hisakunnのブログ

日米の民主主義崩壊

世界は壊れているのか?

2017-09-07 00:55:03 | 日記
人間は何を求めて来たのか?
究極の世界として民主主義を描き、多少の違いはあるが、自由や平等を掲げ、20世紀を駆け抜けて来た。

だが、今も尚、民主主義の影さえ踏めず迷走する国や民主主義を履き違え、強い者が勝つという社会の中で胡座を掻く亡者が溢れる国もある。

民主主義の主人公であるはずの民衆は、道を踏み外し何処に行くのかさえ認識出来ない有り様である。

人間という生き物が、其ほどには賢くないと自覚する必要があります。 その自覚が無いままに、万物の霊長類とかと錯覚し有頂天になって来ました。

そして神、仏さえ恐れず、奢れ、自惚れて人を欺いて来ました。 果たして、民主主義とは何だったのか? 神話や歴史と同じで、人を操る道具に過ぎなかったのか?

あらゆる物を、エゴを満たし私利私欲を貪る為に利用して来た人間です。 今では、民主主義も、そういう悪タレの道具と化した民主主義?

こうした政治や経済の社会だけでなく、あらゆる分野で崩壊が始まっています。

倫理や思想の領域さえ壊れて来ています。 言語の領域さえ危うい状態にあります。 確かに、言葉にも流行りがあり、一定ではないでしょう!

しかし何の為に言葉が生まれたか? 現代の乱雑な言葉の使い方には疑問を感じます。

この本末転倒の現在が、世界の混乱の象徴のように思います‼ 大切なもの、の優先順位が狂っているのです❗
コメント
この記事をはてなブックマークに追加