hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

神社本庁は欺瞞、虚像の権化か?

2017-12-08 13:57:49 | 日記
今、イスラエルのエルサレムがトランプ大統領の発言で、大騒ぎになっていますが、日本でも偽りの神話に支えられた神社が、宮司を巡っての争いから骨肉の争いです。

大相撲の奉納にも大きな関わりを持つ富岡八幡神宮ですが、奇しくも日馬富士の傷害事件に揺れている相撲界と重なります。

イスラエルのエルサレムとは比較にならない神社本庁からも離脱した、単なる神社ですが、このような信心しか持ち合わせない日本人ですから、受ける衝撃は大きいでしょう!

日本の古くからの慣習から色々な事で神社に関わる国民が多いから私から見れば、迷信、妄想の部類でも貴重な存在と考える人は多いと思います。

中東の宗教争いも私から見れば思います愚かな挙動ですし、日本の神話から発祥した数々の催しも虚飾にまみれた哀れな民衆の拠り所に過ぎません。

日本相撲界も富岡八幡宮も何かに祟られているのでは、ないですか? 砂上の城を築いた人達の幻想、妄想に取り付かれた人達ではないかと感じます。

人間の幸せも様々と言われる現代ですが、もう少し真実、現実を極めて生きていたいと感じます。

何もない私が幸せを感じるのも妄想なのでしょうか?
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イスラエルの大混乱! | トップ | 日本にある得体の知れない、... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事