hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

世界陸上では、何も得られず?

2017-08-09 05:33:44 | 日記
まだ、終わった訳ではないが、陸連の役員が苦虫を潰しちている姿が目に浮かびます。

メダルはおろか、決勝にも進めない試合が続いています。 何となくメダルゼロで終わりそうな雰囲気です。

3年先には、東京オリンピックです。水泳も思うほど好成績が出せず、体操や柔道、レスリングあたりに期待が集まりそうです。

お祭りやイベント好きな日本人ですが、やはり結果も重要でしよう❗ この儘では、オリンピックの負の遺産ばかりが残りそうで不安です。

こう言った催し事は、いつも催す側の都合ばかりが優先され、終わると強者どもの夢の跡が残るだけですね!
ハーフの
一方で松山君のように、完全なプロスポーツでは、はっきりと結果が出る努力をし、結果を出しているアスリートも居ます。

国の大きな予算を使い、掛け声だけが立派な官公庁や政治家達! 盛んにハーフの選手を集めたり、それこそモンゴルの力士に頼るばかりでは人気は長く持ちません。

オリンピック協会の連中も、手薄な種目やパラリンピックに逃げるのではなく、主要な種目に集中してレベルアップを図るべきではないでしようか?

多過ぎる種目に選手が散らばり、持てる力が十分に発揮されていません。何処に、どんな力を注ぐべきか? 少し考え直す時が来ています。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世にあるものは全て、腐敗し... | トップ | 表には出ないが、日本会議対... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL