60歳からの眼差し

人生の最終章へ、見る物聞くもの、今何を感じるのか綴って見ようと思う。

ヤセないのは脳のせい

2017年05月19日 08時38分44秒 | 読書
 「意識は感覚や行動の後に来るらしい」ということが、アメリカの神経生理学者ベンジャミン・リベットによる研究により明らかになってきました。私たちは自らの行動について次のように捉えがちです。まず脳が何らかの指令を出して、それで身体が動いたり、感情が生まれたりするのだ、と。ところがリベットの研究で逆のことがわかりました。意識が何よりまず先に生じて、その後に感覚や行動が起きるのではなく、むしろ意識は後付けのものではないか、というものです。
 
 例えば熱した鉄板を触って「アチッ!」と手を引っ込める時、①手が鉄板に触れる。②「熱い」と感じる。③脳が「危ないから手を引っ込めよ」と指令をだす。④手が動く。これは脳が私達を完全に支配している、と考えるならばこのとおりでしょう。ところがリベットの実験ではその順序が違ったたのです。①手が鉄板に触れる。②手を引っ込める。③「熱いから手を引っ込めなくては」と脳が意識する。こういう流れなのだ、というものです。
 
 ・・・意識より先に行動があれば、なかなか自分をコントロールするのが難しくなる。だからダイエットはなかなか進まないし、リバウンドが起こる。そんなことから脳学者 茂木健一郎が脳に視点を置いてダイエットを解説した本である。一部ポイントだけを抜書きしてみた。・・・・・・
 
  自分が自分自身を保ち、貫く・・・、私が私を完全に支配しているのであれば、ダイエットが必要なほど太ることはないでしょう。常にバランスの良い食事をこころがけ、ベストな体重をキープしているはずです。しかし現実は違います。これだけダイエットを必要としている人が多いということは、自分で自分を支配できていない人が多くいることの証拠です。ダイエットをする時、「支配する私」は「間食をしない」「夜食のラーメンをたべない」「お酒を飲みすぎない」と命令する私です。その私が命令するのも私に対してであり、これは「支配される私」でもあります。
 
 このように「支配する私」と「支配される私」に分かれる。「食べちゃダメ」と命令する私がいて、それに従う私がいる一方で、食欲に負けてその命令に反する私もいる。ダイエットに限らず、そのようなせめぎ合いが常に脳内で行われているのですが、特にダイエット中はそれが分りやすい形で表れます。こうした「私」という不思議は、脳科学研究においても重要なテーマです。

 書店に並ぶダイエット本のタイトルを見ているだけで、現代の人がどれだけダイエットを欲しているか、あるいはどのようにヤセたいか、ということがはっきりと見えてきます。それは分るのですが、やはりダイエットの要諦は次ぎの言葉で言い切れると思います。「食べない」以上です。もう少し詳しく言えば、食事を減らす。ダイエットの奥義は、これに尽きるのです。
 
 いかにダイエットの真理が「食べない」ことだとしても「辛い」だけではつまらない。空腹を我慢するのは、食事を美味しくいただくため。ヤセるために食べる楽しみをあきらめる、ということは本末転倒のように思います。むしろ食べる楽しみを追求するために、あえて空腹状態にする、そのように発想を転換してみてはどうでしょうか、
 ダイエットブームの背景には現代の飽食があるように思います。「楽してヤセたい!」と思う人が多いということは、苦痛に向き合えないということか、「苦痛の先には快楽がある」ということを知らない人が増えている証拠かもしれません。
 
 ダイエットにおいては、身体を鏡に映してみたり、食事の内容を記録してみたり、毎日体重計に乗ってそれを記録しつづけたり、増えたならば増えたなりに、ヤセたならばヤセたなりにそれを記録する。さらには、グラフにするなどして視覚化し、必要に応じて解析するのです。そのようにして、自分の体重の状態をメタ認知(モニターする)ことです。すべてはメタ認知から始まります。・・・・・これはダイエットだけのことではなく、人生のすべてに当てはまります。
 ・・・・とにかく現状を受け入れること。その過程で、「このままじゃダメだ」「ちくしょう、絶対ヤセてやる!」とか、さまざまな感情が喚起されててくるはずです。またそれこそが生きるエネルギーにもなるのです。もちろん、ダイエットをするモチベーションにもなるはずです。
 
 ダイエットというのは行動主義だと思います。本当に結果を出したいのであれば、とにかく行動すべきです。「やる気メーター」をフルゲージにして、「さあやるぞ!」ということで向かうのではなく、むしろ淡々と、アップもダウンもなくフラットな気持ちで、続けた方がいいのです。「やる気」というのは、それがあるから行動できるのではなくて、むしろ行動しないことへの言い訳として使われがちです。一時の「熱意」や「やる気」ではなく「習慣」こそが必要なのです。
 もちろん夢でも目標でも何かを選択するその瞬間には、「熱意」や「やる気」は必要でしょう。それが無い夢も目標もつまらないものです。しかし、一度方向を決めたら、あとは淡々と続ける。それだけです。必要なのは「やる気」よりも習慣とそれを裏付ける行動だけなのです。
 
 「ヤセたい」と思う、その人の心理の裡には「変わりたい」と思う気持ちがどんな人にもきっとある。それが根源的な欲望としてあるはずです。「自分自身を変えることは、創造的なことである」ならば、「ヤセたい」という気持ちは「創造的でありたい」という気持ちとつながっていくはずです。「ダイエットをして5キロヤセたい」というだけでは、いかにも俗で浅い欲望かもしれませんが、突き詰めて考えれば、その先に「クリエイティブでありたい」という欲望を根底に見出すことができるのではないでしょうか。「5キロヤセたい」のではなく、「新しい自分になりたい」と考えてみるべきなのです。

  ※ これだけでは内容が分りづらいでしょう。興味のある人は、
    茂木健一郎「ヤセないのは脳のせい」 新潮新書760円
 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盆栽展 | トップ | 大往生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。