hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

世界で開催される、会議、審議協議は、どうなっているか?

2017-05-19 14:40:26 | 日記
日本でも数多くの会議や協議が開かれています。表面的には、検討を重ねたり、意見を聞いたりして、意思統一を図り意見を纏めて合意を得る。これが民主主義の基本的な流れとして政治も経済も進歩、発展して来ました。

ところが、最近の流れは益々、短絡的になり互いにエゴを剥き出しにして、自分達の側の都合を押し付けて相手側を丸め込むというのが基本的な流れになっています。

説得するとか合意を得るなどとは程違い対応が大半になっています。結局、合意を得たり、賛同を得たりが面倒になり、無理押し、ゴリ押しも多数の内で悪い事ではない。

何処までが説得で、何処までがゴリ押しなのかは基準がない。 とは言え、最近の審議や協議の中では極めて強引が過ぎると思えます。

人間の力量が足りない人が増えて、賛同を得たり、合意を得たりする為の努力が出来ない器の小ささが気になります。

安倍や麻生などは、器の小さい代表格です。
表に裏に、浅はかな言動か目立ちますが、愚民化された庶民には、その浅さ、深さが見えないようですね!
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小泉から菅、野田、安倍と続... | トップ | 日本から戸籍が無くなる日! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL