人を集めて選挙に臨み、官僚を率いなければならないのです。

小池に、若狭に、そんな力がありますか? 当時の民主党でさえ、官僚も財界も見向きもしなかったでしょう!

名古屋の河村市長にも、維新の橋下にも、そんな力はありません。 では、どうしたら日本は遠い未来を見つめて輝かしい社会を構築出来るのでしょう!

そこに必要なのが高い教育と理念です。 国を率いる人達の高尚な見識です。 ここまで腐ってしまうと大変、難しい事ですが、それしか道はありません。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 果たして、日本の総理に相応... | トップ | プレーオフ最終戦、5位以内... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事